ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:藤井ゆきよ

概要

杉山先輩こと杉山遼仁の弟で、周囲から「"アッキー"」というあだ名で呼ばれている。

人物

天真爛漫で好奇心旺盛、行動力にも溢れ思い立ったら即行動。努力型の天才である兄とは対照的に、IQ250を誇る生まれながらにしての超天才児。
経験が無い事でもチャレンジ精神旺盛であり、12歳にしてアメリカの大学で研究に励み、そこではことこの兄・今井律とクラスメイトで、彼と行動を共にしていた。
超天才児の知性からくるカリスマ性と明るく人懐っこい性格もあり、一五学園中等部の入学後は瞬く間に周囲の人間と仲良くなっている。
杉山ファンクラブのメンバーからは「二代目杉山様」と呼ばれ、兄同様に多くのファンが存在する。

しかし、確かに正真正銘の天才ではある反面、自分本位の行動上辺だけの付き合いが目立ち、他者の心の内を理解していない節があり、それが1期において兄の遼仁の心を曇らせてしまった原因になったと言えるのだが、亮仁本人は幼馴染の沢村百合とは対照的に遼仁の様子がおかしい事に全く気付いていなかった。また、「ネギ抜きのねぎま」を好物にしている等、偏食も激しい模様。
事実、第2期にてアクムーの野望に協力し悪夢をまき散らすすのも、「人の夢を操作する事に興味を持った」という、標的にされる人間の苦しみなど御構い無しな動機からで、罪悪感を持たない所かむしろゲーム感覚で楽しんでいる危うさまで見せている。
更に、半ば無理矢理パートナーにしたゆにやつぎ、はぎに対しての接し方も遼仁とは大分異なり、ややぞんざいに扱っている。
杉山兄弟の両親は、遼仁と対照的とまでは言わないながらも亮仁に対して非常に甘いらしく、兄弟を昔から知っている百合だけがこの問題に気付いている。

第2期でのふとした切っ掛けから日向ゆめに恋心を抱くようになるが、天才故に常人とはやや感性がズレており、第2期21話ではゆめの誕生日プレゼントに数学者伝記をプレゼントに選んだり、第22話ではアルキメデス顔のケーキを作ろうとしていたが、百合のアドバイスで止めている。

ゆめに恋をするようになる事が亮仁を「人間にする」事に繋がっている模様だが、見方を変えると恋愛対象となっているゆめを中心とした考え方や行動が目立つ様になり、アクムーとの約束を平然と反故にする様な行動に出たり、「ボス」である自分を想って行動していたゆにの事を省みず怒鳴る等、他人の気持ちを省みない身勝手な本質は変わっていない。

劇中の様相

第1期

第37話「杉山先輩のひみつ」で初登場。

クラスメイトである律と共に、唐突にアメリカから日本へ帰国し、自身が帰国する事は両親に秘密にして欲しいと頼んでいた。
遼仁が県内トップの高校の受験に合格した事は素直に「おめでとう」と言っているものの、彼の合格した高校は内心レベルが低いと見なしていたらしく、「ホントはもっと上を目指せるのに勿体無いなあ」と無神経な物言いをしてしまい、居心地の悪そうな想いをさせてしまっている。(百合が危惧していたとおり、彼のフラストレーションが頂点に達してしまう事になった)

翌日、兄の通う一五学園に興味を持った事で、午前の大学での講義を終えた後に、律と共に授業参観日に訪れている。
その際、間違えてゆめのクラスに入ってしまい、素っ頓狂な質問の答えを出してしまった彼女のフォローをしており、転生のカリスマ故なのか周囲を納得させてしまっている。

第2期

序盤にて日本に帰国し、一五学園中等部に入学。パソコン部に入部し、1年生でありながら部長に就任した。
一方、アクムーにその頭脳を認められ、人の夢を操作するという内容に興味を持ち、ゆにに指示を出す形で悪夢をまき散らす事となる。

ゆには、2期第2話終盤で旅から一五町に戻っていた所を彼に捕まり翌第3話にて強引にパートナーにされている。
ゆにからは「ボス」と呼ばれているが、人前でも堂々と歩けるようにAIロボットのふりをさせられた時に付けられたアンテナが、ある種の洗脳装置である可能性もある(詳しくは不明)。
遼仁は特にこの事を認識しておらず、「旅立ったゆに達がいつの間にか弟に飼われてまた色々やってる」としか思っておらず、2期11話でゆに達がアッキーのバースデーパーティーをこっそり企んでいるのを大きな独り言で手助けしたりしている。

しかし、自由奔放過ぎる性格故に、アクムーに与えられた支持を真面目に遂行する気配が殆ど無く、それどころかキラキラした行動までとった結果、業を煮やしていたアクムーの激怒を買ってしまい、第2期11話では誕生パーティーを行おうとした公園に雨を降らされて台無しにされてしまった事もある。

花火大会で見た浴衣姿のゆめを見た事で、それまで特に意識していなかった彼女に対し、ときめきを覚える。
初めての感覚にやきもきしていると、その姿を見た旧知の百合に、「ゆめちゃんの事が好きなのね」と言われて、この感覚が「恋」であると言う事に気付く。
この回以降、彼の方からゆめにちょっかい出す事がほぼ無くなり回を増すごとに腑抜けになっていき、そればかりかゆにが「ボスの為」と言ってやった行為を咎めると言った行動も取っている。
第22話の一五町スウィーツコンテストでゆめのためにケーキ作りにチャレンジする。当初はオーブンを黒焦げにし玉子もろくに割れない腕前だったが、兄と律のの手助けも借りつつコンテストには美味しいケーキを作れるまでの腕前になっていた。(ゆにたちは杉山兄弟が仲良くケーキ作りをしている姿に感激していた)

その後もアクムーの指令よりゆめの事を優先し第23話では高知県まで秋トマトを取りに行ったりしている。
ゆめはトマトが大の苦手だったのだが…。(家のトマトが枯れてホッとしていたのを、トマトが枯れて悲しんでいるとアッキーが勘違いした)

関連タグ

ミュークルドリーミー 杉山遼仁
柊潤:一応ポジションが似ている弟繋がり。
サン・ドルバ:親に甘やかされていて、女性にだらしなく視聴者から馬鹿息子扱いされている、主人公との初対面回のサブタイトルが似ている。

関連記事

親記事

杉山遼仁 すぎやまはるひと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「杉山亮仁」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「杉山亮仁」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14271

コメント