ピクシブ百科事典

ラブひな

らぶひな

「ラブひな」とは、赤松健の少年漫画、およびそれを原作とするアニメである。
目次[非表示]

概要

週刊少年マガジン講談社)において、1998年47号から2001年48号にかけて連載された。単行本は全14巻(+ファンブック「ラブひな0」「ラブひな∞」)。全123話。
ハーレムラブコメの原点といわれ、良くも悪くも昨今のラブコメの基盤となった作品といえるツンデレ(なる)・クーデレ(素子)・姉系(キツネ、むつみ)・姐御(はるか)・後輩(しのぶ)・ヤンデレ妹(可奈子)・ロリ(サラ)・褐色(カオラ)と基本をきちんと押さえたキャラ配置が特徴。

本作のストーリー展開は「ラブひなメソッド」と呼ばれ。17ページ目で何かテーマらしき事を言い、18ページ目で脱いでオチがつくという一話完結形式である。

なお、単行本に関しては、赤松健が立ち上げた電子書籍配信サイトのJコミ(現在のマンガ図書館Z)のテストパターンに起用したいという赤松の意向により一旦絶版となったが、それでも紙媒体で読みたいという人が少なからずいたことから、2017年12月から翌年3月にかけて連載20周年記念も兼ねて全7巻に編集し直した新装版(表紙は作者描きおろし)が刊行されている。

2001年5月と2002年2月にはノベライズが講談社から刊行されたが、実は執筆者が異なっている(2001年5月刊行分は會川昇が葉月九ロウ名義で、2002年2月刊行分は川崎ヒロユキが、それぞれ執筆。なお、両名とも後述のアニメの脚本も手掛けた)。

週刊少年マガジン2010年40号にて、「魔法先生ネギま!」の連載300回を記念した特別企画として、6ページの新作フルカラー読み切りが掲載された。さらにマガジンの2014年39号では、「アホガール」のヒロユキによる読み切りが掲載された。

ヒット作の例にもれず、連載中は薄い本の定番の題材とされ、一時期は各同人ショップの陳列の定番であった。原作コミックの表紙の模倣が非常に多かった傾向がある。当時の印象からすれば前原しのぶ>青山素子>成瀬川なるの順に頒布数が分布しており、当時から活動していたサークルは大抵最低1冊は出していた。

ストーリー

主人公である浦島景太郎は幼い頃に女の子と交わした約束を果たすために東京大学への入学を目指す。だが、2浪の彼は家に居ることも出来ず、祖母が経営する温泉旅館『ひなた荘』へ駆け込むのだが、そこは女子寮となっていたのであった。

登場人物

浦島景太郎(CV:うえだゆうじ
成瀬川なる(CV:堀江由衣
前原しのぶ(CV:倉田雅世
青山素子(CV:浅川悠
カオラ・スゥ(CV:高木礼子
紺野みつね(CV:野田順子
浦島はるか(CV:林原めぐみ
乙姫むつみ(CV:雪野五月(現:ゆきのさつき))
サラ・マクドゥガル(CV:小林由美子
浦島可奈子(CV:桑谷夏子
真枝絵馬(CV:鈴木真仁(PS2版))
瀬田記康(CV:松本保典
灰谷真之(CV:吉野裕行
白井功明(CV:宮下道央
ニャモ・ナーモ(CV:水樹奈々
青山鶴子(CV:保木本由起長沢美樹
浦島ひなた(CV:野沢雅子
乙姫なつみ
ジュリア・マクドゥガル
温泉たまご(CV:前田ゆきえ
クロ(CV:松岡由貴

アニメオリジナキャラ

成瀬川メイ(CV:白鳥由里
坂田健太朗(CV:置鮎龍太郎
アマラ・スゥ(CV:久川綾
ランバ・ルゥ(CV:うえだゆうじ
前原康治(CV:江原正士
太地亜紀子(CV:林原めぐみ
松本幸代(CV:前田ゆきえ
市川えみ(CV:保木本由起
尾上菊子(CV:秋田まどか
(CV:こおろぎさとみ
浦島景介(CV:うえだゆうじ
浦島陽子
赤松先生(CV:赤松健

ゲームオリジナルキャラ

藤沢みづほ(CV:今井由香

呼称表

が/に景太郎なるしのぶカオラ素子みつねむつみはるか可奈子サラ
景太郎成瀬川しのぶちゃんスゥちゃん素子ちゃんキツネさんむつみさんはるかさん可奈子サラちゃん
なる景太郎しのぶちゃんスゥちゃん素子ちゃんキツネむつみさんはるかさんカナちゃんサラちゃん
しのぶ浦島先輩成瀬川先輩カオラ素子さんキツネさんむつみさんはるかさん可奈子さんサラちゃん
カオラけーたろなるしのぶウチモトコきつねーむつみはるかカナコチビ
素子浦島なる先輩しのぶスゥキツネさんむつみさんはるかさんカナコサラ
みつねけーたろなるしのぶスゥ素子ウチむつみはるかさん可奈子サラ
むつみ浦島くんなるさんしのぶちゃんスゥちゃんモトコさんキツネさん店長カナさんサラちゃん
はるか景太郎なるしのぶスゥ素子キツネむつみ可奈子サラ
可奈子お兄ちゃんなるさんしのぶちゃんカオラさんモトコさん紺野さん乙姫さんはるかおばさんサラさん
サラけーたろなるしのぶカオラ素子ねーちゃんキツネむつみはるかカナコあたし


