ピクシブ百科事典

究極戦隊ダダンダーン

きゅうきょくせんたいだだんだーん

『究極戦隊ダダンダーン』とは、コナミのアーケードゲームである。日本国外版のタイトルは『Monster Maulers』
目次[非表示]

概要

世界平和のため、科学者に集められた特殊な力を持つ三人の正義の戦士「究極戦隊ダダンダーン」が世界征服を目論む軍団「ハッピードロッパーズ」によって放たれた六つの卵から産まれた怪物達と戦う勧善懲悪ものの対戦アクションゲーム。3人のプレイヤーのうちいずれかを選んで、CPU専用のボスキャラと戦っていく。例えるなら『ウォーザード』と『クライムファイターズ』を混ぜたようなゲームシステムだろうか。2人同時プレイが可能で協力してボスキャラと戦える。

日本版では、当時の業務用基板としては珍しく(対戦アクションゲームとしては初めて)歌入りのテーマ曲が挿入されており、本作のテーマ曲「闘え!ダダンダーン」を子門真人が歌っている。ちなみに、『魂斗羅ザ・ハードコア』の隠しルートで子門真人をモチーフにしたボス(シモン繋がりか後述の鎖のムチによる攻撃やのブーメラン攻撃もといサブウェポンのクロスによる攻撃はシモン・ベルモンドがモデルになっている)が登場し、登場時に鎖のムチで壊れた蝋燭から出てくるパワーアップアイテムやブーメランよろしく飛ばす飛び道具がたい焼きだったりと「およげ!たいやきくん」がモデルとなっている。

ノーコンティニューでゲームをクリアするとバッドエンドよろしくプレイヤーがボスキャラ達にやられる場面をバックにエンディングが流れる。タイムボカンシリーズのオマージュである"懲りない三悪"と言う意味合いで続編を予感させる終わり方であるが、結局続編は登場していない。
ちなみにグッドエンディングは一回コンティニューしないといけない。

コミックゲーメストからコミカライズされている。作者は伊藤霊一。小鉄を一応のメインにして展開。している。また、ゲーム本編では描かれなかったハッピードロッパーズ誕生の経緯(特にハッピーの境遇)が描かれている。

登場キャラ

究極戦隊ダダンダーン

本作のプレイヤーキャラクターで、地球を支配しようと企む魔の手から平和を守る3人の正義の戦士。

小鉄
中国拳法をベースに忍術や骨法を組み合わせた暗殺技の使い手で、自らの生命力を引き換えにする強力な技を会得している。上半身裸でふんどしとプロテクターのみで露出度が高く漢らしいコスチュームに身を包んでいる。右腰にくくりつけている瓢箪は、漫画版では「滋養強壮の妙薬」と呼ばれる超回復薬が入っている設定になっており、これをコンティニューの描写として表現された。死の淵にあった際に復活した小鉄は、祖父に「いざという時までその瓢箪の中身を開けるな」と言われていたそうな。

アン
ダダンダーンの紅一点で、鞭のようにしなる手足を駆使して戦う。趣味がヨガとクッキングと女性らしい一面を持つ。

イーグル
一切の過去が謎に包まれた陽気な男性(ただし、海外版だと国籍がアメリカになっている)。頑強な体格を活かしたプロレス技を操る。飛び道具技が無い代わりに、高い攻撃力を持ち、スコアも稼ぎやすい。

モンスター

ハッピードロッパーズによって放たれたタマゴから孵化した6体の怪物たち。ステージ毎に水曜スペシャル川口探検隊みたいなタイトルコールが出てくるが、最初に選んだステージのタイトルは必ず「闘え!正義の勇者ダダンダーン」になり、前述のテーマソングがBGMとして流れる。(ただし国外版ではオミットされ、舞台となるステージのBGMに変更されている。)

ケンタウロス
ステージ:イラク
タイトル:「神か!? 悪魔か!? 聖地に潜む謎の影」
鎧を身に纏った半人半獣。片手に装備してある盾をヨーヨーのように投げてくる。

モアイ
ステージ:ブラジル
タイトル:「人外大秘境! 恐るべし呪いの巨神」
体術やリップルレーザーのようなビーム攻撃を使う動く石像。グラディウスシリーズに登場した同名の敵がモチーフになっているが、本家とは違い胸部のところまで上半身があり両腕もある。BGMはグラディウスIIのモアイ面のアレンジ。

