ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「世界は平凡か? 未来は退屈か? 現実は適当か?

 安心しろ。それでも、生きることは劇的だ!」

「24時間365日、私は誰からの相談でも受け付ける!!」


概要

この作品の主人公メインヒロイン

ジャンプ作品では珍しい女性主人公でもある。


箱庭学園第98代・99代生徒会長。誕生日は10月2日

『めだかブックス』によれば身長166.2cm、体重56kg。スリーサイズはB98/W59/H87という凄まじい爆乳

初回VOMIC版声優豊口めぐみ

2012年のアニメ版(とVOMIC)では豊崎愛生が演じている。

髪の色は原作漫画(カラー絵)では濃紺、アニメでは


苗字の由来は鹿児島県鹿児島市黒神町から。


人物像

幼少期~中学時代

中学めだかちゃん

(中学時代)


黒神グループの次女として生まれ、わずか1歳で大学教授並の知能を持つ超天才児として名を轟かす。

幼少期に善吉と知り合い、以降も同じ小学校、中学校に進学。

箱舟中時代に球磨川禊のシンパだった阿久根高貴に付け狙われ、頻繁に襲撃を受けるものの、一度の抵抗も行わず、それどころか(めだかの報復目的で)阿久根を襲撃した善吉(とその仲間達)を殴り倒して謝らせるほどの器の大きさを見せる。

これにより阿久根が離反したことで球磨川は女子生徒に対し傷害事件を起こし、それを見てめだかは「人生で初めて」本気で怒り、球磨川を半死半生の目に遭わせた。これにより球磨川は退学処分となったが、それ以降も転校した学校を次々に廃校に追いやっている。


初期

1年13組所属に特待生として入学。支持率98%で生徒会長に選ばれた。

およそあらゆる方面に天才的技能を発揮し、容姿端麗・家は世界経済を担う大金持ちと全てにおいて「完璧」な生徒会長。

「見知らぬ他人のために生まれてきた」という思想を信条に学園の誰からの相談でも24時間365日受け付けることを公言、「目安箱」を設置することで実行している。


「十三組の十三人」編以降

展開のバトル化に伴いキャラ立てが真面目な方向にシフトした。

同時に戦闘能力描写が派手になり、すっかりバトルヒロイン路線に。

「マイナス13組編」では人吉瞳により制服を胸元が開かず、裾も長いものに縫い直されていた。


漆黒の花嫁衣裳編以降

めだ姉&バーミー

3学期に生徒会が百代目に移り変わり生徒会長の座を降ろされたのに伴って衣装を大きく変更。

上着は一応セーラー服の改造のようだが、ジーパンを穿いていたり、胸元やへそを出したりしているため、もはや制服を着ていないようにも見える。

長髪もバッサリ切り落とし、子供らしく自由を謳歌しスポーツ部を荒らし…もとい遊び回っている。


最終章

色々あって元のロングヘアに戻っている。


性格

  • 上から目線性善説

「重度の博愛主義」と言えば多少分かりやすいが彼女の場合はそんな生易しい物ではなく、上記のように「見知らぬ他人のために生まれてきた」と豪語しこの世全ての人類を善悪問わずに受け入れる行き過ぎレベルの性善説信者である。悪事は悪事として咎めこそはするが「悪意」そのものは否定せず「悪人だからではない、仕方なくそうなった理由が必ずあるはずだ」と考えるタイプ。


例え成敗されつつある極悪人相手だろうと「弱いものいじめ」とあらば迷わず止めに入り、例え周囲から化け物と罵られようが周囲が自分の首を狙う敵ばかりだろうが決して意にも介さず、あまつさえ「他のメンバーは自分に少し好意的過ぎるので副会長は対抗勢力であるべき」「暴君こそすれ独裁者になるつもりはない」という理由で自分に敵対していた球磨川を自分から副会長に指名する始末。


故にこそ人間の悪意に対して異常なまでに鈍感なところがあり、例え理不尽な暴力を受けようが突然の襲撃を食らおうが「攻撃を受ける理由がない=避ける理由がない」として避けることはなく、高千穂仕種との戦いで『反射神経』を会得するまでは全面的に受け身すら取れなかった。


  • 脱ぎキャラ

「練り上げたこの肉体を、衆目にさらすことに、一体 何をためらう必要がある?」


他人の前で着替えることや肌を露出することに抵抗がない。よく言えば「脱ぎたガール」、悪く言えば「露出狂」である。

また、前述の台詞の通り自身の肉体に誇りを持っており、満を持して水着回でビキニ姿を披露した際もよくあるセクシーポーズではなく、肉体を誇示するためにマッスルポーズ(サイドチェスト)を披露した。

