ピクシブ百科事典

魂斗羅ザ・ハードコア

こんとらざはーどこあ

1994年にコナミから発売されたメガドライブ用アクションシューティングゲーム。時系列的にはSFC「魂斗羅スピリッツ」の5年後にあたる。
目次[非表示]

ノンストップ撃砕アクション
驚異の戦闘能力を誇る精鋭部隊“魂斗羅”。
凶悪ハイテクロボを相手に、緊迫の銃撃戦の連続。
極限まで昂揚した戦闘精神が敵を撃砕する。
破壊の美学、ここに極まる。

ストーリー

エイリアン戦争から5年後、復興の道を進む人類ではあったが、戦後の混乱はいまだに続いていた。

そして、エイリアン戦争により急速に発達した遺伝子工学やサイボーグ技術を用いた新型犯罪も多発するようになり、これに対抗すべくプロ中のプロが集められた特別チーム「統合軍機動特殊部隊特殊任務班K-X」が結成され、無差別に人を襲い街を破壊するテロリストに対抗する彼らに、エイリアン戦争の英雄ビル・ライザーの姿を見た人々は、彼らを「魂斗羅部隊」と呼んだ。

概要

1994年9月15日に発売されたメガドライブ用アクションシューティングゲームで、SFC魂斗羅スピリッツ」のエイリアン戦争から5年後の世界を描いたコナミ魂斗羅シリーズの一つ。
英題は「Contra Hard Corps」 ※欧州版は「Probotector」。

開発は、先にメガドライブで「ロケットナイトアドベンチャーズ」や「VAMPIRE KILLER」を手がけた「TEAM機知GUY」で、ディレクターは「魂斗羅スピリッツ」や前述のメガドライブ2作品を手がけた「中里伸也」が務めた。

※ちなみに作中に登場する多関節合体変形メカ「タケッダーロボ」をプログラムしたのは「武田長(たけだ たかし)」と言う人物である。

中里と共に「魂斗羅スピリッツ」を手がけたスタッフの一部が独立して立ち上げたゲーム開発会社「トレジャー」が魂斗羅チックな側面も持つメガドライブ用アクションシューティングゲーム「ガンスターヒーローズ」を開発・リリースしていた事から、コナミ社内で魂斗羅は終わった的な見方をされた事があったとかなかったとか言われるが、とにかく同じ釜の飯を食った仲間達が高評価のゲームを出した事に対してなんらかの思いがあったのか、本作ではあえて「良い方向に裏切りたい」と言う事で、シリーズ通しての主人公「ビル・ライザー」らを登場させず、プレイヤーキャラは完全新規となった他、武器のキャラ別固有化、ステージ中の会話シーンの挿入、ステージ中のルート分岐とマルチエンディングといった独自要素が多く詰め込まれた。
本編がハードな展開だけに、隠しエンディングのインパクトは凄まじい。

ストーリー面も、キャラクターデザインに「梅津泰臣」を起用するなど、これまでのシリーズに比べてタイトル通りのハードコアな世界観と内容となった。

ゲームシステム的には、残機制ではなく体力制に変更された他、キャラクターが4人になって、それぞれのキャラが別々の武器を4つ所有し、武器を入手→切り替えながら進むと言う内容になり、全身無敵になるスライディングも全キャラ標準で持っている。

※海外版では残機制になっている。

登場人物

スラム地区出身で不良グループの元リーダー。
卓越した戦闘センスと野生の勘を見いだされて魂斗羅部隊に抜擢された。
クールな中にも熱い闘志を秘めた部隊の中心人物である。

魂斗羅部隊のリーダーを務める金髪の男性。生まれもった戦闘センスとドイル班長に拾われた後に受けた訓練により得た実力から、魂斗羅部隊のリーダーに抜擢された。
主人公キャラクターと言うことで、武器は非常にバランスのとれた内容になっている。

武器Aバルカンレーザー貫通力の無い短いレーザーを連射する
武器Bクラッシュヒットするか一定時間後に爆発した際の爆風でダメージを与える
武器Cスプレッド魂斗羅おなじみの5方向弾
武器Dホーミング敵を自動追尾するマシンガン

Sheena Etranzi


シーナ・エトランゼ SHEENA ETRANZE
魂斗羅部隊の紅一点。美しい外見とは裏腹に凄まじいまでの戦闘能力を持っている。
ゲリラ戦を得意とし、ジャングル戦での彼女の力は一個小隊にも匹敵するといわれている。

