ピクシブ百科事典

プリンプリン物語

ぷりんぷりんものがたり

NHKで放送された人形劇。
目次[非表示]

1979年から1982年まで放送。全656回。
ミュージカル形式のロマンティックな冒険ストーリーである。
NHK連続人形劇の中では唯一、女の子が単独で主人公の作品。

その人気の高さから何度か再放送が行われてきたものの、当時ビデオテープが高価だったため、序盤から中盤の話のマスターテープはほとんど残っておらず、再放送する度にこの問題に泣かされてきた。このため『番組発掘プロジェクト』で録画されたビデオの寄付を募っており、2017年7月5日から『番組発掘プロジェクト』で発掘された映像(及び過去の再放送で使用した寄贈テープと放送用VTR)を用い、毎週水曜日23:00 - 23:30枠にて、1回2話連続放送の形で再放送中。
しかし、本編で映像がNHKに無い回が3話、完全な形で残っていないのが5話ある。また、総集編は1980年9月(5/5)、1981年正月(4/5、残り1回は月曜分)が残っていない。

ストーリー

主人公の少女・プリンプリンは、赤ちゃんの頃に何らかの事情で箱舟で海に流され
流れ着いた国の漁師に拾われて育てられた。箱舟の中にティアラが入っていたことから
「彼女はどこかの国のプリンセスだったに違いない」と推測されている。
15歳になったプリンプリンとその仲間たちは、彼女の故郷を探す旅に出るのであった。

登場キャラ

・プリンプリン
主人公。
本当の祖国を見つけ出す為、ボンボン達と旅をする。
・ボンボン
プリンプリンの事が何より好きで、ギターを弾くのが趣味。
・カセイジン
哲学少年。
火星人ではない、断じて。
「予感です、予感がします。」
・オサゲ
男の娘。
・モンキー
プリンプリンのペットの猿。
・ランカー
死の商人。
プリンプリンをお嫁さんにしたがっている。
「年を考えろ、年を」と、突っ込みたくなるキャラである。
・チンタム
ランカーの部下で、中華風の男。
・ヘドロ
ランカーに惚れている姉御肌の女性。
・ヘンナキブン
ランカーの部下で、ケチな男を自称している。
・軍曹
元・ルチ将軍の部下。
準レギュラーとなる。
・トントン
タンガラトントンの王子で、実はロボット。
ルチ将軍
色々ぶっ飛んでいる将軍様。
恐らく本作で一番、知名度が高いゲストキャラ。
知能指数1300は、伊達じゃない。

関連イラスト

どこまで行っても明日がある
ルチ将軍



関連タグ

人形劇 プリン 母をたずねて三千里 愛の妖精ぷりんてぃん

pixivに投稿された作品 pixivで「プリンプリン物語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31778

コメント