風雷鬼
ステージ:中国
タイトル:「轟く雷鳴! 嵐を呼ぶ地獄の鬼神」
青い肌でザンバラ髪の鬼。雷を操りながら攻撃したり、竜巻のように突進してきたりしてくる。海外版では悪魔という扱いなのか「ディアブロ」という名前に変更されている。

スライム
ステージ:バミューダ
タイトル:「魔海の恐怖! 襲いくる驚異の生命体」
不定形のモンスター。腕を伸ばしたり、体そのものを変形させたりして攻撃してくる。一定のダメージを与えると体が赤くなって暴走する。海外版では「ファンガス」という名前に変更され、菌類という扱いになっている。

ドラゴン
ステージ:ノルウェー
タイトル:「暗闇の罠! 地底湖に眠る古代幻獣」
地底湖から出てくる首長竜。口からブレスや玉を吐いたり、噛みつきによる攻撃を使う。赤・白・青の3種類の形態に変形するが、体力は共通。漫画版では、同一のドラゴンが属性切り替えで変色するという解釈になっていた。

ブレインゴーレム
ステージ:ケニヤ
タイトル:「赤い旋律! 迫りくる魔の眼光」
巨大な脳みそから触手が生えた生命体。触手を腕代わりにして攻撃したり、目からビームを出して攻撃してくる。沙羅曼蛇のボスが元となっているが、こちらは目をガードするためのシャッターがついている。BGMは沙羅曼蛇のボス戦のアレンジ。

ハッピードロッパーズ

本作の悪役である三人組。各地のモンスターを全て倒すと、本拠地でもある「浮遊戦艦ドデスカデン」で最終決戦を行うことになる。途中で新造人間キャシャーンのツメロボットをオマージュにした敵・ザコロボットを倒しつつ、3体のボスと順に戦う。タイトルは「史上最大のバトル! 地球の平和を取り戻せ!!」。

ミスター・珍
ハッピードロッパーズの頭脳担当で、登場するモンスターやメカはほぼ全て、この男が作り上げたもの。自身も「ダッカー」というメカに乗って甲板で戦う。ちなみにそのダッカーはグラディウスシリーズの同名の敵キャラが元ネタがボスとしての登場は『グラディウス外伝』のヘビーダッカーよりも先である。

ダダンダーンの司令官である科学者とは何らかの因縁を持っていることが漫画版やCDドラマで明かされ、特に漫画版ではより深く掘り下げられている。

ガルガ
ハッピードロッパーズの怪力担当。最終ステージの二番手として、ゴリラ型ロボット「メカゴリラ(海外版では「メカエイプ」という名前になっている)」を乗って戦艦内部の機関室で待ち構える。原始人みたいな衣装で見た目も脳筋に見えるが、前述のメカゴリラを乗りこなしているため決して頭は悪くない。また、CDドラマでもミスター・珍のメカ制作や修理を手伝っている描写がある。

ハッピー
ハッピードロッパーズの女リーダーで本作最終ボス。ハッピーバスターエースに乗ってブリッジで直接対決する。かつては富豪にして名家の生まれなのだが、バブル崩壊によって没落したことで周囲の人達は掌を返して離れていってしまう。このことで人間に対する深い失望を味わい、同時に人間達への怒りと復讐からハッピードロッパーズを結成したことが漫画版で明かされている。ラスボスだけあって多彩な攻撃パターンを持ち、体力ゲージが4分の1になるとコックピット部分だけになり攻撃パターンも変化するが、スピードが格段に速くなる。

関連作品

  • ラブプラス : NEWラブプラス以降(?)に自室で聴ける曲に「闘え!ダダンダーン」のインスト版がある。
  • ときめきアイドル : 「闘え!ダダンダーンV」が収録されている。


関連タグ

コナミ

pixivに投稿された作品 pixivで「究極戦隊ダダンダーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 591

コメント