ピクシブ百科事典

アスペルガー症候群

あすぺるがーしょうこうぐん

アスペルガー症候群とは、知的障害を伴わないが興味・コミュニケーションについて特異性が認められる『自閉症スペクトラム』の一種で、5つある『広汎性発達障害』のグループの1つに分類される。
目次[非表示]

概要

オーストリア小児科医であるハンス・アスペルガー医師が、1944年に提唱した、知的障害を伴わないものの興味・コミュニケーションについて特異性が認められている『自閉症スペクトラム』と呼ばれる発達障害の一つで、提唱したアスペルガー医師の苗字からとって「アスペルガー障害」と名付けられた。
「知的障害を伴わない自閉症と説明されることもある。

前年にアメリカ精神科医であるレオ・カナー医師が、早期乳幼児自閉症に関する論文を発表し、彼の論文がその後に長く英語圏の国々において影響を持つようになったため、アスペルガー医師の論文には当初、関心が少なかった。
そのため、発症の理由についてカナー医師は家庭環境が原因であるとしたため、長らくそう認識さてていたが、近年は先天性のものであることが判明している。
精神医学の世界ではアスペルガー症候群という言葉をなくして自閉症スペクトラムの一部として扱おうとする動きもある。

障害とは言っても、あくまでも少数派な性格を持った人という程度であり、決して精神疾患のようなものではなく、知性・理性を共に有しており、反社会的なことを反社会的だと認識する能力もしっかり持っている。
ただ、自閉症と同様に、生まれつき目が見えなかったり耳が聞こえなかったりなどの身体的障害と同じく先天的なものであり、外部ファクター(親の育て方や学校での教育、周囲の環境など)によって引き起こされるものではないので注意。

特徴

特定の分野に対して強い興味を持ち、その分野については驚異的なまでの集中力と知識を持つ。
そのため何か一つのことに集中したり、規律や予定を守って行う作業が比較的得意とされている。
その反面、二つ以上の作業を同時にこなすなどは苦手で、予定の急な変更などによる柔軟な対応ができず、パニックに陥ることもある。

他の特徴としては、人とのコミュニケーションにおいて、相手の発した言葉の裏にある本音を察することが出来ず、言葉をそのままの意味で受け取ってしまうため、冗談や例え話を真に受けてしまいやすい。
また、感覚過敏で日常生活に支障をきたす例もある(音や匂いに敏感すぎる、他人に触れられることを異常なまでに嫌うなど)。

これらの特徴ゆえに「空気を読む行為が苦手」「細かい部分に拘る(全体最適より部分最適に拘る)」「考えが偏っている(特定分野に専門化している)」「感情表現が困難」等とされている。
また、興味ある特定の分野においては高い成果を上げることも少なくないため、アスペルガー症候群なら何か特技があるはずという誤解も生じている。

軽度なら他者とのコミュニケーション以外では生活を送る上で大きな支障は無いが、重度なものだと「電話をかけながらメモが取れない」 「券売機で切符が買えない」など一般人が出来る普通の行為が出来ない障害を持っていることもある。

放っておくとうつ病強迫性障害といった二次障害を引き起こす危険があり、イギリスの患者を対象とした臨床コホート研究による報告によると、アスペルガー症候群を持つ成人は、一般成人の9倍以上自殺リスクがあり、社会的孤立や排除、失業等で二次的うつ病の危険因子を生ずることが多く、自殺リスクを低減するための適切なサポートが必要であると言う。

遺伝性が高いとされており、社会におけるアスペルガー症候群とされる人の割合は、100人に1人とも1000人に1人とも言われ、10000人に5人という説もあり、男女比では男性に多いとされているが、診断が難しく各調査機関によって割合の数字がかなり変わる。
また、特徴があってもADHD(注意欠陥・多動性障害)との合併であったり、軽度で気づいていない人や精神疾患と誤診されている人などもおり、明確な把握が出来ていない状態である。

本人に自覚がない場合も多く、周りが当たり前のように出来ることが自分にはどうしても出来ず(上述の特徴が原因で)、そのせいで周囲から責められるなども原因となって思い悩み、自身も出来ない原因が解らず自己嫌悪に陥ってしまうことがある。

対応

職場では適応障害を起こすことがしばしば見られ、これは上述した『コミュニケーションの特異性』 『同時並行に複数の業務をこなすことが出来ない』 『急な変更にうまく対応できない』 『細部に注意が集中し全体像把握が苦手』等のためであり、それらの性質からアスペルガー症候群を持つ成人は、接客やチームワークを必要とする仕事には元来向いていないとされる。

アメリカの大部分の調査結果によると、アスペルガー症候群の成人の75~80%がフルタイムの仕事に就いておらず。アスペルガー症候群を持つ成人に必要な職場での支援は、『スケジュールや手順を明示する』 『指示代名詞を使わない』 『複数のことを同時に頼まない』 ジョブコーチをつける』などがある。

日本において

アスペルガー症候群の特徴を持った人は昔から存在していたとされるが、戦時以前の日本では特に問題にされなかった。
その主な要因として、当時の日本人の生活習慣や、教育機関の在り方、主な職業社会形態が、アスペルガー症候群の特徴を持った人であっても負担にならず問題なく過ごせる環境であったためとされている。

日本でアスペルガー症候群が報道などで取り上げられ、問題視されるようになったのは近年からであり、現代では戦時以前と比べて学校の拘束時間が長くなり、仕事では一人で黙々と行えるような専門職が少なくなったことで、集団生活を強いられそこに上手く溶け込めないことが原因とされている。

アスペルガー症候群の診断を受けた著名人



余談

一部では、インターネットではアスペルガー症候群に対する認知が進んでいるとは言えないとも言われている。
前述するように、アスペルガー症候群の人間は対人コミュニケーションが苦手であったり、空気が読む事が苦手であったりするケースが多い。

しかし、ネット上では対人コミュニケーション能力の欠如の部分だけが一人歩きしてしまっているとされ、原義の「アスペルガー症候群もしくはその患者」の事ではなく空気が読めていない」「文章の理解力が著しく低い」とするユーザーに対するレッテル貼りに使用される事が多いのが現状であるという。

アスペルガー症候群患者への風評被害であり、褒められた用法ではないだろう。

関連タグ

自閉症 高機能自閉症 発達障害

アダルトチルドレン:同様に誤解と風評被害が多い現状。そうした批判を恐れてメディアから使われなくなってきた言葉でもある。

pixivに投稿された作品 pixivで「アスペルガー症候群」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 506654

コメント