見た目な華奢で長い金髪の美人だが、性格と実力はまさにワンマンアーミー。DS「魂斗羅デュアルスピリッツ」に隠しキャラとして登場する。キャラデザの都合上、とてもジャングル戦が得意そうな装備をしていないので状況に応じて着替えるのかと思ったが、

쉬나 에트랑제


DS版でも似たような露出度の高い戦闘服を着ていた。

サブ主人公的な立ち位置な為、レイよりも汎用性は少し下がるが攻撃力は高い武器を持っている。

武器Aジェノサイドバルカン物騒な名前の大口径マシンガン
武器Bシャワークラッシャー放物線上に飛ぶ爆弾。爆風で大ダメージを与えるが射程が短い
武器Cブレイクレーザー貫通力のあるレーザー
武器DアクスレーザーSFCアクスレイに登場したのと同じ自動追尾レーザー

獣人魂斗羅と可変戦闘単車


ブラッド・ファング BRAD FANG
急速に発達した遺伝子工学とサイボーグ技術が生んだ最強の戦士。
常に沈着冷静で、部隊内での信頼も厚い。
強靭な肉体を駆使した近距離での肉弾戦をもっとも得意とする。

見た目は両腕サイボーグなワーウルフ。サングラスがトレードマーク。
キャラデザ絵では左腕だが、ゲーム内ドット絵では右腕がガトリングガン&ビーストショット&ファイヤーガンになっている。
性能は攻撃力に特化したキャラで、射程や攻撃方向に問題があるものの当てる事が出来れば絶大な威力を発揮する武器ばかりもっている。

武器Aビーストショット発射後に拡散・巨大化するバルカン砲
武器B爆裂パンチ強烈な爆風でダメージを与えるパンチ攻撃。真横限定
武器Cファイヤー貫通力があり、振り回す事が出来るデータイースト火炎放射器
武器Dサイコブラスターボタン溜めの後はなすと絶大な威力のショットを放つ。真横限定

ブラウニー BROWNY
正式名称「CX-1-DA300戦闘ロボ」。
ロボットらしからぬ愛嬌のある性格から、部隊内ではブラウニーの愛称で親しまれている。
様々な情報処理システムと直接リンクする能力を持っており、諜報活動で彼の右に出るものはいない。

設定上は「彼」だが、ある意味「TSUGU-MIN」のご先祖様的な小型ロボットキャラ。
非常に背が低く敵の攻撃が当たりにくい上に、ジャンプ中にホバリングが可能と言う機動性も備えているが、武器はどれも曲者ばかり。
武器Aビクトリーレーザー振り回し型で貫通力のあるV字型レーザー
武器Bジェミニスキャッターブーメランの様に戻ってくる武器。射程は短い
武器C超電磁ヨーヨーボタン押しっぱなしで敵を自動追尾して攻撃する。射程は短い
武器Dシールドチェイサーボタンを押すと自分の周囲を回転する弾が出現し、はなすと発射される

ドイル班長
魂斗羅部隊を作り上げたロマンスグレーな髪とヒゲとグラサンがトレードマークのタフガイ。
各ステージ開始前のブリーフィングに登場し、攻略目標等を説明する。

バハムート大佐
エイリアン戦争時に活躍した英雄だったが、クーデーターを起こして失踪後、エイリアン細胞を入手して世界征服を企む。

デッドアイジョー
バハムート大佐の世界征服に加担する全身をサイボーグ化したテロリスト。戦いの中にのみ生きがいを見出す為、戦闘は正々堂々と行う。

ノイマン・カスケード
軍のコンピュータにも侵入できる凄腕のハッカーにして重度の薬物中毒者。バハムート大佐から依頼をうけて協力する。

Dr.ジオ・マンドレイク
エイリアン細胞の研究を行っていた遺伝子工学の科学者。
同時に行っていたバイオロイド研究から、真魂斗羅の2Pルシアが誕生した。

関連タグ

魂斗羅 魂斗羅スピリッツ 魂斗羅デュアルスピリッツ
コナミ
メガドライブ 
メガドライブミニ:本作が収録されている。⇒公式サイト内収録作紹介

レイ・パワード シーナ・エトランゼ ブラッド・ファング ブラウニー
中里伸也 TEAM機知GUY 梅津泰臣

関連記事

親記事

魂斗羅 こんとら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魂斗羅ザ・ハードコア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39962

コメント