ピクシブ百科事典

目次[非表示]

基本データ

人間時代の名前ブライグ(Braig)
使用武器ガンアロー
属性空間
称号魔弾の射手
配下ノーバディスナイパー
CV大塚芳忠


概要

XIII機関の一員で、NO.2。

右目の眼帯・左ほおの傷跡が特徴の男性。
強面な外見と裏腹に人を小馬鹿にしたような飄々とした雰囲気をまとっている。語尾に「~ってハナシ」とつけるのが癖。

BbSでは人間時代のブライグとして登場。ディランエレウスと同じようにレイディアントガーデンの親衛隊員だったが、任務などをしている様子はない。
というかマスター・ゼアノートに協力しテラを闇に落とそうとしていた。なんてフリーダム。
ブライグはマスター・ゼアノートに見返りとして何かを要求していたらしい。何を要求していたのかは不明だった(後の『』にて、ゼアノートからキーブレードを継承して貰う事だった(本人曰く「使う資格はある」らしい)のが明らかになった)。
右目と左頬の傷は、テラと戦った時に彼が放った闇の力によって付けられたもの。
なお、レイディアントガーデンでテラと対峙した時点ではまだ金目ではなかったが、後にキーブレード墓場でアクアと対峙した時点で既に金目になっており、耳も尖っていた。

358/2Daysでは当初、レプリカ計画の全貌を知らされていなかったが、自力で調べ上げたらしく、途中から彼もレプリカ計画に関わるようになった。
シオンを「ぷーちゃん」といったり(フランス語で人形をpoupee(プペ)ということから)彼女の姿がヴェントゥスの姿に見えたりしていたことからもわかる。

でソラに倒された事で一度は人間に戻ったが、後に再びノーバディと化しており、3Dでは真XIII機関に加入。座席はかつてヴィクセンが座っていたNo.4の席に座っている。
この時、XIII機関が結成された真の目的と、自身が既に半分ゼアノート化している事をソラに明かしている。(BbS終盤で金目になっていたのもこれが理由である)

数少ないゼムナスの過去をよく知る人物であり実力もあったため、機関内での発言力は特に大きかった。
しかし、登場当初こそ得体の知れない大物感を醸し出していたものの、BbSにてブライグの姿で登場した時の数々の小物臭漂う言動から、これまでの大物感が嘘のようになくなっていき、3Dで追い詰めたと思っていたソラに凄まれた時は大いにうろたえていた。

KHⅢにも登場。キングダムハーツを出現させるための13の闇の一人として、7人の光の守護者であるキーブレード使い達と闘う。
また、『黒い箱』という物を探しているらしく、それについての情報を他の機関メンバーにも流している。


戦闘能力

ガンアローという二丁拳銃を用いての射撃戦を得意とする。
空間の属性を操りワープをしながら四方八方から弾を撒き散らすだけでなく、なんと武器を持った手だけを別の場所へ転移させて死角から狙い撃つ事もできる。
ガンアローは基本的に単体で扱うが、二つに合体させる事で強力な弾丸を撃てるようにもなる。

358/2Daysではミッションモード限定で操作可能。
遠距離戦には強いが近距離戦では本領発揮できないという極端な性能の持ち主で、近距離で攻撃しても敵が小さかったりすると通常攻撃で撃った弾が当たらない事もザラ。
また、通常攻撃には弾数制限があり、0になると攻撃を中断してリロードしなければならず、リロードをしないまま攻撃を続けてもコンボの途中であっても弾が出なくなってしまう。

過去の物語であるBbSでブライグとして登場した時も、武器は同じガンアローだった。
素早い身のこなしで銃弾を乱射してくるだけでなく、KHIIの時同様にガンアローを合体させての強力な射撃も扱える。
また、空間移動能力もこの頃から使っており、空中で逆さまになったまま射撃してきたりワープして死角から弾を撃ってくる攻撃も同様に扱っている。

関連イラスト

重力無視
【BbS】シグの日というわけで



関連タグ

キングダムハーツ
XIII機関 ブライグ







ネタバレ注意



「やっぱりキーブレードが使えないとダメか…」

キーブレード使いの資格はあり、マスター・ゼアノートに協力する見返りに彼からキーブレードを受け継ぐ約束をしていたという。
それを言い残し、自ら崖に落ち消える。












そんな彼の正体は……?

関連記事

親記事

XIII機関 じゅうさんきかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シグバール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 744156

コメント