ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

赤松健原作のアニメ作品。
2002年7月から12月にテレビ東京系や独立局等にて放送された。その後、『マガジンSPECIAL』(講談社)にて2003年から2004年にかけてRAN漫画を連載した。
主人公のまおちゃんこと鬼瓦まお(8歳)たちが、小中高一貫教育の女子校の「聖14学園」で学校生活を送りながら「かわいいエイリアン」とゆるく闘うストーリーである。

タイトルが「防衛隊」なのは陸上自衛隊からのクレームを回避するため。但し、組織構造や階級は現実の陸上自衛隊とほぼ同じである。

そのゆるさはまだ「カオスアニメ」「日常系」という概念がなかった当時の人類には早すぎたようで、富野由悠季は「エンターテイメントと考えても狂気が感じられます」と評し、赤松自身も「私は思想家ではありません。ネタです」と連載当時の日記で語っている。

登場キャラクター


主題歌

オープニングテーマ
「ALL MY LOVE」
作詞・作曲 - 伊藤千夏 / 編曲 - 小西貴雄 / 歌 - 堀江由衣
オリジナル版
「Brand new day」
作詞・作曲・編曲 - 橋本由香利 / 歌 - Aice5(堀江由衣、神田朱未、たかはし智秋、浅野真澄、木村まどか)
2007年再放送版

エンディングテーマ
「It's my style」
作詞・作曲・編曲 - 松浦有希 / 歌 - 堀江由衣
オリジナル版
「Eternity」
作詞・作曲・編曲 - 橋本由香利 / 歌 - Aice5(堀江由衣、神田朱未、たかはし智秋、浅野真澄、木村まどか)
2007年再放送版

各話リスト

話数サブタイトル
第1話日本は自分が守ります!
第2話初出動のまおちゃん!
第3話空の防衛隊みそらちゃん
第4話空と陸は一つです
第5話海の防衛隊シルヴィア
第6話とりあえずメシ食うか
第7話アメンボだって防衛です
第8話プロジェクト防衛結界
第9話結成、綜合防衛隊
第10話日本収集作戦
第11話それはさておき運動会
第12話寝ても覚めても防衛です
第13話お母様が来たであります
第14話防衛隊本部危機一髪
第15話菊一文字参号登場です
第16話みーくんが家出です
第17話芸の道はきびしいでー
第18話雪祭りでわっしょい
第19話リンゴ・ミカン・メロン
第20話東大に受かる温泉にいこう
第21話防衛少女アメリカン
第22話幸せを防衛しよう
第23話ごめんね、みーくん
第24話紫のユリのひと
第25話おもひでぼうえい
第26話今日もゆるゆる防衛です


余談

  • UX新潟テレビ21ではなんと日曜の朝に放送された。(後続の朝霧の巫女も同様。)
  • 当時の視聴者からは受け入れられたとは言い難い本作だが、要素だけ切り取れば、後にヒットする作品につながっているのである。

・特にヤマのないゆるいアニメ→日常系アニメ全般
・ 美少女が実在する兵器を使う→ストライクウィッチーズ(空)、ガールズ&パンツァー(陸)、艦隊これくしょん(海)
・ 支持率(数字)を気にするヒーロー→TIGER&BUNNY
・実在する地名(江の島)で展開→ガールズ&パンツァー輪廻のラグランジェなど

  • まおの小学校の同級生たちの中に、キツネラブひな)や、紀久子(A・Iが止まらない!)のそっくりさんがいる。
  • 当初、敵方には、作戦を立てる赤松先生似のキャラが出る予定だったらしい。
  • オープニング「ALL MY LOVE」は、まお達が大人になったときのことを想像して制作されたもので、実際の作風とは異なり、「日本を守りたい」「みんなを守りたい」という作品の真のメッセージを込めた切ない曲調になっている。その代わり、エンディング「It's my style」は、本作品の特徴であるコミカル面がふんだんに取り込まれた楽曲。
  • シリーズ構成の黒田洋介によると、まお達の目的は戦うことでなく守ること。つまり、エイリアンに対して「やっつける」のではなく「来ないで」という感覚なので、脚本には極力「戦う」という言葉は使わない。
  • 当初は、「魔法先生ネギま!」の連載開始と同時に放送される予定だったが、諸事情で放送が早まった。放送終了後に漫画版の連載が始まったのはそのため。

関連動画




関連タグ

赤松健 ロリ カオスアニメ
朝霧の巫女・・・アニメ版はこの作品とのカップリング放送であった。

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

赤松健 あかまつけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「陸上防衛隊まおちゃん」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「陸上防衛隊まおちゃん」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74292

コメント