ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ベルク・カッツェ

べるくかっつぇ

ベルク・カッツェとは、アニメ「科学忍者隊ガッチャマン」に登場するキャラクターである。
目次 [非表示]

CV:寺島幹夫

概要編集

科学忍者隊ガッチャマン」にて、科学忍者隊と敵対する組織・ギャラクターの幹部としてガッチャマンら科学忍者隊と幾度も戦うことになる。

甲高い声が特徴で、特技は変装。その腕前は老若男女を問わずに完璧に変装が可能なレベルで、これを作戦に活用して科学忍者隊を何度も出し抜いている。

窮地に陥っては部下を見捨てて脱出するため人望は薄く、総裁Xからは「幹部が始末しようと相談している」と言われたこともある。しかし、脱出の手際自体は見事なもので、登場メカには必ずと言っていいほどカッツェ専用の脱出ポッドが搭載されており、ことごとく科学忍者隊から逃げおおせている。

ガッチャマンことG1号・大鷲の健とは何度か肉弾戦を繰り広げたが、終盤に向かうにつれて一方的に叩きのめされるようになってゆく。これには中盤・志半ばで散った同志の無念も関係しているのかもしれない…。


実は彼には重大な秘密があり、作中にはいくつもの伏線が散りばめられている。彼の正体を探ることを目的として展開するエピソードもいくつかあるが、その正体は終盤になって明かされることになる。


毎回作戦を立てては科学忍者隊に阻止され、ギャラクターの首領・総裁Xに叱責される、というのが定番で、科学忍者隊のメンバーからも間抜け呼ばわりされている。それにもかかわらず総裁Xから重用されているのは前述の秘密によるところが大きい。

しかし、一度は科学忍者隊を倒したり(第67話など)、まんまと科学忍者隊を出し抜いて作戦を成功させたり(第77話)とそこまで間抜けというわけではなく、成果を上げることもある。

終盤に総裁Xが彼を見かねて作戦を立てた時は科学忍者隊を手こずらせたが、これは科学忍者隊のメンバーの不調によるもので、全快の状態なら科学忍法・竜巻ファイターであっさり脱出されており、カッツェ自身も「こんな作戦で(科学忍者隊を)倒せていれば苦労はしない」と漏らしているあたり、作戦立案に関してはギャラクターでもトップレベルであると言えるだろう。

特に第77話では科学忍者隊にも完敗と言わしめたほどの見事な勝利を果たし、第88話においても自身の過去にまつわる資料や秘密を知る教授の抹殺に成功している。なお、両作戦とも部下を使った時間稼ぎのうえでのものであり、部下を使った陽動作戦においては優れた成果を上げることが多い。


ギャラクターには「任務遂行が絶対であり、情は捨てる」という鉄の掟があり、なかには時間稼ぎのために自爆する隊員もいる(第88話)。これはギャラクターの家系に生まれた者全員が守らなくてはならず、第31話や前述の第88話ではギャラクターの隊員がそのことを語るシーンがある。

それを踏まえて考えると、前述した部下を見捨てて脱出するという行動は実はギャラクターの信念に則したものであると考えられる。

そんなカッツェも鉄獣メカの開発者オガワラー博士には頭が上がらず、逆にオガワラー博士から叱責される程であった。


OVA・GATCHAMAN編集

声優は男性体が故・塩沢兼人が、女性体は折笠愛がそれぞれ担当した。

大まかな展開はオリジナル版と同様であるが、男性体は塩沢氏の中性的で妖艶な演技が話題となった。オリジナル版とは異なり、ガッチャマン達の手で決着が付けられる。


「おはよう忍者隊ガッチャマン」編集

オネエ口調でしゃべるキャラクターとして登場(原典では声が甲高いだけで、オネエ口調ではない)し、おはよう忍者隊と敵対している。

とは言っても、おはよう忍者隊と戦うシーンは少なく、ベルク・カッツェとギャラクターの隊員たちのみで進行する話も多い(おはよう忍者隊だけで進行する話もあり、出ないことも多い)。

視聴者の方から実際に届いたハガキの内容に答えるというベルク・カッツェの気ままにBAD MORNINGなるコーナーも受け持っている。


ギャラクターに入る前はバンドをやっていたらしく、本人曰くQUEENとエルトン・ジョンとジョージ・マイケルを足して三で割ったものだったらしい。楽曲には「カッツェにシンドバッド」(「勝手にシンドバッド」のパロディ)というものがある。筋肉質な男性が好みらしく、多くのデータを所有している。


