ピクシブ百科事典

フォートナイト

ふぉーとないと

エピックゲームズが販売・配信するアクションビルディングゲーム、サードパーソン・シューティング、バトルロイヤルゲーム。
目次[非表示]
  • 1 概要
  • 2 世界を救え
  • 2.1 ストーリー
  • 2.2 クラス
  • 2.3 対応プラットホーム
  • 3 バトルロイヤル
  • 3.1 ソロ
  • 3.2 デュオ
  • 3.3 トリオ
  • 3.4 スクワッド
  • 3.5 チームランブル
  • 4 チャプター2からの大きな変更点・新機能
  • 5 チャプター1
  • 5.1 シーズン1
  • 5.2 シーズン2
  • 5.3 シーズン3
  • 5.4 シーズン4
  • 5.5 シーズン5
  • 5.6 シーズン6
  • 5.7 シーズン7
  • 5.8 シーズン8
  • 5.9 シーズン9
  • 5.10 シーズンX
  • 6 チャプター2
  • 6.1 シーズン1
  • 6.2 シーズン2
  • 6.3 シーズン3
  • 6.4 シーズン4
  • 6.5 シーズン5
  • 6.6 Chapter2と1の繋がり
  • 7 ワンタイムイベント
  • 7.1 チャプター1 ワンタイムイベント
  • 7.2 シーズン3
  • 7.2.1  隕石落下
  • 7.3 シーズン4
  • 7.3.1  ミサイル発射
  • 7.4 シーズン5
  • 7.4.1  巨大キューブ
  • 7.5 シーズン6
  • 7.5.1  バタフライイベント
  • 7.6 シーズン7
  • 7.6.1  アイスストーム
  • 7.6.2  年越しイベント2019
  • 7.6.3  マシュメロイベント
  • 7.7 シーズン8
  • 7.7.1  保管庫開放、火山噴火
  • 7.8 シーズン9
  • 7.8.1  ファイナルショーダウン
  • 7.9 シーズン10
  • 7.9.1  ジ・エンド
  • 7.10 チャプター2 ワンタイムイベント
  • 7.11 シーズン1
  • 7.11.1  STARWARS〜スカイウォーカーの夜明け〜コラボイベント
  • 7.11.2  年越しイベント2020
  • 7.12 シーズン2
  • 7.12.1  Travis Scottコラボイベント
  • 7.12.2  ザ・デバイス
  • 7.13 シーズン3
  • 7.13.1  米津玄師コラボイベント
  • 7.14 シーズン4
  • 8 コラボ
  • 8.1 アイコンシリーズ
  • 8.2 DC
  • 8.3 マーベル
  • 8.4 スターウォーズ
  • 9 関連タグ
  • 概要

    Epic Gamesが販売・配信するバトルロイヤルTPSアクションビルディングゲーム。
    対応プラットフォームはPCプレイステーション4XboxOneiOSニンテンドーSWITCHである。

    プラットフォームに制限はあるが購入することでプレイできる「世界を救えモード」と、全てのプラットフォームで無料プレイ可能な「バトルロイヤル」モードと、島を作ることが可能な「クリエイティブ」モードが有る。

    eSportsが盛んでアメリカのプロゲーマーNinjaが2018年4月末に主催したNinja Vegas 18ではプロアマ混合で大会が行われた。ゲーム実況配信サイトのTwitchで行われたこのイベントの実況中継は66万7000人という最多同時視聴者記録となった。

    世界を救え

    ストーリー

    前触れもなく発生したストームにより、世界人口の98%が消滅…そしてモンスターが姿を現す。

    最大四人のプレイヤーで協力し、生存者を救い、モンスターの群れを阻止するため、世界に残ったヒーローを導け。
    自由度無限大の広大かつ破壊可能なワールドで、かつてない冒険が始まる。

