ピクシブ百科事典

平成天才バカボン

へいせいてんさいばかぼん

『平成天才バカボン』とは、天才バカボンの3作目のテレビアニメ作品。
目次[非表示]

概要

フジテレビ系列局(ただし山陰中央テレビ沖縄テレビ除く)に加えて日本テレビ系列局・TBS系列局・テレビ朝日系列局いずれも各約1局ずつにおいて1990年1月から12月まで(ネット局によっては多少前後する)放送された。全46話。
監督はタイムボカンシリーズでお馴染みの笹川ひろし。この他にもタツノコアニメを手掛けたスタッフや、浦沢義雄など東映不思議コメディーシリーズに関わったスタッフがいくつか制作に携わっている。
アニメーション制作は前番組である平成版おそ松くんを手掛けたスタジオぴえろが担当。スタッフもおそ松くんと共通なのか、劇中音楽や効果音もほぼ同じものが使われている他、提供後に挿入されるエンドカードの口上も存在する。

今作のバカボンのパパ声優は、死去した雨森雅司に代わって「鉄腕アトム」のヒゲオヤジ役でお馴染みの富田耕生が担当。アニメシリーズを除く以降のメディア作品では富田氏が引き続きパパの声を当てていて、2019年には平成天才バカボンのバカボン一家の声優による「ばかうけ」のCMが流れた。雨森バカボンがすぐ怒り出し天然で悪いことをする駄々っ子のようなキャラなのに対し、富田バカボンはズル賢くわざと悪いことをやるいたずらっ子のようなキャラとして描かれている。

歪んだ背景、突然の劇画、突然の緒方賢一など前作『元祖天才バカボン』を強く意識した内容だが、雰囲気は前作の下町情緒からバブリーに様変わり。バブル期フジらしくエロに寛容で陽気、下ネタや裸が前作以上に多いのが特徴である。

前作まででアニメ化したものを再アニメ化したものが非常に多いが、一部はかなり違うオチになっている。

レレレのおじさんは単独の声優を与えられず「お出かけですか~?」だけを言って去ることが多く、出番が少なくなっている。

前作ではアニメーターごとに作画が全く違うことが普通であったが、本作では安定している(ただしその分動きは減っている)。キャラデザは非常に特徴的で、鼻の下が長く短足、頭はカバに近い。

登場キャラクター


主題歌

オープニングテーマ
「タリラリラーンロックンロール」
作詞・作曲・歌:嘉門達夫 編曲:工藤隆

エンディングテーマ
「その日は朝から夜だった」
作詞・作曲・歌:嘉門達夫 編曲:工藤隆

関連動画

関連記事

親記事

天才バカボン てんさいばかぼん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「平成天才バカボン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3929

コメント