テレビアニメ

2000年4月19日から9月27日までテレビ東京系列局と岐阜放送独立局)で放送。また、遅れネットではあるが、独立局の奈良テレビテレビ和歌山びわ湖放送に加えてTBS系列局・テレビ朝日系列局各約1局ずつでも放送されている。全24話+未放送1話。放送前半こそほぼ原作に忠実な内容だったが、後半では原作に追いついてしまったためにオリジナルストーリーとなり、ラブコメの古典的な三角関係を導入するなどした。うのまことのキャラクターデザインも賛否両論らしい。DVDは全9巻(8巻までがTV本篇。9巻は未放映の第25話を収録)。

テレビ本放送終了後、第24話の続きとして、2000年12月25日正午より「クリスマス・スペシャル ~サイレント・イヴ~」、さらに2001年4月2日には「春スペシャル ~キミ サクラチルナカレ!!~」が放送された。(系列外局では未放送。DVDはそれぞれ単独でリリース。)
さらに2002年には景太郎が東大に合格してからのエピソードを描く「ラブひなAgain」と言うOVAも制作されている。全3巻。こちらでは前田明寿がキャラクターデザインを担当。TV版と違い、赤松先生の絵柄に忠実。

当時のライコスジャパン株式会社が運営していたポータルサイトLYCOSがスポンサーに入っており、放送当時のCMにはなる役の堀江由衣が出演し、ライコス側で特設サイトを設置していた。

原作者の赤松も本人役で第14話、クリスマススペシャル、春スペシャルに出演。時々しのぶに変な情報を流したりするという役柄だった。

子供向けの時間帯でもなく、かといって深夜アニメでもない、夜10時台というイレギュラーな時間で放送(なお、テレビ和歌山と非テレビ東京系列・非独立局約2局では深夜アニメとして放送してはいる)のアニメとして注目を集めたが、視聴率的には深夜アニメ並みの2%台しか取れなかったため、わずか半年で終了。これ以来、夜10時台放送のアニメは独立局放送のものを除いて制作されていない。もっとも、これのアニメ版が放送開始された頃、「(たけちゃんの)ここがヘンだよ日本人」(TBS系列局)と「明石家マンション物語」(一部系列局除くフジテレビ系列局)が激しい視聴率争いを繰り広げていた上、「ニュースステーション」(一部系列局除くテレビ朝日系列局)にNHKが「ニュース10」で真っ向勝負を挑んだ事が話題になっており、それに埋没してしまった感は否定出来ない。しかも視聴率が安定しないNNS加盟29局のドラマ枠が、堂本光一藤井フミヤダブル主演の「天使が消えた街」で、しかもそれが結構いい成績残しただけに・・・・・・・。正直立ち上がり時点の「巡り合わせの悪さ」の結果ひっくり返った、と言うべきか・・・・・・。その一方で関連商品(主題歌CDや作品そのもののDVD)の売れ行きは良く、DVD3巻は当時全盛期だった浜崎あゆみのツアーDVD(こちらは登場2週目)を抑えオリコン初登場1位にランクインしたほど。

2005年7月6日にDVD BOXが、2013年3月13日にBlu-ray BOXが発売された。

スタッフ

監督:岩崎良明
シリーズ構成:葉月九ロウ
脚本:葉月九ロウ、稲荷昭彦、石川学、西園悟川崎ヒロユキ堺三保高山カツヒコ黒田洋介きむらひでふみ
キャラクターデザイン:うのまこと
音楽:是永巧一、岩本正樹
プロデューサー:岩田圭介、池田慎一、下地志直
製作:XEBECテレビ東京読売広告社

原作との違い

  • 景太郎となるは、予備校で最初に出会う。
  • 景太郎がひなた荘に来たとき、しのぶはまだ入寮していない。素子は合宿中。
  • なるの母親は再婚していて、なるには義理の妹・メイがいる。
  • なるに好意を寄せる二枚目キャラ、坂田健太朗が登場。
  • むつみは、景太郎と東大二次試験で出会う。なるとは京都駅で出会う。
  • むつみは、二浪時のセンター試験をクリアしている。
  • しのぶは、ひなた荘の近所の洋食屋の一人娘。両親は離婚を期に洋食屋を閉める。 しのぶの父親は、その後、タクシーの運転手をしている。
  • しのぶは、当初、素子のことを「青山さん」、カオラのことを「カオラさん」と呼んでいた。
  • しのぶ初登場回やしのぶのキスの話等、しのぶメイン回はシリアスな話が多い。
  • 素子には、3人組の取り巻きの女の子がいる。
  • キツネは初登場時点で20歳。
  • はるかは、「おばさん」と呼ばれると怒る。
  • サラが、アメリカの実家で虐待を受けていたことを示唆する描写がある。
  • タマちゃんは字が書けない。
  • 景太郎の祖母の名前が「浦島ひな」に変更されている。


