ピクシブ百科事典

魂斗羅スピリッツ

こんとらすぴりっつ

コナミのアクションゲーム『魂斗羅』シリーズのひとつで、スーパーファミコン用に1992年に発売された。
目次[非表示]

概要

コナミが1992年に発売した『魂斗羅』シリーズのスーパーファミコンアクションゲームで、全6面。
スーパーファミコンの売りである画像の拡大・縮小・回転をフルに活用した派手な演出とエフェクトが特徴。

2007年1月16日にWiiの、2013年11月27日にWiiUバーチャルコンソールで配信開始された。

pixiv内では何故かネタイラストが特に完全一致では多く、どういう訳かとんでもない方向道を踏み外したイラストまである。

大まかなシステム

サイドビューステージ(1,3,4,6)ではエリア最後にいるボスを倒すとステージクリア。
トップビューステージ(2,5)ではステージ内の要所となるを全滅させるとボスとの戦闘に移り、ボスを倒すとクリア。
最終面をクリアすると難易度EASYとNORMALではエンディングの後、難易度が一段階上がった1面へとループする。難易度HARDではエンディングの後、最終スコアが表示される。

武器攻撃(Yボタン)を押している間はフルオート連射だが、連射制限のある武器では撃った弾が消えるまで次が撃てないため、間欠的な連射となる(ボタンを連打しても制限は同じ)。
従来のシリーズとは違い、手にそれぞれ1丁づつを装備可能で、使用していない側の銃はミスしても失われる事はない。更にLボタンとRボタンを押しながら攻撃すると、飛び跳ねながら両手の銃を乱射する乱れ撃ち(トップビューステージではその場でぐるぐる回りながら乱射)を行うが、この時に敵の攻撃を受けると両手の銃が失われてしまう。
また、『スーパー魂斗羅』のスーパーウェポンに相当する有限装備としてボムがあり、使用すると爆風が円形状に広がり画面全体の敵にダメージを与える。(ただし、一般的なシューティングゲームのボムとは違い、無敵状態にはならず敵弾の相殺も行わない)

二人プレイ時はトップビューステージでの画面表示の仕様でAモードとBモードがあり、Aモードでは画面が狭くなるものの二手に分かれて攻撃ができる。
Bモードではその反対で画面は一人プレーモードと同じく広く表示されるが、二手に分かれた行動ができない。サイドビューステージではAモードBモードともに同一画面内での行動となる。

難易度ごとの大まかな違い

敵の攻撃の激しさや敵の硬さの他に下記のような違いがあり、エンディングの内容にも差異がある。

EASY

  • 一部の敵が登場しない。
  • 中ボスやボスの攻撃が一部行われない。
  • 最終ボスの第二段階がない。

NORMAL

  • EASYでは登場しなかった敵や攻撃が追加される。

HARD

  • 一部の敵やボスの一部の部位が破壊不可能になる。
  • 中ボスやボスの攻撃がより避けづらいものとなる。

外部リンク

バーチャルコンソール版 紹介(Wii)
バーチャルコンソール版 紹介(WiiU)
wikipedia

関連タグ

コナミ 魂斗羅 アクションゲーム 
奴ら…ゆるさん 派手に出迎えてやろうぜ!

pixivに投稿された作品 pixivで「魂斗羅スピリッツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23576

コメント