    ゲームジャンルはタワーディフェンス

    また、その中のとあるボスがバトロワのFORTNITEMARE 2019に出演した。

    クラス

    使用できるクラスは四つ。
    ソルジャー、アウトランダー、コンストラクター、ニンジャ。
    どれも違うのでしっかりと覚えると素早く展開が進められる。

    現在はβ版であるため有料ではあるが、後に無料になるとのこと。

    対応プラットホーム

    PC、PS4、Xbox、Windows、MACで対応。
    NintendoSwitch、iOS、Androidは非対応。
    残念ながら公式は非対応3機種には実装しないとのこと。だが、なんとSwitchに世界を救えを対応させるとのアナウンスが入った。

    バトルロイヤル

    5.5k㎡もある広大な島にて戦うPvPモード。
    ソロ、デュオ、スクワッド、チームランブルのモードがある。
    ・・・がChapter2にて島が変わりおそらく広さが変わったため分かり次第それ用に入力する。

    ソロ

    99人のプレイヤーと対戦、最後の一人になるまで戦え。

    デュオ

    フレンド、または野良とタッグを組んで98人とのプレイヤーと戦う。
    ソロとは違い体力が0になってもダウン状態になる、この状態なら助けることが可能。

    トリオ

    フレンド、または野良と隊を組んで97人とのプレイヤーと戦う。
    デュオやスクワッドのようにダウン状態がある。

    スクワッド

    フレンド、または野良と隊を組んで96人とのプレイヤーと戦う。
    こちらもダウン状態があるが、人数が多い分フォローが効きやすく、助けられる確率がアップする。

    チームランブル

    フレンド、または野良と隊を組んで敵チームに勝つ。
    デュオ、スクワッドとは違いダウン状態は存在せず0になれば即死亡。
    違うところはリスポーンがある事と死亡した際に武器をロストしない。
    敵を倒した際、弾薬と資材をドロップするので弾薬と資材には困らない。

    他にも特定の日に開催される競技や期間限定モードもある。

    チャプター2からの大きな変更点・新機能


    マップ
    大きく変更された場所と言えばまずはマップ、Chapter1のころと比べると激しい起伏が少なくなった。そしてRPG要素が入り現地に行くことで詳細が分かるような形となった。

    テクスチャ
    テクスチャが大きく変更されより鮮やかに。

    水泳
    遂に泳げるようになった。Chapter1で見た目だけの池や川の浅瀬だけだった場所がしっかりと深さが作られるように、他のゲームと違って泳いでいる最中でも撃てるし建築できる。

    武器の変更
    全体的な武器が変更された。レア以下のポンプショットガンは武器自体が変更されたり、早期リリース時のシーズン3を彷彿とさせるラインナップになった。

    初期スキンの服装変更
    長袖になりソルジャーからレンジャーっぽくなった。
    その上男女合わせて4人ほどの新規初期スキンのキャラが増えた。

    ティアの方式
    フリーパス、シーズンパスのティアを上げる方法がバトルスターではなく他のゲームと同じくXP方式に変更された。戦うだけでぐんぐんレベルが上がるようになったため生き残るだけでも大きな意味を持つようになった。

    ダウン
    ダウン状態は今まで通りだが、泳いでいる最中にダウンするとなんと浮き輪をするようになる。

    釣り
    釣りが出来るようになった、釣りスポットで釣りをすればエピックやレジェンドの武器が弾薬込みで釣れたり、回復が凄まじい魚2種類が釣れる。

    ハイドアウト
    ゴミ箱、藁の山に隠れることが出来るようになった、隠れる際は大きな物音がするが、隠れている最中は一切音を立てない、しかし長時間隠れていると多少揺れるので注意、あとこの間は一切攻撃を受け付けない
    多分この機能がブッシュが保管庫行になった直接的な原因

    アップグレードベンチ
    強い武器が欲しいのに全然見つからない、そんなあなたに朗報です。
    このベンチがあれば必要な素材数を消費するだけで一段階アップグレード!