隊員への給料の支払いを渋るほどケチな性格をしており、給料の前払いを迫られた時には原典よろしく脱出ポッドで逃走したことも。

それゆえ原典同様に人望は薄いようで、部下たちには2ちゃんねるでスレッドを立てられたり、彼が敵の携帯電話用ゲームを開発されたりといった扱いを受けている。隊員たちの労働条件が悪いこともあり、中には彼の極秘情報を盗んでそれを手土産におはよう忍者隊に寝返ろうとした部下もいる(極秘情報の中身は前述した男性の写真の大量の切り抜きであった)。また、高台から突き落とされたりしたこともあり、もはや暗殺されかかっているといっても良い状況にあるのかもしれない。


「ガッチャマンクラウズ」編集

ベルク・カッツェ(ガッチャマンクラウズ)

ピクシブ内では「ベルク・カッツェ」というタグは、このキャラを指す場合が支配的になりつつある。


関連イラスト編集

ベルクカッツェ様。222

関連タグ編集

科学忍者隊ガッチャマン


別名・表記ゆれ編集

ベルクカッツェ

































この先は科学忍者隊ガッチャマンのベルク・カッツェのネタバレ


88話ではのローデンベルク刑務所に収監されている男が所持していた写真と焼けてボロボロの記録を南部博士は科学忍者隊に見せた。

写真にはベルク・カッツェと瓜二つでこれまで科学忍者隊を苦しめたギャラクターの女隊長(cv:沢田敏子または此島愛子)の成長記録の写真であり、裏にはベルク・カッツェと書かれていた。

学生時代の記録では知能多数が280であり、我々の知能多数の3倍である天才児であることが発覚。

科学忍者隊は女隊長のことを調べるべく、女隊長の当時のことを知っているハワード教授に会い、1年おきに別の学校へ交互に転校を繰り返していたこと、(ハワード教授の推測によると父親が貿易に関係する人だったのでやむおえなかったのではないか)ハワード教授の話によるとその女隊長の転校先のヒューム教授からの話では普通以下の成績で性別が男だったことを突き止めたが、ギャラクターは口封じのためにハワード教授はミサイルに打ち込まれていまい、刑務所にいる男もギャラクターの刺客により抹殺されてしまう。

最後の手掛かりであるヒューム教授はベルク・カッツェの手により抹殺されてしまった。(この時、ヒューム教授の目の前には女隊長であり、女隊長が乗っていた車にはベルク・カッツェが乗っていた。その訳とは……………)


これにより科学忍者隊は切り札も失い、ベルク・カッツェの正体は行方が掴めず、(この時、ヒューム教授に会う時に科学忍者隊とすれ違ったベルク・カッツェは老人に変装しており、甚平曰くいつものカッツェよりは小さかった。が見たところ、紛れもなく爺さんだと言われている。)真相は謎のままだったが………






































更なるネタバレ(科学忍者隊ガッチャマン)

*ここから先はベルク・カッツェの正体に関すること


102話でギャラクターの鉄獣メカによって、街が破壊され、南部博士からの連絡がなく、テレビでギャラクターの破壊活動を知った科学忍者隊は現場に急行した。

ジョー不在の科学忍者隊はアンダーソン長官に連絡をし、アンダーソン長官曰く、科学忍者隊と連絡が取れたのがやっとのことだった。

一方その頃、南部博士は自身の別荘で何かの資料を読んでいるところでギャラクターによって拉致されてしまった。

カッツェは南部博士を捕まえたことで喜ぶが…

南部博士「そうか。それは残念だ…やっと君の正体を掴んだのに…」

上記の南部博士の言葉で驚いたが余裕そうに振る舞っていた。

助けに来たコンドルのジョーギャラクターの兵器によって、強制変身解除されてしまい、正体がバレてしまうが、他の科学忍者隊の救援によって、形勢が逆転され、ジョーの攻撃により兵器は爆発されてしまい、その爆風でカッツェの仮面は剥がれた。

イケメンに描き過ぎた(汗)ベルクカッツェ

ジョーの正体を暴いたカッツェに今度はジョー自身がカッツェの正体を見るため、顔を見ようとしただが、南部博士はそれを止めた。

南部博士はすでにカッツェの正体を知っているので素顔を見てもどうすることもない。

実は南部博士は88話の一件の後、写真や資料を調べ、独自にカッツェの正体を探り突き止めた。(この回ではベルク・カッツェの正体を探るのに集中したいために、自身の別荘に籠り、科学忍者隊や国際科学技術庁の連絡を断っていた。)

