ピクシブ百科事典

ジョセフ・G・ニュートン

じょせふじーにゅーとん

漫画『テラフォーマーズ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

伊達じゃない、伊達男

テラフォーマーズ」作中における人類最強キャラだが、手術ベースがいつまでも明かされないなど、色々な意味でが多すぎる人物である。愛称は「ジョー」。

以下の記事には重大なネタバレを含む記述があります。

プロフィール

国籍ローマ連邦
性別男性
年齢24歳
身長187cm
体重99kg
手術ベース??
専用武器対テラフォーマーコーティング式西洋刀「ジョージ・スマイルズ」
マーズ・ランキング1位
CV石田彰


経歴

ローマ連邦所属。アネックス1号第六班(EU班)班長。
金髪碧眼完全左右対称黄金比を備えた「完璧」と、均整の取れた肉体を持つ。
しかしながら、ニッコリ笑うと絶妙に間抜けな印象になる。
こうした稀有容貌に生まれついたのには、母親遺伝が関係しており、その特異な誕生の経緯から「美しい愛(もの)」「真実の愛」を求めている。

17歳(高校3年生)で陸上十種競技で金メダルを獲得するなど、ズバ抜けた身体能力を持つ。
陸上部は高校で引退し、EU1位の大学に進学。同時に空軍の幹部候補学校へ通い異例の成績で卒業。
生物学と航空宇宙工学の修士号を持ちながら空軍将校となったエリート中のエリートである。

性格

黙っていれば誰もが認める美男子ながら、「…美しい愛(もの)に 呼ばれてね」といった芝居がかった台詞や、天然めいたナルシスト的言動で色々台無しになっている、いわゆる残念なイケメン
ミッシェル・K・デイヴスに対し好意を寄せており、ことあるごとにストレートに気持ちを伝えているものの、上記のような言動の所為でまったく相手にされておらず、ミッシェル本人には内心「死ねよナルシスト空気読め」とまで思われているが、ジョセフ本人は気付いているのかいないのか、全く意に介していない。
ただしミッシェルはジョセフのことを「ジョー」と愛称で呼ぶなど頼りにしている描写があるため、異性としては相手にしてないにせよ、本心から嫌っているというわけではないようだ。
このように色々と残念な面が目立つキャラクターではあるものの、その実力は折り紙つき。

ジョセフ・G・ニュートン
ゴキブリよ、これが人類最強の男だ。



能力

マーズ・ランキング1位。作中では「人類の到達点」と称される。
ただし、手術ベースもベースとなる生物の種類も一切不明。
にもかかわらず、変態もせず生身のままでテラフォーマーの軍勢を相手取り、無傷で生還するなど、他の幹部たちとは一線を画す戦闘能力を誇る。
その圧倒的な能力は、彼がとある一族の本家の出であることに由来する、サラブレッドと同じく人為的に徹底して選別交配したいわば究極の人間としての力。二本の腕であらゆる武器を達人以上に使いこなす器用さと、陸上十種選手以上の万能身体能力に、理性と野性を兼ね備えた明晰な頭脳を武器とする。

以下ネタバレ記述につき閲覧は自己責任で































火星における行動にはいくつかの目的があり、その一つとしてエヴァ・フロストからプラナリアの能力(及びデンキウナギの能力)を、ある方法で強奪している。

関連タグ

テラフォーマーズ アネックス1号 マーズ・ランキング

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョセフ・G・ニュートン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149067

コメント