    担ぎ
    ユーザーが一番待っていたであろう機能、味方を担いで安全な場所まで移動し回復させるということが可能になったり
    なお敵味方問わず担ぐことが出来るので、敵を担ぎ高いところから投げて倒すという芸当が可能になった。

    メダルパンチ
    計八つのメダルが追加された。資材を集めたり、生き残ったり、宝箱やラマを開けるだけでXPが貰えるようになった。

    アチーブメント
    特定の条件を満たすと解除することが出来る機能。計14種類。

    チャプター1

    記念すべき、フォートナイトの原点。

    シーズン1

    ザポトロンなどの強武器があったり、建築が弱かったり、宝箱が少なかったりしたシーズン。
    原点中の原点。

    シーズン2

    バトルパスが初導入されたシーズン。宝箱の数も全体的に増えた。
    また、ティルデット・タワーなどの激戦区が追加されたシーズンでもある。

    シーズン3

    日本語版が配信されたり、マップの色が濃くなったり、色々とあったシーズン。
    シーズン終盤では、マップの様々なところに隕石が落下した。
    この隕石が、あの大事件の火種になろうとは、誰も思っていなかっただろう…

    シーズン4

    巨大隕石の落下により、マップがかなり変わったシーズン。
    マップ中央のダスティ・デポダスティ・ディポットに変わったなどのいろいろな変更がされている。
    また、シーズン中盤にてあの訪問者が訪れる。

    シーズン5

    裂け目からドリフトの登場や、マップの右下が砂漠へと変わりパラダイス・パームズが追加されたり、様々な場所に裂け目が発生したシーズン。
    ビジターが作り出した、巨大な裂け目は巨大なキューブを形成し、跡形もなく何処かへと消え去った。
    ワンタイムイベントは合計で9回くらいあった。

    シーズン6

    リーキーレイクからキューブが再形成。再形成されたキューブは浮島と化し、様々な場所を渡り歩いた。また、カラミティやフェーブルなどの人気スキンもこの際に登場。あの鬱陶しいデビルもこの際初登場である。

    シーズン7

    マップ左下が凍りつき、またキューブによる事件もひと段落ついたシーズン。
    マップ左下にはインフィニティ・ブレードが封印されていたポーラー・ピークがあった。
    また、プリズナーが封印されていたようだが…?
    シーズン終盤にて、複数の場所で小型地震が発生。シーズン8への伏線となる。

    シーズン8

    マップ右上が火山となり、埋まっている宝箱が記している地図が今シーズン限定で登場。また、シンギュラリティやゼロポイントの実質的な初登場シーズンでもある。
    あと保管庫開放によりドラムガンが復活した。

    シーズン9

    近未来化したシーズン。コンバットショットガンなどの追加やティルデット・タワーなどの前に崩壊した二つのロケーションがネオ・ティルデット、メガ・モールとなり復活。
    シーズン最終盤では遂に、ゼロポイントが膨張を始める。

    シーズンX

    チャプター1、最後のシーズン。
    剥き出しとなり、暴走を始めたゼロポイントや、マップへ帰還したビジター
    そこに突如として現れる彼らに良く似た人物たち。
    実験により変わりゆくマップ。
    そこに現れた、サイエンティスト、パラダイム。
    そして、彼が所属しているセブンという組織。
    それらが鍵となった、チャプター1、ラストシーズンである。
    バトルパスも過去シーズンで人気だったスキンたちをリメイクさせたようなスキンが沢山存在していた。
    あとチャレンジがめんどかった。

    チャプター2




    2019/10/15の午後4時にダウンタイム発生、ついにChapter2がリリースとなった。

    シーズン1

    新しい島からスタートした最初のシーズン。秋から始まったため、シーズン7以来の大雪やカウントダウンのイベントが発生。スターウォーズとのコラボが来たが、あまり評判は良くなかった。
    そして、長かった。

    ストーリー的な面ではチャプター2にて、今現在まで存在が引きずられている「Ego」、「Alter」が初登場。
    「Ego」と「Alter」による全面戦争へと我々プレイヤーは巻き込まれていくのであった。

    シーズン2

    「シャドー」(元Alter)vs「ゴースト」(元Ghost)の二大勢力の対立に、スパイが暗躍するシーズン。中央の島、ダーティー・ドッグスの下、地図の端にそれぞれが拠点とする施設が追加。デッドプールとのコラボが来て、デッドプールもちょっとだけ関わっている。
    また、チャプター2のはじめてのストーリー関連ワンタイムである。

    そして、「ゴースト」に所属していたマイダスの実験により世界は着実に動き始めた。
    チャプター2にて、「ループ」。
    1で重要となっていたこの単語が再び出てきたのもこのシーズンであった…




    シーズン3

    マイダスが起こしたザ・デバイスの影響により変貌した世界が描かれているシーズン。マイダスが統率していたザ・エージェンシージュールズが統率するザ・オーソリティに変化(シャドー基地)、またそれ以外の基地もザ・ヨットを除き全て水没、マップ左下にオーシャンが統率するザ・フォーティラーが追加(ゴースト基地)、ニャッスルがいた段ボール工場が彼の子供であるキットの基地であるキャティー・コナーに変化した(未所属)。前回と同様にアクアマンとのコラボが開催。
    シーズン途中から、新ロケーション「コーラルキャッスル」が登場。
    何気にシーズン途中でキャプテン・アメリカが現れてる。

    ストーリー的な変化では、
    時間の経過により、徐々に海の面積は減り出していた。
    また、途中でコーラルキャッスル付近で「宇宙船」が墜落。
    また、コーラスキャッスルに住み着いていたであろう一族により「核実験」が行われてしまった。
    そして終盤ではどこかで見たような裂け目が発生し…





    シーズン4

    MARVELとの本格コラボ。
    前シーズンの終盤からマイティ・ソーが現れ、フォートナイトの世界を食い尽くそうとするギャラクタスを阻止すべく、異世界のヒーローやヴィランを召喚。また、マーベル関係の世界の一部が新ロケーションとしてフォートナイトの世界に続々と呼び寄せられ、グルートシルバーサーファーの能力を得られるアイテムの追加。
    さらに、プレザント・パークが「Dr.ドゥーム」に支配されドゥームドメインへと変化する。
    その後、ギャラクタスの刺客であるゴージャーが現れ、ソーの陣営からはトニー・スタークが発明したとある装置により、フレンジー・ファームが彼が経営しているスターク・インダストリーズへと変化。
    その影響で島の大半がマーベル一色と化した。
    また、かつてこの世界で猛威を奮っていた彼ら、シャドーとゴーストの両陣営の基地は閑散状態となり、それぞれのヘンチマン1体を除き、撤退した。
    その後、ウルヴァリンがウィーピングウッズ、もしくはスラーピースワンプへと召喚される。
    その後、ブラックパンサーのスーツやストームの能力を得られるミシックアイテムが召喚され、またギャラクタスは徐々に、このフォートナイトの島へと近づき始めていた。

    この混沌のような状況に応じ、マイダスも再び参戦。
    しかし、今回の彼は何かがおかしいようで…。

    更に、マイダスの仲間という設定でDCの世界に存在しているジョーカーが参戦。

    世界はどんどん混沌を極めて行くこととなる…。













    決戦終了。 ヒーローの皆さん、ギャラクタスさんお疲れ様でした。






































    シーズン5

    それは突如として始まる、ゼロポイントによる始まりの物語。

    今シーズンのストーリートレーラー中にて、ジョン・ジョーンズがギャラクタスを追い返したことを感動しながら始まる。
    も、それによりゼロポイントが浮き彫りとなる。

