ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

初出は『ラブひな』で、魔物や怨霊を退治する退魔師の一族に受け継がれる剣の流派。 その発祥は平安時代。怨霊渦巻く京の都で退魔の剣として興ったのが「神鳴流」であり、 そのまま歴史の裏舞台にて人に仇なす悪鬼羅刹魑魅魍魎と戦い続けたのが「京都神鳴流」、 東に渡り異界門を通って裏火星魔法世界に根を下ろし、一国に匹敵するほどの権勢を得て歴史の表舞台で堂々と剣を振るってきたのが「桃源神鳴流」、別名「裏神鳴流」である。

京都神鳴流は京都に本拠地を置き、古くより、日本にはびこる「魔」を剣で封じ込めてきた。その存在は一般社会には隠匿されており、専ら裏の世界を活躍の場としている。『魔法先生ネギま!』では、神鳴流の使い手は関西呪術協会の呪術師の前衛を務めることが多いとされている。

基本的に鬼をはじめとした図体のデカイ魔物と戦うことから、長大な野太刀を駆使した一刀流の技が多い。対人戦に特化した小太刀を併用した二刀の使い手も登場する。また「神鳴流は武器を選ばず」とされ、デッキブラシなどの棒状である程度のサイズなら氣を使い強化できる他、剣術以外の体術でも攻撃力は落ちない。

宗家は青山家で、神鳴流の技のうち、技名に「弐の太刀」と付く技は宗家ゆかりの者にしか伝承されないという決まりがある。

使い手​

『ラブひな』


『魔法先生ネギま!』


UQ HOLDER!


関連タグ

赤松健  剣術

関連記事

親記事

赤松健 あかまつけん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「京都神鳴流」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 764

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました