ピクシブ百科事典

マスター・ゼアノート

ますたーぜあのーと

マスター・ゼアノートとは、キングダムハーツシリーズに登場するヴィラン(悪役)である。
目次[非表示]

概要

CV:大塚周夫

数少ないキーブレードマスターの一人。
姿は老体ではあるものの、キーブレードマスターの称号を持つだけあってその力は絶大なだけでなく、歴代マスターの中でも最強の実力を持つと言われている。

「世界は光と闇が均衡する事で成り立つべきだ」という思想の持ち主で、「闇は絶対悪」という考えを持つエラクゥスとは修業時代を供にした兄弟弟子の仲であるが、思想の違いから決別していた時期もある。

物語ではテラアクアのマスター承認試験をエラクゥスと共に見届ける。
そして、アクアとの試合の最中に無意識に敗北を恐れた為に闇の力を発動させようとしてしまった事が原因で試験に落ちたテラに心の闇を消すのではなく、力で制すると説く。

その後、要所要所でテラに助言を与えるが……





その正体(ネタバレ注意!)

過去シリーズに登場したゼアノート本来の姿。後のシリーズで見た目が若返っていたのは、BbSのストーリー終盤における戦いでテラの身体を乗っ取ったため。
これに伴い、彼から生まれた闇の探求者アンセムゼムナスの見た目も若い男性のそれとなっている(また、声優もから息子に変わっている)。

彼の目的は過去に起きたキーブレード戦争を今の時代に再現し、χブレードを創造してキングダムハーツの扉を開き、光と闇が均衡する世界を完成させること。
元々若い頃より飽くなき探求心の持ち主であった故に、この目的を達成する為には今ある世界が全て消滅してしまっても構わないとすら考えている危険過ぎる考えの持ち主。
元キーブレードマスターであるイェン・シッドからは「策をいくつも講じる男」と警戒される程の頭脳を持ち、これまでのシリーズで起きた世界を巻き込む事件は全てゼアノートの計画の内であった(ゼムナスの誕生については想定外だったものの、計画の進行には好都合な嬉しい誤算だった模様)。

各シリーズでの動向

KHI
COM
KHII
358/2Days
BbSより後の時間軸の為、彼の半身である闇の探求者アンセムゼムナスが登場。
詳細は各項目を参照。

Bbs
テラヴェントゥスアクアを自らの計画の実行の為旅立たせるよう仕向け、ヴェンの心から引き抜いた純粋な心の闇そのものであるヴァニタス、そしてレイディアントガーデンで知り合ったと思われるブライグを部下として従え暗躍する。

Re:coded
直接の登場はないが、シークレットムービーにてマスター・ゼアノートが近い内に復活を果たす事をイェン・シッドが予測。
この脅威に対抗する為、イェン・シッドはソラリクにマスター承認試験を実施して二人を一から鍛え直す事をミッキーに提案する。

3D
ストーリー終盤、マスター・ゼアノートの姿で復活を果たす。
テラの肉体を乗っ取ったはずの彼が元の老いた姿で復活した理由は現時点で明かされていない。
同時に、ストーリーの各場面で現れる青年の正体は若かりし日のゼアノートである事が判明。
ここで彼の計画を達成させる為に必要な手段の一つである7つの純粋な光と13の純粋な闇を衝突させてχブレードを再び創造するという事が明かされる。
13の闇の器に選ばれた者は現時点でゼアノート以外に闇の探求者アンセムゼムナスシグバールサイクス青年ゼアノートの計6人が判明している。

pixivに投稿された作品 pixivで「マスター・ゼアノート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7679

コメント