    ループを脱出するにはゼロポイントからのアクセスが必要なようである。
    が、この世界のループから解き放ってはならない。
    そう考えたジョン・ジョーンズの組織はジョン・ジョーンズを送り出し、ゼロポイントの制御を行うことにする。

    ジョン・ジョーンズはこの期にループから逃げ出そうとするスキンを狩るため、
    賞金稼ぎ ワイルドハート朝食サイコパスのんき野郎戦士 、その他もろもろを彼らのいる世界から呼び出し、フォートナイトの世界へと向かっていった。

    それと同時に島にNPC達が追加される。

    さらに、それと同時にも動き出したようだが…?

    あの組織、にこの状況を勘づかれない為に。

    再び、あの惨劇を起こさぬように。





    Chapter2と1の繋がり

    さて、実はなのだが。
    Chapter2の世界にはChapter1のロケーションの残骸が結構ある。

    例を挙げるとすると、島の右下にある小さな孤島。
    あそこにはTT(ティルデット・タワー)にあった壊れた時計、サニー・ステップスに存在していた遺跡のあの変な石柱がある。
    もう一つ、例を挙げるとすると、
    Chapter1に存在していたレイジー・ラグーンと言うロケーションとルート・レイクというロケーション。
    Chapter2にはこの二つを混ぜたようなロケーション、レイジー・レイクが存在している。
    レイジーレイクの周辺には池が存在しており、
    また、レイジー・リンクスというレイジー・ラグーンに変わる前のロケーションと同じようにレイジーレイクは基本的に高級そうな建物がたくさん建造されている。

    さて、これはDonald Mustard氏が発言したことなのだが。
    彼は 「Chapter2はChapter1のゼロポイントを利用して再構築した世界だよん」 ということをとあるライブ中に言っていた。

    The Endの際に爆発したゼロポイントはChapter1の世界をChapter2に再構築したというわけである。
    考えてみれば、かつての名残のように島が基本的に同じ形だったり、ソルティ・スプリングスリテイル・ロープレザント・パーク(現在はドゥーム・ドメイン)のようにChapter1の時点から全く変わっていないロケーションがあったのもそれが理由だろう。

    また、ギャラクタスもThe Endの際のゼロポイントのパワーを感じ取ってマップに迫ってきてるようで、
    ギャラクタスが動き出してから約1年1ヶ月ほどかかって現在の世界に辿り着くこととなる。
    (ギャラクタスやべえ)

    シーズン5にて、マップにチャプター1の要素がさらに強く出るようになった。
    ゼロポイントが浮き彫りになるにつれて恐らく、チャプター1の要素も強くなっていくということだろう。
    多分。

    ワンタイムイベント




    ストーリーのネタバレが含まれいます。
    考察などで使う際は、気をつけましょう。










    チャプター1 ワンタイムイベント


    シーズン3

    隕石落下

    シーズン3の終盤から時々落ちていた隕石が落下してプレイヤー達の世界が隕石により崩壊すると言う内容のイベント。最後はダスティデポに巨大な彗星が落下し、ワンタイムイベントは終了した。

    シーズン4

    ミサイル発射

    ビジターが起こしたワンタイムイベント。
    ミサイルが悪党の基地から発射され、様々な場所に裂け目を作り出し、様々な場所を破壊していきながらティルデット・タワーへ激突しかけるも、突如発生した謎の裂け目により転送。
    最後にはルート・レイクの上空に巨大な裂け目を作り出し、ワンタイムイベントは終了した。

    シーズン5

    巨大キューブ

    ルートレイク上空に出現した裂け目が、突如巨大な落雷を発生させ、更にそこに巨大なキューブを生成した。中央の裂け目はこの時に消えてしまった。
    キューブが様々なものを破壊しながら突き進み、ルートレイクの中に沈んだイベント。
    この際、ルートレイクがリーキー・レイクに変わり、湖の水が紫色に変化してしまった。

