ピクシブ百科事典

ボンバーガール

ぼんばーがーる

ハドソンの権利を引き継いだコナミ(のアーケード部門であるコナミアミューズメント)が2018年に稼働を開始した『ボンバーマン』シリーズの1つ。
目次[非表示]

その他の用法


概要

アーケード版『ボンバーマン』シリーズの1作として、JAEPO2017にて発表されたアーケードゲーム作品。稼働開始日は2018年8月30日。

今回のボンバーマンは、何と女体化……と言うよりは萌えを前面に押し出した作品になっており、プレイアブルキャラクターは全員女性。同社からリリースされたオトメディウスに近い。

システム

本作ではeスポーツも意識しており、今までのボンバーマンデスマッチ形式に対し、今作ではオンラインによる4対4のチーム対抗戦で、敵陣地にあるベースの破壊を目標とする、いわゆるMOBA形式に変わっている。

ボンバーマンシリーズでは爆風に当たると自機を失ったり対戦から脱落するが、今作では相手チームの爆弾による爆風に当たるとHPが減少する(自分を含めた自軍チームの爆風はスタンのみ)。

HPが0になるとキャラは倒され、画面にやられカットインが挿入されたのち、リスポーンポイントから再出撃となる。シリーズ初の演出となるやられカットインは、爆風の威力と全員が女性である理由を物語っている。


各キャラクターは下記4種のポジション(役職)に分かれており、戦術や自分の好みに応じてバトルスタイルを選択して行くと良い。

ボムの設置数が多く、施設破壊が得意。
シロ、クロ、詩織、グレイ、シロンが該当する。

機動力が高く、近距離攻撃が得意。
オレン、ウルシ、セピア、アサギが該当する。

ボムの爆風が長く、長距離攻撃が得意。
エメラ、パプル、ツガル、パステル、オリーヴが該当する。

お邪魔ブロックを生成でき、防衛や妨害が得意。
モモコ、アクア、アロエ、パインが該当する。

操作キャラクター

皆先端から火花が散る導火線のような尻尾がついている。これはコラボキャラも同様で、既に尻尾のある者も火花が付与済み。
より詳しい情報は、各キャラクターや役職の記事を参照。

ボンバーガール

シロ

センシティブな作品


CV:東山奈央
勝っても負けても楽しく一生懸命戦う、主人公系ボンバーガール。明るく快活で、公式にも言われるほどにわかりやすい「THE・おバカ」キャラ。
貫通ボムでブロックをたくさん破壊したり、爆発しない偽物ボムによるけん制が得意。

オレン

センシティブな作品


CV:中村桜
「人生は戦闘だ!」が合言葉のミリタリーな褐色ガール。戦うことが三度の飯より大好きで、強いガールが集まる大会へとやってきた。
ブロックを飛び越え、ボムをすり抜けて移動できる特性を持つ。

エメラ

センシティブな作品


CV:日笠陽子
かつて戦闘用に作られ、今はメイド用にカスタムされているアンドロイド。感情表現は薄めだが、妙なところではっちゃける不思議ちゃん。
複数回撃てるエナジー弾や、前方に放つ強力なレーザーを使用可能。

モモコ

モモぴゅん様


CV:井澤詩織
人気アイドルグループ『プリティ・ボンバーズ』のリーダー。ぶりっ子全開な腹黒系の少女だが、努力家としての面も持つ。
妨害ブロックと強力な回復スキルを使い分けられる、後衛のサポート型。

クロ

ぼんばが


CV:高橋李依
「勝利は当然、敗北は恥」が信条のエリート系ボンバーガール。冷徹なクールキャラに見えるが、意外と天然ボケでポンコツ寄り。
2回爆発するボムやボムキックによる高火力で、敵陣を破壊する事に秀でている。

パプル

パプルちゃん


CV:藤田茜
心優しく気弱で泣き虫な堕天使。地上に堕とされた時に出会った相棒セイジャにそそのかされ、ボンバーバトルに参加する事に。
敵にヒットするとデバフ、味方にヒットすると回復をもたらす弓矢を放つ。

アクア

センシティブな作品


CV:大空直美
高貴な吸血鬼一族のお嬢様で、冒険と敗北を求めてお屋敷を飛び出した。
敵を追いかけるサポーターの召喚や、敵をスタート地点に強制転送するなど、妨害に特化した性能を持つ。

