ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

箱庭学園第97代生徒会長。めだかの先代の生徒会長に当たる。3年13組所属。ヒトの範疇を揺るがすレベルの巨漢。
表向きは気さくだが基本的にシャイで、何でも一人で背負い込もうとしがちな性格。似合いもしないのに悪ぶったりするあたりくじらに似ているらしい。

めだかが生徒会長を志すきっかけとなった人物である。
「知られざる英雄(ミスターアンノウン)」という異常性により、誰にも、生徒会役員にすらも気づかれることなく学園の平和を守り続けていた。感謝も賞賛も見返りも求める事なく1人で戦い続けた、「英雄と呼ばれなかった男」。

作中での近接戦闘能力は最強を誇り、近接戦に限れば高千穂やめだかでさえ足元にも及ばない。個人で軍隊を相手取れる強度を持つ。

生徒会戦挙を見据えた凶化合宿の最中に、過負荷の奇襲を受け負傷。戦意喪失の中で、不知火の過負荷「正喰者」を受け、新たな異常性「光化静翔(テーマソング)」を発現させ、副会長戦に出場する。蝶ヶ崎の過負荷の前に苦戦するも、「知られざる英雄」が失われた事で日之影のことを思い出した箱庭学園の生徒達の応援を受け、ルールを味方につけて彼に勝利した。

知られざる英雄(ミスターアンノウン)

自身の存在を他人に一切認識させず、本気を出せば人の記憶から存在した事実や接触した経緯をも消すことが出来るという異常性。本来は彼の「強さ」を指す戦闘力に由来した異常性である。認識できないというのは目立たなかったり陰が薄いといった理由からではなく、誰もが目を逸らし忘れたくなるほどの巨大で破壊的な強さの副産物。言わばめだかの「動物避け」を極限まで発展させた体質。

光化静翔(テーマソング)

「知られざる英雄」を代償に半袖の「正喰者」の改造を受けて新たに手に入れた能力。視認不可能、文字通り目にも留まらぬ光速での移動・攻撃を可能とする異常性。能力発動時は髪が黒くなり、身体に痣のようなものが浮かび上がる。めだかの「改神モード」の更に先の状態。「知られざる英雄」が精神的な理由で認識不可能にするものだったのに対し、こちらは物理的な理由で認識不可能にするスキルである。


関連タグ

めだかボックス 黒神めだか 不知火半袖 人吉善吉 阿久根高貴 喜界島もがな 蝶ヶ崎蛾々丸

関連記事

親記事

めだかボックス めだかぼっくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日之影空洞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58728

コメント