    シーズン6

    バタフライイベント

    浮島がルートレイクで破裂したイベント。
    破裂した際に、プレイヤーは白い世界に送られ、そこにいた謎の蝶によりマップへ戻されるのであった。

    シーズン7

    アイスストーム

    氷から目覚めたアイスキングが、冷気によりマップ一面を凍り付かせ、雪景色に変えてしまったイベント。更にアイスデビルもこの際復活してしまった。

    年越しイベント2019

    2019年を皆で迎える新年のカウントダウン。
    裂け目から紫色の球体が呼び出された後、カウントダウンとともにディスコボールへと変化。
    最後には 2019 と映し出され終わった。

    マシュメロイベント

    マシュメロとのライブイベント。初のライブイベントである。


    シーズン8

    保管庫開放、火山噴火

    保管庫入りの6つのアイテムをその中から一つ選び、復活させることができるイベント。
    ゼロポイントの近くにはなんとシンギュラリティのヘルメット、ドリフトのラジカセなどがあった。
    また、その直後火山が噴火。
    ティルデット・タワーやリテイル・ローの破壊や、怪物を目覚めさせたあの噴石も発生してしまう。

    シーズン9

    ファイナルショーダウン

    題名を日本語訳すると「最終決戦」。
    ポーラーピークから解き放たれた怪物、プレザントピークで建設されていたピンクのメカクマちゃんの戦い。このイベントにより、ゼロポイントが剥き出しとなってしまう。
    また、ストーリー関連のワンタイムが5分以上するようになったり、bgmがついたりした。

    シーズン10

    Sevenが島に収集され始めている。

    計画の実行まで

    そう遠くはないだろう。

    ジ・エンド

    これが終わりとなるだろう」。



















































    ・・・・・・

    ・・・・・・

    ・・・・・・

    ↑↑↓↓←→←→○×、R3とOptionボタン同時押し(PS4)

    ↑↑↓↓← → ← → B A Enter(PC)

    ↑↑↓↓← → ← → B A +(Switch)

    ※このコマンドはブラックホールの画面の間でもちょっとしたミニゲームが出来るコマンドでした。

    ...... 11

    ...... 146

    ...... 15

    ...... 62

    ...... 87

    ...... 14

    ...... 106

    ...... 2

    ...... 105

    「I was not alone.」

    「Others were outside the loop.」

    ・・・・・・

    ・・・・・・

    ・・・・・・

    ...... 69

    ...... 146

    ...... 15

    ...... 36



    ...... 2

    ...... 176

    ...... 8

    ...... 160

    ...... 65

    「This was not calculated.」

    「The moment is now inevitable.」

    01100001 01101110 01100100 00100000 01110100 01101000 01100101
    00100000 01100010 01101100 01100001 01100011 01101011 00100000
    00101000 01101111 01101100 01100101 00100000 01110011 01110000
    01101111 01101100 01100101 00100000 01101000 01100101 01110011
    00100000 01101110 01100001 01101101 01101101 00111010 00100000
    01010100 01100101 01110010 01110010 01100001 00110111 01100011
    01100101

    チャプター2 ワンタイムイベント


    シーズン1

    STARWARS〜スカイウォーカーの夜明け〜コラボイベント

    開演が4:00だと思われていたのだが、開演時間は4:12へと延長されてしまった。
    理由はログインができないプレイヤーがかなり多かったからである。
    だが、開演時間を過ぎても修正をすることはできなかった。
    なので、お詫びとしてグライダーを全員に配布することになったのである。
    ワンタイムイベント自体は内容がかなり薄く、監督とストームトルーパーがほぼイチャイチャしてるだけのワンタイムイベントとなってしまった。
    その後、ライトセーバーが追加されたが…ぶっちゃけ、良いものではなかった。

    年越しイベント2020

    シーズン7の時にも一度やっていた年越しイベントが再臨。
    最後には 2020 と映し出され終わった。
    スターウォーズコラボイベントよりも良かったイベントな気が…