これまで科学忍者隊を大いに苦しめたギャラクターの女隊長の正体もカッツェであることを科学忍者隊に告げた後、衝撃の真実を告げた。

(ギャラクターの女隊長は資料では女カッツェと呼ばれている。)





ベルク・カッツェの正体は男でもなければ女でもなく、一つの体に男と女が入り込んだミュータントである。

本来ベルク・カッツェは男女の双子として生まれるはずだったが、なんらかの手によって一つのミュータントとして、ヒマラヤ山脈麓の寒村で生まれた。

知能多数が高かったのもそのため、南部博士曰く、天才でもなんでもなく、二人分の細胞がある故のこと。

1年ごとに転校したのも幼少期は細胞が安定せず、ほぼ一年ごとに性別が入れ替わっていたため、奇異や嫌悪する世間や人目を避け、隠れるように生きてきた。思春期が過ぎ、成長が安定したころには自分の意思で性別を入れ替えることができるようになっていた。

南部博士もこのことを突き止めたがベルク・カッツェが何が原因でミュータントとしてこの世に誕生したことまでは知らなかった。

素顔のベルクカッツェ

ベルク・カッツェ「フフフフ…フハハハハハ、アハハハハ…」

ベルク・カッツェ「南部博士,科学忍者隊、私の正体が知れて嬉しいか?満足か?」

ベルク・カッツェ「フフフフ…だがお前達には私をどうすることもできない」

ベルク・カッツェ「その通り。私は地球上でただ一人…征服者しなるべく運命として生まれたミュータントだ。」

ベルク・カッツェ「私は地球上でただ一人として選ばれた人間。そして私を選んでくれた神は総裁X

正体が暴かれたベルク・カッツェは女隊長の声と同時に自身を生み出したのは総裁Xであることを科学忍者隊,南部博士に明かした。

この一件で科学忍者隊や南部博士にギャラクターの真の黒幕が総裁Xだということが判明した。

総裁Xの名を呼んだカッツェの周りに風が吹いて飛び散ったガラスの破片を南部博士目掛けたがガッチャマンによって防がれたが光と共に総裁Xが現れた。

総裁Xがカッツェをミュータントとして作ったのは自身の目的のための活動のための手足が必要だったからである。


(ただし、71話で雪男が見たく、ヒマラヤ山脈にやってきたく、正体がわれていなかったことと口任せでギャラクターにスパイとして潜入した燕の甚平は、総裁Xとカッツェの会話を偶然聞き、カッツェより偉い奴がいたことに驚いた。

ギャラクターの鉄獣メカでヒマラヤのギャラクターの基地を叩き出し、他の科学忍者隊が到着した時は甚平とカッツェだけであった。

追い詰められたカッツェは苦し紛れに総裁Xの名を言い、ガッチャマンに仮面を剥ぎ取られたが、総裁Xの強烈な光により、科学忍者隊は気絶をしてしまったところでカッツェは逃げた。甚平ではカッツェの手品ではないかと疑い、ガッチャマンはカッツェのまやかしであってほしいと願い、ゴッドフェニックスで待機し、昼寝をしていたみみずくの竜はこの話を聞いた時、カッツェの集団催眠にかかったと爆笑したが、この件で総裁Xこそが黒幕で支配者だと言うことが明確になった………)










ふたりがひとり、の人

上記の通り、望まぬ姿でこの世に生を受け、奇異の目や揶揄に晒され続けたために強い劣等感を抱き続けてきた。

己の運命を受け入れるためには「自分は選ばれた特別な存在」と信じ、思い込み、それを肯定・証明する必要があった。その意思は正義ではなく悪の道に向けられ、悪の組織ギャラクターの一員となり、類い稀な頭脳を用いて幹部に昇進。

やがて首領の地位に就いた。

この後カッツェは逃亡したが、ガッチャマンこと大鷲の健は上記のカッツェの生い立ちから可哀想という感情により、足止めができなかった。

この時、逃げ走るカッツェはどこか悲しそうな姿だった…………

(劇場版ではカッツェの誕生シーンが描かれていたが、102話のシーンはカットされた。)
















  




結末(科学忍者隊ガッチャマン)104〜105話


終盤で総裁Xの故郷であるアンドロメダ星雲の中にあるセレクトロ星が既に消滅していたことを知り、総裁Xは今までにない焦りと戸惑いを見せ、彼の夢と希望もなくなってしまった。

そのことにカッツェはセレクトロ星が総裁Xの出身地であったことにも知らず、「たかが星の一つ二つが消えたからってどうということもない」と言い、総裁Xの故郷が滅ぼされて愕然とした時も「ブラックホール作戦が成功すれば地球が手に入るから良いではないか」と言った。

故郷が滅び、絶望した総裁Xは用済みとなった地球をセレクトロ星と共々道連れにすると言い、ブラックホール作戦を続行すると言った。

カッツェは話が違うと言ったが、総裁Xは「この作戦が上手くいけば全世界はギャラクターに降伏し、その時にはカッツェに地球を支配してやる」とカッツェに訂正した。(総裁Xの真の目的により彼の手で大宇宙から永遠に消し炭にされる恐ろしい作戦とも知らず………)

ベルク・カッツェはブラックホール作戦を成功し、全世界が降伏すれば、地球はギャラクターの物になると思い、はしゃいでいた。

全世界が降伏した時のためのセリフを考えていたが、

本部に乗り込んだガッチャマンにブラックホール作戦を中止しろと言われたが、科学忍者隊に降伏しろと言ったことでガッチャマンの怒りを買い、やられてしまった。(この時のガッチャマンはジョーレッドインパルス達の犠牲と、カッツェの降伏すれば見逃すと言うことに今までの戦いの苦しみや悲しみと怒りが露わになった。)

総裁Xに助けを求めるが、総裁Xは科学忍者隊に無駄な足掻きはするなと言い、ブラックホール作戦によって地球は消えることを言い、カッツェは約束が違うと言ったが…

p
総裁X

総裁X「くれてやる…粉々になり、宇宙のチリとなった地球をな。ハハハ」と言われ、騙されていたことにカッツェは愕然とする。

総裁Xは何故地球に来たのかをカッツェに伝え、総裁Xは帰るはずだった星が消えてしまい、その真相を探るべくアンドロメダ星雲への帰還すること,用済みとなった地球を総裁Xの故郷と同じく消し炭すること,計画が変更したことをカッツェに言った。

最終的にカッツェに見限りと礼の言葉を残し、カッツェは総裁Xに駆け寄るが、総裁Xは爆風と共に地球を去った。


ベルク・カッツェ「総裁、私は何の為に貴方の力でミュータントにされたのですか? こんな結末を迎えるなら私は人間でいたかった。」


ベルク・カッツェ「私は人間でいた方が幸せだったのです。総裁X様ぁ~」


上記の生い立ちもあり、自身も知らなかった総裁Xの作戦や見限られたことによりカッツェは悲しみの涙を流し絶望した。

科学忍者隊がブラックホール作戦の装置を破壊するが爆発してもまた別の歯車が動いてしまうため無理であり、カッツェは…


ベルク・カッツェ「うわははははは… ははははははははは…」


ベルク・カッツェ「無駄だ科学忍者隊。その機械は止まらん。」


ベルク・カッツェ「私は総裁の言葉を信じて制御装置を付けなかったのだ。」


ベルク・カッツェ「ハハハハ、滅びろ~! みんな滅びろ~! わあぁぁぁ~~~」編集

地球消滅が止められないと思い込み、絶望したカッツェは自暴自棄になり、制御装置がないことを科学忍者隊に告げ、己が身を呪う発言をしながら最後はマグマへとその身を投げ出す。(なおこのブラックホール作戦に使用した装置は前回のコンドルのジョーがカッツェとの対決で彼が投げた羽手裏剣が装置に入り込んだことにより、歯車と絡み合ったことで阻止することができた。)

(劇場版では甚平は「結局ギャラクターは自分で自分の首を絞めたんだな」と言うセリフが追加された。)
























余談


上記の通り、悲しい生い立ちから残酷な運命や最後のこともあい、ある意味おはよう忍者隊のベルク・カッツェは救われている。(おはよう忍者隊の最終回ではカッツェのスッピンに白鳥ジュンは褒めている。ただし当の本人はガッチャマンの前にスッピンの姿で見せず、スッピン見られるくらいだったら世界征服なんでどうでもいいと言った。)















  


真の関連タグ


あしゅら男爵 ハイネスデューク_ラセツ :こちらも一つの体に男女の性別を持っていること、敵組織の幹部が共通している。ただし、ベルク・カッツェとは違い常に男女の性別の2つの人格を持っている。


ムルムクスモン :こちらもカッツェ同様、姿 自由自在に変化することができる敵キャラクター。

ただし、こちらは劇場版のラスボスであり、姿を自由自在に変化する点は変身能力に近い。


ズ・ザンバジル:中の人繋がり。


天空大聖者マジエル:パワーレンジャー・ミスティックフォースで女カッツェの声を演じた沢田氏が吹き替えをしている。

関連記事

親記事

ギャラクター ぎゃらくたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1039527

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました