ピクシブ百科事典

バカボンのパパ

ばかぼんのぱぱ

バカボンのパパとは、赤塚不二夫の漫画『天才バカボン』の主人公である。
目次[非表示]

元主人公・バカボンの父親であり、その主人公を軽く凌駕する存在感と行動力で劇中で大暴れする、実質的な『天才バカボン』の中心人物。
基本的にチャランポランでどうしようもないバカだが、ときに物事の真を突いた言動で周囲をまとめるカリスマ性を発揮する。
これでいいのだ!

概要なのだ!

 本作の主役であり、当初は主人公であった息子・バカボンを押しのけ、実質的な主人公へ出世したキャラクターであり、赤塚不二夫作品の代表キャラの一人。

 当人曰く「昭和元年12月元日クリスマスの夜」(一般解釈では1926年12月25日)、年齢は連載当時で41歳。
 熊本県菊池市の七城中学校(なんと実在の学校)から、東京都のバカ田高校を経て、バカ田大学を首席で卒業。学級委員も務めた。大学時代のあだ名はキャロル、またはノールス(脳がいつも留守だから)。妻であるバカボンのママと出会ったのも大学時代である。

 職業は無職で、これは赤塚不二夫の「バカはバガボンドであるべき」というこだわり故なのだが、アニメ化された際に「大の大人が働かずにブラブラしているのはよくない」として赤塚と論争となり、結果、いろんな職業を転々としていることとなった。
 なお、その職業のすべてを、当人の破天荒な言動を原因としてクビにされている。

 口癖はこれでいいのだ!」「タリラリラ〜ン」「コニャニャチハ」「はんたいのさんせい」「さんせいのはんたい」など。

 その人物性はとにかく破天荒で支離滅裂。
 デタラメな言動で周囲を困惑させ、ときに多大な迷惑を被ることも。
 しかし、ときに物事の真理を突いた言葉を発し、相手を改心させることもしばしば。

ワシの子供のころなのだ!

 赤ん坊のころは人類史上、最大の天才といって差し支えない頭脳の持ち主であった。
 なにせ、生まれてすぐに「天上天下唯我独尊」と言葉を発し、それどころか経済新聞を読んで内容を理解し、おまけに自分で立って歩いていたのだから凄まじいものである。
 そして自転車を組み立てたり、家庭教師をやってみたり、様々な発明品を講じてみたりと、赤ん坊どころか人間離れしたその頭脳を遺憾なく発揮しのだが……

  1. 道を歩いているときにくしゃみで頭のネジが外れて「もう天才は止めるのだ」。(原作)
  2. 交通事故で馬の脳みそとパパの脳みそが入れ替わった。(アニメ第一作)
  3. 自身が直した車で怪我をした馬に逆恨みされて頭を齧られて頭のネジが外れて壊れた。更に頭のネジはその馬に食べられている。(アニメ第二作)
……と、以上のようない経緯でバカになってしまったらしい。しかし、バカと天才は紙一重である事を体現しているともいえる。
なお、この天才の遺伝子は自分の二男であるハジメちゃんに色濃く受け継がれることとなるがそれ以上の天才児となっている。

ワシの家族なのだ!


 なお、フルネームは不明
 公式設定にも存在せず、バカボンのパパにとって「バカボンのパパ」が本名らしい。
 「田中田フチオ」と名乗ったこともあったが、こちらは本官さんをからかうためのネタであった可能性が非常に高いらしく、劇中でも常々「バカボンのパパなのだ」と名乗っていた。

演じた声優(俳優)さんなのだ!


モデルなのだ!

実は赤塚不二夫の父がモデルである。元々は厳格であったが、シベリア抑留生活で性格が変わってしまった事もモデルになっているとされている。
その後は赤塚氏がバカボンのパパみたくなってしまったが。

関連タグなのだ

赤塚不二夫 天才バカボン
主人公 父親
バカ
これでいいのだ

pixivに投稿された作品 pixivで「バカボンのパパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 128875

コメント