ウルシ

ウルシ


CV:加藤英美里
正義の「怪盗ねずみ小僧」として世間を騒がせているボクっ娘だが、次のターゲットをボンバーバトル優勝に定めたことから参戦。
連続攻撃を得意とし、スキルで姿を完全に隠して移動ができる。

グレイ

センシティブな作品


CV:大和田仁美
シロとクロの後輩にあたるボンバーガール。クールに振る舞う真面目系と思いきや、健気な内心が周りに丸わかりな愛され系。
ハードブロックを貫通して攻撃する電撃ボムを設置できる。

セピア

センシティブな作品


CV:佐藤聡美
おっとりしたお姉さんシスターにして、かの有名な一族に連なる容赦無きヴァンパイアハンター。
伝統の鞭や手持ちのチェーンソーによる直接攻撃のリーチが自慢。

アサギ

アサギちゃん


CV:長江里加
正義を貫く猪突猛進な警察官。壬生狼族という狼娘で、霊剣「大念動波剣」を武器とする。
全てのスキルにHP吸収効果を持つのが特徴。

パイン

パイにゃん


CV:悠木碧
『プリティ・ボンバーズ』のサブリーダーで、自称IQ100億の天才少女。自分をパイにゃんと呼ぶ自信家の野心家。
チャージ時間に応じて、一度に最大4つのブロックを生成できる。

シロン

センシティブな作品


CV:金田朋子
シロの妹。大好きなお姉ちゃんに追いつくため、今日も明日も崖っぷちの奮闘中。
多くのブロックを壊せるボムを持ち、道を切り開く事に長けている。

オリーヴ

センシティブな作品


CV:鬼頭明里
街の清掃員を務めるギャルなボンバーガール。裏の顔はオレンも元いた地球を守る武装集団魂斗羅のメンバー。
誘導ミサイルや火炎放射器などを用いた広範囲の攻撃に優れる。

コラボキャラクター

他作品からのゲスト参戦キャラ。期間限定などではなく、恒常として使用可能。
本作で知名度を上げた者もいるため勘違いされやすいが、あくまで他ゲームからの出向である。

グリムアロエ

センシティブな作品


CV:長谷優里奈
クイズマジックアカデミー』から参戦。置かれたボムをブロックに変えられるトリッキーなスキルを持つ。
正式稼働後に追加実装された最初のゲストキャラ。

藤崎詩織

爆弾乙女


CV:金月真美
ときめきメモリアル』からまさかの参戦。設置するたびにボムの威力が増すスキルを持っている。
なお、スーパーボンバーマンRにも参戦している。本稼働初日に発生したバグである意味伝説を残した。(翌日に修正済み)

ツガル

ツガルたそ


CV:釘宮理恵
武装神姫』からの参戦。バトルにおいてもライフル等の武装を使いこなし、シューター中特に長距離を攻撃可能。

パステル

パステルちゃん


CV:椎名へきる
ツインビー』からの参戦。ウインビーの援護射撃による攻撃力の高さが光る。
かつてアイドルとして売り出された事もある。

NPC

スタッフさん

バトルが始まる前のスタッフ


ゲーム内外で度々『ハニー』を思わせる『スタッフさん』と呼ばれる人物が登場する。CVは不明。

余談

こちらに関しては本作に登場するキャラではないのだが、だいたいあってるイラストである。

ボンバーガール



当初はネタイラストだったがなんとこっち本当に参戦してしまった。

ときめきメモリアル


しかもスーパーボンバーマンRとのダブル参戦である。まさかの公式が追いついた

ロケテスト

2017年の発表後に数度ロケテストが行われており、2018年1月~3月にもロケテストを実施していた。ロケテの期間が長く、同社の野球ゲームのようにお蔵入りが噂されたり公式twitterで初ロケテから1年経過した2018年7月の段階で稼働開始してないことをネタにされたりしたが、上述の通り2018年8月30日に無事稼働した。

関連タグ

ボンバーマン コナミ ハドソン
オトメディウス:類似コンセプトでリリースされた作品。こちらも初登場はアーケードである。
ボンバーガールズプリキュア:名前が類似。「ハピネスチャージプリキュア」に登場するプリキュアチームの一つ。

users入り

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

ボンバーマンシリーズの一覧 ぼんばーまんしりーずのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボンバーガール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37025092

コメント