そして常日頃から胸元を大きく開けた生徒会専用制服を好んで着用しており、幼馴染の善吉にすら「露出狂の気がある」と称される始末である。


  • 動物避け

「あんな可愛らしいワンちゃんにも、なついてもらえないなんて、

「私は、どうしようもなく駄目な人間だ・・・」


圧倒的なスペックを持つ故に周囲の動物はその力の差を察知し、本能的にめだかを恐れて近づこうとしない。

めだか本人はむしろ大の動物好き(というか大体この世の全てが好き)であるが、この能力のため避けられまくる日々。


  • 人の心を理解出来ない

「…ふむ、意外だったな。この程度の男を私は心から信頼していたのか…」

「…最下位のペナルティだ。時計塔の後片付けはきさまがひとりでやれ。嫌なら別にやらなくてもいいぞ。”人吉庶務”」


黒神めだかという人物の最大の「欠点」

物語序盤からのめだかの行動や善吉を始めとする人間達への態度を省みれば信じられない事であるが、この欠点が明確に表面化する事になったのは物語の第115箱となる。


生徒会やごく普通の凡人集団であった悪平等でさえも個人差はあれ解いてしまった暗号を最後まで解けなかった善吉が、それでも諦めようとしないといつもの負けず嫌いを見せるのだが、その瞬間にめだかはいきなり彼を本気で殴りつけるだけでなく「物を見る様な目」で見降ろしながらどうでも良いかの様な態度を見せたのである。

これまで最も気を許していたはずの善吉に対し、そのあまりにも冷淡過ぎる態度を見せためだかの姿には生徒会や悪平等のメンバーも信じられないと言わんばかりの様子を見せていた。


この様な事態に陥ったのは、めだかの周囲に「善吉と同じ凡人」の集団である悪平等の面々を置く事で「常に勝者となる事が約束されている人外レベルの天才の自身についてきた奇異な”凡人”」であった善吉に対する興味を無くそうとした安心院なじみの策略であったのは事実である。しかし、これはめだかが「心変わり」したという訳ではなく、むしろ元から彼女が内包していた「欠点」を明確に表面化させる事になったと言える。


安心院はめだかと善吉の歪な関係性を「最初から亀裂だらけ」「人吉くんはめだかちゃんのために無私とも言える働きを見せるけど、めだかちゃんはそんな人吉くんのために何かをしたことも無い」と早期より正確に把握し、「むしろ人吉くんの敵のほうに肩入れする」とさえ評しており、これら全ては物語を冷静に読み返せば「事実」となっている。

そして悩んだ末に決断した善吉が敵対宣言した際には、めだかは動揺するどころか大喜びし、その直後に「弱者を理解する為の形態」であったはずの廃神モードで不意打ちを行って何の躊躇もなくぶちのめした挙句、「私の庇護下でがんばっているのがお似合いだ」とまで唾棄。その後には「善吉は敵に回した方が面白い」とまで評する始末である意味ボスキャラだった都城王土や球磨川以上の酷薄さを見せ、善吉の敵対宣言を暇潰しの様にしか認識出来ないめだかに対し、善吉の真意をある程度察していた喜界島もがなも「本当に人の心が分からないんだ」と評している。


だが、この一件を機にそれまで生徒会長として絶対的な支持率を持っていたはずのめだかの評価は生徒会長選挙にて一気に急落してしまう。

それもそのはず、めだかが箱庭学園の生徒達からの支持率を集められていたのはどれほど化け物染みた能力を見せても決して自分を見捨てなかった”凡人”の幼馴染みである善吉の存在があったからで、彼が黒神めだかが同じ人間と認識させられるフィルター的な役割を果たしていたおかげであった。その善吉でさえも自分の理想と価値観だけのために平然と切り捨てた冷血さを見せためだかは、箱庭学園の生徒達にとってもはや「救世主」どころか「独裁者」と変わらない存在となっていたのである。


そして選挙当日、善吉の「めだかを救世主という奴隷から解放する」という演説も重なった結果、彼が「愚行権(デビルスタイル)」という圧倒的不利となるスキルを備えていたにも拘らず善吉が62%、悪平等メンバーが36%の支持率であったのに対し、めだかはたったの2%という投票結果となり、実兄の真黒からは「動物除けが人間にすら発動するようになった」「幼馴染さえ切り捨てる人間を生徒会長に選ぶわけがない」と分析されている。

