ピクシブ百科事典

機甲創世記モスピーダ

きこうそうせいきもすぴーだ

タツノコプロが制作したロボットアニメ作品。
目次[非表示]

概要

超時空要塞マクロス』のアニメ制作を担当したタツノコプロが製作した作品であり、『マクロス』とは共通点が多い。
その一方で、ロードムービー的なストーリーやバイクからパワードスーツに変形し、騎手に装着する「モスピーダ」などの独自点も多く差別化もされている。

1983年10月から1984年3月にかけて、フジテレビ系列の一部にて放送された。(殆どの地域が時差遅れネット)

関東キー局の裏番組が藤子・F・不二雄(当時は藤子不二雄名義)原作のパーマンだった事もあり、全3クールの予定が短縮打ち切りとなった為、放送当時の人気は今ひとつではあったが、その独自の特徴から固定ファンも多く、関連商品が続々と発売されるなど人気をじわじわと伸ばしている。(本放送当時を揶揄し、「パーマンの6600倍の力に敵わなかった」と言う人も居た。)

オープニング/エンディングアニメーションと第1話の導入部の作画に関しては故:金田伊功氏が参加している。

また、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)として 1985年9月21日にビクター音楽産業株式会社(現社名:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント。当時定価3,360円。商品番号:VDR-1086 )より『 機甲創世記モスピーダ LOVE ,LIVE ,ALIVE 』が発売された。イエローのミュージック・ビデオとしての内容で、ごく短時間ながら新作画フィルムあり。

ちなみに、海外では『ロボテック』シリーズの一つとして『マクロス』と『超時空騎団サザンクロス』と一纏めにされている他、2007年には最終話のリメイクと言えるOVA「シャドウ・クロニクル (影の年代記)」も発売されている。

お蔵入りした幻のエピソード

前述した話数短縮打ち切りの影響でお蔵入りしたエピソードがあった。
それは、終盤登場した無人機のダークレギオスが暴走し、民衆や避難民に犠牲者が生じるもので、70年代の竜の子ヒーロー諸作品で問題提議のエピソードが多数あり、久々に竜の子らしいエピソードだっただけにお蔵入りが悔やまれる。

余談

次番組は後にOVA「メガゾーン23」として世に出たバニティシティ・ガリヤードが予定されていたが、スポンサーを予定していたタカトクトイスの経営悪化(結局1984年5月に倒産)で敢え無くお蔵入りとなった。

関連イラスト

モスピーダ&レギオス&トレッド
はんぐおん


アーマーバイク
レギオス・ゼータ



関連タグ

モスピーダレギオス
超時空要塞マクロス超時空騎団サザンクロスタツノコプロシャドウ・クロニクル (影の年代記)

GetRide!アムドライバー:モスピーダよりも後年に放送されたアニメ。様々な部分で類似性がある。

関連記事

親記事

タツノコプロ たつのこぷろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「機甲創世記モスピーダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177469

コメント