ピクシブ百科事典

エヴァ・フロスト

えゔぁふろすと

「エヴァ・フロスト」とは、『テラフォーマーズ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

『このまま―――火星につかなければ良いのに…!!』


以下の記事には重大なネタバレを含む記述があります。

CV:佐倉綾音

プロフィール

誕生日6月29日
年齢18歳
身長164cm
体重54kg
Hカップ
血液型B型
瞳の色グリーン
好きな食べ物ホルモン焼き、あら汁
嫌いなもの「恋をしただけ」といえば何でも許される風潮
手術ベースプラナリア
マーズ・ランキング100位



概要


ドイツ・南米第五班の班員のひとり。
金髪ロングヘアの少女で、泣き言しか言わないようなネガティブ思考の持ち主である。
また作中きっての巨乳の持ち主であり、マルコスから「Negathive tits(ネガティブおっぱい)」略してNTTとあだ名されている
前述の通り悲観的で非常に臆病。実家は富豪ではあるが軟禁同然に育てられ、強引にU-NASAに売り渡されるなど周囲の環境に翻弄されながら流されるまま生きてきた。
しかしそれゆえか、第五班班員達との結束は非常に堅い。

『滅びを識らぬ巡礼者』

手術ベースは扁形動物型・プラナリア
上から見ると鏃のような形をした平たい形状が特徴的の動物。
凄まじい再生能力を持つ生物として有名であり、切った数だけ分裂する生き物として聞いた事があるだろう。
無論この生物に再生能力以外に特筆するべき能力は無く、エヴァ自身も戦闘能力皆無であるためマーズランキングは堂々の100位である。


『道を……退きなさい!!』

戦闘能力も低く気性も荒事には向かないエヴァではあるが、テラフォーマーの大軍に襲われ、健闘空しくアドルフが敗れたあとも決して逃げようとはせず、それどころかアドルフを守るためにテラフォーマーに立ち向かった。
その直後、アドルフに仕込まれた爆弾が起動。その危険性に気づいたテラフォーマーは即時撤退するも、第5班の班員達と共にその爆発に巻き込まれ死亡したかに思えた。

が、120話にてまさかの復活を果たす
それもアドルフのものと思われる電気の力を携え、中国軍に囚われかけた燈の窮地を救う。
詳しい原理も原因も不明ではあるが、エヴァはアドルフの自爆装置が炸裂するその瞬間まで決して彼の亡骸を手放さなかった。それこそが能力が受け継がれた理由であると彼女自身は推測している。

アドルフは自身の血を遺す事は出来なかった。しかしその力と意思は本物の家族へと確かに引き継がれたのであった

また、アネックス一号出発前に、ロシアのアシモフとエレナが話していた「ドイツが成功させた難度の高い手術ベース」はエヴァのことである。
ドイツの科学者であるジェシカ・ベルウッドはM.O手術の成功率を上げる『もう一つの研究』として注目していた


関連イラスト


おっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱい



関連タグ

テラフォーマーズ ドイツ 金髪 ネガティブ アドルフ・ラインハルト 第五班

pixivに投稿された作品 pixivで「エヴァ・フロスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 394980

コメント