    シーズン2

    Travis Scottコラボイベント

    マシュメロ以来のライブイベント。ライブ開始前より謎の星が島に接近。そして、ライブが始まると星がライブ会場からはっきり見えるところまで接近。
    そこから、光が現れ、海に着地したと同時に巨大なTravis Scottが登場し、ライブが開始。
    これを5回やった。



    ザ・デバイス

    2020/6/13 3:05

    マイダスはストームを打ち破れるのか。
    今、彼の究極の計画が動き出す。
    みよ、新たなるフォートナイトの幕開けを!!
    (この後、マップは水没しちゃいます☆)



    シーズン3

    (ワンタイムイベントかは怪しいのですが、一応記載。)

    米津玄師コラボイベント

    マシュメロやTravis Scott以来のライブイベント。巨大なスクリーンがあり、その中でライブが開始された。



    しかし米津玄師のイベント以外は特に何もなかった。ただ、強いて言えばリンゴと喧嘩した。

    シーズン4


    世界を貪るもの
    2020.12.02
    6:10 ~

    ギャラクタスが、遂に島へ襲撃を開始してしまった。
    ギャラクタスは待機島をぶち壊し、ゼロポイントを見つけ出す。
    ゼロポイントの食らい出すギャラクタス。

    そこに突如として駆けつけるアイアンマンたち、ヒーローやヴィラン。
    改造されたバトルバスを使い、ギャラクタスのドローンであるギャラザーを破壊してゆく。

    が、それだけでは止められず。
    ソーの協力を得てギャラクタスの右手を渡ってゆくこととなる。

    右手を渡ってゆくと突如、ロボットの大群に襲われることとなる。
    そこに現れた、ウルヴァリンがロボットの大群を殲滅し、ギャラクタスへの突破口を開く。

    これにより、ギャラクタスはガンマセルによる爆発で撃破されたのであった。


































































    …が、悲劇はこれで終わりではなかったのだ。

    シーズン5へ続く。

    コラボ

    これまでのバトルロイヤルゲームと違い、従来の漫画やゲームだけではなく、著名人のスキンやエモートなどを期間限定で販売。また、島の一部にコラボ用のロケーションも登場する。シリーズとしては大まかに4つに分かれており、実在の人物に関するものなどは「アイコンシリーズ」、DC出身のキャラは「DCシリーズ」、マーベル出身のキャラは「マーベルシリーズ」、スターウォーズ出身のキャラは「スターウォーズシリーズ」となっている。

    アイコンシリーズ

    マシュメロ
    Ninja
    レーザー・ブラスト
    トラヴィス・スコット
    アストロ・ジャック
    Loserfruit

    DC

    バッドマン※1
    キャットウーマン
    ハーレイ・クイン
    アクアマン
    ブラックマンタ
    ジョーカー※2
    ポイズン・アイビー※2

    マーベル

    ブラックウィドウ
    スターロード
    デッドプール
    レイヴンプール※3
    クマちゃんプール※3
    ケーブル
    サイロック
    ドミノ
    キャプテン・アメリカ
    マイティ・ソー
    シー・ハルク
    グルート
    ストーム
    ドクター・ドゥーム
    ミスティーク
    アイアンマン
    ウルヴァリン
    シルバーサーファー
    ブレイド

    スターウォーズ

    ストームトルーパー
    レイ
    フィン
    シス・トルーパー
    カイロ・レン
    ゾリ・ブリス
    マンダロリアン

    ※1:コミックス版と映画版の2種類のスキンが存在する。
    ※2:先行情報の為、予定変更の可能性もあり。
    ※3:フォートナイトのキャラではあるが、マーベルシリーズに属する。

    関連タグ

    EpicGames

    関連記事

    親記事

    EpicGames えぴっくげーむず

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿された作品 pixivで「フォートナイト」のイラストを見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2782536

    コメント