ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

何もかもが良い、あらゆる物事が揃っておりそれらが良い事、完全である事。
本来の意味は「のない)」であり、「」ではない。

語源

春秋戦国時代、当時の国の王・恵文王の元に国の王・昭襄王から趙国が所有している「和氏の璧」という名宝を秦国の15の城との交換を申し出て来た。一見すると名宝とはいえ、それ一つで15の城を得ることが出来るため良い取引きに思えるが、秦は約束事をよく反故するため信用出来ず、かといって断れば好条件を無碍にしたと戦争の口実にされるかもしれない。恵文王や家臣達はどうすればいいか議論してもまとまらず、困り果てていた時に宦官の繆賢が自身の食客の藺相如の名前を出した。繆賢は罪を犯し恵文王の怒りを買って処罰されそうになった際、藺相如の助言に従って助かったことで藺相如を知勇兼備の者と評していた。恵文王はさっそく藺相如を呼び、この国難にあたっていかにすべきかを問うと、藺相如は「秦は強く趙は弱いため、受けざるを得ないでしょう」と答えつつ、「城を受け取れなければ『璧を完うして帰ります』(璧を必ず持ち帰るの意、「完璧」の語源)」と藺相如自らが璧を送る使者として秦国へ向かった。
藺相如は咸陽へ入り昭襄王と対面して璧を渡すが、昭襄王が璧を廷臣達に見せびらかすだけで交換条件である城のことを一切話さない態度を見て、藺相如は「実は小さな傷があるのでお教えします」といって近づくと璧を奪い、柱の側へ駆け寄ると、昭襄王の余りにも非礼で粗雑な扱いをしたことに凄まじい怒りの形相で激高し、「璧も自分の頭も柱で叩き割る」と言い放った。昭襄王は慌てて15の城の話をしたが、上辺だけで城を渡す気が無いと見た藺相如は、昭襄王に宝物を受ける際の儀式として5日間、身を清めるよう要求した後、その間に従者に璧を持たせ密かに趙へ帰らせて、自らは残って時間を稼いだ。
その後、身を清めた昭襄王に璧について尋ねられると、すでに趙へ持ち帰らせたことと自身は今までの無礼を償うために死罪を受け入れると言い放つ。その藺相如の剛胆さに感嘆した昭襄王は「殺したところで何も得られず、趙の恨みを買うだけである」とこれを許し、交換は無かったことにしたため、藺相如は無事帰国した。趙では、恵文王が藺相如が生きて帰って来ると思っていなかったため国葬で迎えようと準備していたが、生きて帰ってきたことを喜び、正式に自らの家臣とした。 藺相如は胆力と知恵だけを武器に、強国秦に一歩も退かずに璧を守り通し、趙の面子も保ったのである。

関連タグ

万能 パーフェクト 完全無欠
藺相如

関連記事

親記事

故事成語 こじせいご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「完璧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79337

コメント