主題歌

オープニングテーマ
サクラサク
作詞・作曲:岡崎律子 / 編曲:十川知司 / 歌:林原めぐみ

エンディングテーマ
君さえいれば
作詞・作曲:岡崎律子 / 編曲:十川知司 / 歌:林原めぐみ
「はじまりはここから」(第24話)
作詞・作曲 :岡崎律子 / 編曲: 十川知司 / 歌:林原めぐみ
「祝福」(クリスマス・スペシャル)
作詞・作曲:岡崎律子 / 編曲:十川知司 / 歌:堀江由衣、倉田雅世、浅川悠、高木礼子、野田順子、雪乃五月、小林由美子 / コーラス:岡崎律子

主題歌(OVA)

オープニングテーマ
「キラリ☆宝物」
作詞・作曲:雲子 / 編曲:十川知司 / 歌:堀江由衣

エンディングテーマ
「be for you, be for me」
作詞・作曲:伊藤千夏 / 編曲:五島翔 / 歌:堀江由衣

ゲーム版

  • ラブひな 愛は言葉の中に(コナミ、プレイステーション) - 2000年9月28日発売
  • ラブひな2 〜言葉は粉雪のように〜(コナミ、プレイステーション) - 2000年11月30日発売
  • ラブひな ごーじゃす 〜チラっとハプニング!!〜(コナミ、プレイステーション2) - 2003年5月22日発売
  • ラブひな 突然のエンゲージ・ハプニング(セガドリームキャスト) - 2000年9月28日発売
  • ラブひな スマイル・アゲイン(セガ、ドリームキャスト) - 2001年3月29日発売

オリジナルヒロインとして藤沢みづほが登場するオリジナルストーリーとなっているが、キャラクターごとの細かい設定や、ひなた荘の内部など原作以上であまり描かれていない設定が深く演出されている。

初のゲーム版。キャラクターデザインは原作・TVアニメとも異なる。はるかやしのぶが景太郎を追い回すなど、レアな展開もある。信頼度のほかに嫉妬などの独特のパラメーターも存在する意欲作。
  • ラブひなパーティー(マーベラスエンターテイメント、ゲームボーイカラー) - 2001年1月26日発売
アニメ版をベースとしており、クイズも登場するなどファンディスク的な内容。
  • ラブひなアドバンス 祝福の鐘はなるかな(マーベラスエンターテイメント、ゲームボーイアドバンス) - 2001年09月21日発売
マーベラスエンターテイメントのゲームボーイアドバンス参入第1弾ソフト。

初期構想

初期構想では不良娘アンドロイドも登場する予定で、寮の名前も『松本荘』だった。

余談

  • 企画初期のタイトル案は『ようこそ!ひなた荘へ』『ひ・な・た』『はるのひはるか』などがあり、最終的に「LOVE!ひなた荘」を略して『ラブひな』が決定名となった。
  • アニメ「陸上防衛隊まおちゃん」第20話でつかると必ず東大に合格する温泉がある旅館が登場。シルヴィア曰く「こうして目を閉じると前世の記憶が蘇ってくるようや〜」とのこと。要は中の人ネタである。
  • 当初、1998年の春から連載開始予定だったが、編集会議で難航したため延期になった。また、20話で終わる予定だったらしいが、3巻以降も続くということが決まった段階で、景太郎は浪人するという展開に変更になっている。その後、12巻で終わらせる予定だったが、可奈子編の人気がすごかったため、半年延期になったらしい。
  • ノベライズは実は第3巻の発売も予定されていたが、「魔法先生ネギま!」連載開始の影響で中止になったとのこと。
  • エピローグはマガジン本誌では3年後という設定になっていたが、単行本では登場人物の設定に余を持たせるために4年後に変更されている。
  • 企画段階ではキャラ全員の名前に色を付けるという案があり「青山」「紺野」「灰谷」「白井」はその名残り。当初、なるも「」という名前、景太郎も「赤石沢」という名字だった。
  • 「ラブひな」の設定舞台に、山形や京都がよく出て来るのは、 赤松の田舎が山形で、赤松のチーフアシスタントのまぎぃの実家が京都であるため。


関連動画




関連タグ

赤松健 週刊少年マガジン
ハーレムアニメ ラブコメ
XEBEC・・・アニメ版の製作会社。
ゆらぎ荘の幽奈さん・・・本作の妖怪版みたいなラブコメ作品。アニメ版の制作会社も同じ。
かってに改蔵・・・作中で本作をイジりまくった。
女神寮の寮母くん。・・・女子寮舞台のラブコメ作品。こちらの主人公ショタ
めぞん一刻東京大学物語・・・本作に影響を与えた作品。
女神のカフェテラス・・・山間の元温泉宿の女子寮と海辺の喫茶店という相違はあれど同じ神奈川県が舞台の作品。また、掲載誌も同じ。ついでに物語の進め方が似ているという指摘もある。

外部リンク

TVアニメ公式サイト

関連記事

親記事

赤松健 あかまつけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ラブひな」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ラブひな」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1498450

コメント