あまりの結果に大きなショックを受けためだかだったが、救いを求めた善吉からもあえて突き放され、生徒会長の地位を失ったこの経験を機に「自分探し」をする事になる。


能力

激昂した際に発動する戦闘能力強化モード。

……と言われるが、「リミッターを外して本領発揮しただけ」であるらしい。

このモードに入ると「性善説」が引っ込み、思い切り戦闘行動を取るようになる。そのパワーは学園の校舎を引きずって動かすほど。

また自然治癒スピードも気休め程度には上がるらしい。

怒りに任せた暴走にも等しい状態だったが、都城王土の異常性「人心支配」を下記の「完成」で取り込み、「自分自身を支配する」ことで制御に成功。「改神モード」へと昇華させた。


  • 異常性「完成(ジ エンド)」

認識した他者の能力・才能・技術を「本来の持ち主より昇華・完成させた形で」行使できる、という『異常性(アブノーマル)』。最高峰にして最強のコピー能力。


単純な『特別(スペシャル)』『異常者(アブノーマル)』相手なら問答無用で相手の上を行く事が可能だが、『過負荷(マイナス)』相手では使う意味がなく(自分が「相手より壊れる」ため)認識不能の『異常性』には発動しないなど絶対勝利の能力ではない。


………はずだったが、生徒会戦挙の後に凶化合宿を修了し、過負荷相手でも問題なく戦える戦闘モード、『廃神モード』を習得。

さらに過負荷寄りのスキル『5本の病爪(ファイブフォーカス)』を自ら体現するなど、過負荷・異常性の区別なく「完成」させられるようになった。


しかもこの『5本の病爪(ファイブフォーカス)』、このスキルを受けた五人「から話を聞いた」阿久根高貴「から話を聞いて」再現した。伝言ゲームレベルの情報から再現が可能ということ。


恐ろしいことに(ちゃんと勝ちたいという意思があれば)持っているだけで勝ち同然である「致死武器」「不慮の事故」「大嘘憑き」「スキルを作るスキル」などはおろか、安心院なじみが持つ約1京個のスキルのうち知る限りのスキルは「完成」させたという。チートキャラ揃いのめだかボックス においても、トップクラスのチートキャラである。


早い話が本作に登場するほぼ全部のキャラの能力を使える能力である。


家族構成

父:黒神舵樹 ← 黒神グループ会長・第117箱にて判明

母:鶴喰鳩(めだかを産んだ時に死亡)←第157箱にて判明

兄:黒神真黒

姉:黒神くじら


外部出演

Jスターズビクトリーバーサスにライバルの球磨川禊共々出演。アニメ版からの出演のため髪型はロング

作中では貴重な女性プレイアブルキャラであるのだが、原作でしょっちゅう痛めつけられている描写があるからか少々打たれ弱い。また必殺技の「黒神ファントム」が体力を削っての発動のため、体力の管理が重要である。それ以外ではスピードに長けていて手数も多く、相手のスタミナを奪うのを得意としている。

やられる前にやるを地でいくため、攻撃の手を緩めず攻めるとよい。

ちなみにスタミナ溜めモーションを最後まで完了させると乱神モードに変化し、パラメーターが強化される。


戦闘前の掛け合いではハンコック相手に持ち前の性善説を披露している。うちはサスケにも割りと的を射ている性善説を投げかけるのだが、「お前ウザいよ」(原作1巻でサクラに言った台詞)とバッサリ切り捨てられている。

その他にも前述の通り動物が本能的に恐れるため、ラオウ黒王号が怯えている事に落胆したりララとの掛け合いもあるのだが、両者共に肌を出すのに躊躇いがないため内容は大体想像している通りである。

Jアドベンチャーではベジータゼブラ相手にも性善説を披露している。


関連イラスト

めだか○ックスセンシティブな作品

センシティブな作品黒神めだかちゃん


関連タグ

めだかボックス  人吉善吉  阿久根高貴  喜界島もがな

第九十八代箱庭学園生徒会執行部  第九十九代箱庭学園生徒会執行部

めだかちゃん  ジャンプヒロイン

生徒会長  ツンデレ  おっぱい  巨乳  リョナ 全部乗せ

 善めだ

関連記事

親記事

箱庭学園生徒会執行部 はこにわがくえんせいとかいしっこうぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12269382

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました