ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:高橋美佳子

概要

存在そのものは1期終盤に示唆された謎の存在で、『ミュークルドリーミーみっくす!』第1話にて本格的に活動を開始する。トマトにも見える黒い影から人型の姿に変身し暗躍。優秀な人間を協力者としてスカウトし、キラキラした人間に「やる気のない変なの(仮称)」を植え付ける。

この為、選んだ人間を洗脳ではなくスカウトの方式を取る、負の感情ではなく喜び等の正の感情をターゲットにする辺りは1期のライラとは大分異なっている模様。

その目的は世界を悪夢に染め上げて「アクムーランド」なるものを作るらしいが、そもそも彼女がスカウトした杉山亮仁は研究目的としての利害が一致しただけの関係に過ぎず(第21話までアクムーランドの全貌を知らないままだった)、自由奔放すぎる彼はゆに達と共に悪夢に染めるはずが、逸脱してキラキラした行動を取る始末で計画は一向に進んでいない事に苛立ちを覚えている。テコ入れとしてアッキーとユニットを組ませた二人も自分の野望には賛同しておらず、面従腹背で部下のコントロールが全くできていない状態である。

遂に第11話では彼らが最近たるんでいる事を理由に、亮仁の誕生日会を雨で台無しにする制裁を加える。そして「平和に誕生日を迎えたければ、ミュークルレインボウをゆにっちアビスで乗っ取る」事を命じている。この回の彼らが純粋に誕生日を楽しみたいだけなのにその誕生日すら人質に脅迫する辺り、彼女の本性がかなりの外道である事が窺える。これに対し、アッキーは朝陽の誕生日(兄の誕生日と同日)をぶち壊そうとした彼女に反抗している。

その後長らく登場していなかったが第21話にて久々に登場し、その間にアクムーランドの建設を行っていた事が判明。現時点では「あくあくびっくりシャトー」と名付けられた城だけだが、いずれ巨大な悪夢のテーマパークが完成する予定である。因みに建設するに至ってその原動力は、アッキー達がワクワクキラキラをアクアクアクムーに変える事でアクムーの力になる事も発覚している。初対峙した第26話以降にて現れる度に強大な魔力を駆使してゆめ達を追い詰めるが、ちあが接近してお菓子を与えた事で腑抜けてしまいこれがある意味弱点となっている。

アクムーランドを大きくしようと奮闘しているが、ドリーミーメイトを狙った作戦はことごとく失敗に終わり、彼らの夢から生まれた建物ばかりが建立され破壊しようにもアクムーには近づけない場所と化している。

第41話でちあの重要性に気付きゆに達に奪ってくるよう命じ一度は失敗に終わるも、第43話でパチパチブーとのすり替えに成功し遂に手に入れるが、ちあの可愛さに惑わされ迂闊に近づけない点は相変わらずであった。しかし、ゆにはパチパチブーに情が移ってしまい取り戻す為に作戦を中止させられ、アクムーの所業を目の当たりにしたアッキーはアクムーランドを利用して自身が理想とするテーマパークは「ゆめを悲しませる行為」と悟り彼もアクムーを裏切る事を決意。パチパチブーの騒動終息後、悪夢に染め上げる行為をやめるようアッキーから説得されるも聞く耳を持たなかった。そして、アッキーの心境の変化を疑い彼の心の中を覗き見てその原因がゆめである事がとうとう知られてしまい、彼女を標的にするようで・・・。

余談

声を担当する高橋美佳子が、サンリオアニメに関わるのは、『おねがいマイメロディ』の主題歌、『レディジュエルペット』のエレナ役に引き続き6年振りである。本作では新たにちあと言う赤ちゃんぬいぐるみが登場し、高橋はかつて『ちび☆デビ!』でライちゃんと言う悪魔の男の子の赤ちゃんを演じていたが、高橋は後にジュエルペットシリーズの赤ちゃんのジュエルペットであるラブラの登場アニメ作品の内の『レディジュエルペット』以来からでの約6年振りに不思議赤ちゃんの登場アニメ作品に出演をする事にとなる。
中の人ネタとしては前期の黒幕とは母親と息子の役で共演している。

関連タグ

ミュークルドリーミーみっくす! 幼女 エルダ⇐本作と同時期のアニメの似たような悪女
闇の皇帝ゼット:彼女とは違い、「キラキラ」に執着している悪の親玉



???

関連記事

親記事

ミュークルドリーミーみっくす! みゅーくるどりーみーみっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アクムー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181470

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました