ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1979年から1982年まで放送。全656回。
ミュージカル形式のロマンティックな冒険ストーリーである。
NHK連続人形劇の中では唯一、女の子が単独で主人公の作品。

その人気の高さから何度か再放送が行われてきたものの、当時ビデオテープが高価だったため、序盤から中盤の話のマスターテープはほとんど残っておらず、再放送する度にこの問題に泣かされてきた。このため『番組発掘プロジェクト』で録画されたビデオの寄付を募っており、2017年7月5日から『番組発掘プロジェクト』で発掘された映像(及び過去の再放送で使用した寄贈テープと放送用VTR)を用い、毎週水曜日23:00 - 23:30枠にて、1回2話連続放送の形で再放送中。
しかし、本編で映像がNHKに無い回が3話、完全な形で残っていないのが5話ある。また、総集編は1980年9月(5/5)、1981年正月(4/5、残り1回は月曜分)が残っていない。

ストーリー

主人公の少女・プリンプリンは、赤ちゃんの頃に何らかの事情で箱舟で海に流され
流れ着いた国の漁師に拾われて育てられた。箱舟の中にティアラが入っていたことから
「彼女はどこかの国のプリンセスだったに違いない」と推測されている。
15歳になったプリンプリンとその仲間たちは、彼女の故郷を探す旅に出るのであった。

主題歌

  • OP

プリンプリン物語

  • ED
ハッピーアドベンチャー
※共にプリンプリンの声を担当した石川ひとみが歌っている。

登場キャラ

主人公。
本当の祖国を見つけ出す為、ボンボン達と旅をする。
性根は優しいが正義感が強く、卑劣な相手には退かない少女。

プリンプリンの事が何より好きで、ギターを弾くのが趣味。
腕力自慢でけんかっ早い。
哲学少年。知識量と予知能力で一行を支える。火星人ではない、断じて。
予感です、予感がします。
男の娘。運動神経が良く俊足、よくボンボンと張り合う。
漂着当時からプリンプリンと一緒の猿。
超能力があり、様々な乗り物をなぜか操作できる。
死の商人。
プリンプリンをお嫁さんにしたがっている。
年を考えろ、年を」と、突っ込みたくなるキャラである。
ランカーの秘書で彼に惚れている姉御肌の女性。
  • ヘンナキブン (CV神谷明)
ランカーの部下でコードネームはゼロゼロセブン。ケチな男を自称する意外と癒し系。
ランカーの部下で、留守番役の中華風の男。
アルトコ市中央テレビ局のアナウンサーで本編の狂言回し。
ザーンカザンザンザ~ン!」「ブルルルルルルル」などが口癖。
元・ルチ将軍の部下でプリンプリン達と旅をする。
ランカーの部下2人組だがプリンプリンを尊敬している。
動物学者で夢は黄金バットを捕まえて名声を得ること。
探偵でワット博士の夫。
タンガラトントンの王子で、実はロボット。
色々ぶっ飛んでいる将軍様。世界で一番優れた民族、アクタ共和国の支配者。
恐らく本作で一番、知名度が高いゲストキャラ。
決め台詞の「私の名前はルチ将軍、知能指数は1300!」は、伊達じゃない。

ひょっこりひょうたん島に登場するキャラクター。本編ではゲストとして登場。
ガバチョ以外ののキャラクターは島から出て行ったという設定になっている。

関連イラスト

どこまで行っても明日がある
ルチ将軍



関連タグ

人形劇 プリン 母をたずねて三千里 愛の妖精ぷりんてぃん

関連記事

親記事

NHK連続テレビ人形劇 れんぞくてれびにんぎょうげき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プリンプリン物語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61049

コメント