ピクシブ百科事典

EpicGames

えぴっくげーむず

「エピックゲームズ」とは、アメリカのゲーム会社である。
目次[非表示]

概要

アメリカ合衆国ノースカロライナローリー市に本社を置くゲームメーカー
現在は中国のインターネット企業グループ、テンセントの傘下会社。

三大FPSの一つ「Unreal」を開発したメーカーであり、同作をマルチプレイ主体にした「UnrealTournament」もヒット作になった。
本シリーズの基幹技術である「UnrealEngine」のライセンス販売も開始し、「最も成功したビデオゲームエンジン」として殿堂入りを果たした。

Microsoft発売の「Gears of Warシリーズ」の開発も担当していたが、2013年に同シリーズの版権をMicrosoftに完全譲渡しており、「Gears of War 4」以降はシリーズに関わっていない。

2012年にポーランドのゲームメーカー・People Can Flyを買収し翌年Epic Games Polandに改名させていたが、2015年にPeople Can Flyの社名復活とEpicGamesの支援の下で再独立することが発表された。
2018年にPeople Can Fly開発の「フォートナイト」を発売した。

Epic Games Store

2018年からEpic Gamesが展開するゲームクライアント。
当初、最大の対抗馬であるSteamより開発者へ高利益還元する体制で支持を集めたが、始まってみると、実際のクライアントはUnrealEngineの開発元とは思えないほど貧弱で、ストアのサービス自体も悪く、かつ他ストアで既に配信・予約配信していたメジャータイトルを金頼みで自社独占配信に繰り返し切り替えさせる(一部は会社ごと買収)やり口が反感を買い、ゲーマー(特に海外)からの評判は大変悪い。

セキュリティ面でも評価は非常に低く、それどころかゲーム起動時にPC内からSteamユーザーデータを無断で収集していることが発覚している。
指摘された後もCEOのティム・スウィーニーはダラダラ言い訳するだけで謝罪の一言も無く、それどころかデータ収集をやめる素振りすら見せていない。最早マルウェアに等しい存在になり果てている。
このEpicのいい加減すぎる運営が仇となり、「開発者へ高利益還元」に誘われて独占配信に下ったインディー開発者は、当初は独立開発につきものの資金難の観点から擁護する動きはあったものの、今や「金目当てでそれ以外のことはどうでもいい下衆野郎共」とゲームも含めて酷評される事態となっている。

またEpic Games Storeでは定期的に5~10年前の海外AAAタイトル(開発元としては年月の経過で市場価値がほぼ0に近くなったが、未だに欲しがる人間が多いもの)の無料配信を繰り返し行っている。しかし直接的な利益にならない以上、これも改善なしで貧弱なゲームクライアントをばら撒くための策と見られている。また前述の無断収集等の事情から、クライアント経由でユーザーの個人情報を抜き取り悪用・売買するのが主目的という説も根強い。

関連タグ

キーボードクラッシャー - キーボードを破壊している動画内でUnrealTournamentをプレイしている。
テンセント - 中国最大級のインターネット会社でEpicGamesの親会社。個人情報収集のために傘下会社を通して低品質なゲームランチャーを展開している。
メトロエクソダス - steamからEpicGamesStore専売に切り替えたため反発を買うことになった代表例
ロケットリーグ - 基本無料化でEpicGamesStore専売に切り替えたため反発を買っている例。steam版購入者は引き続きプレイできる

関連記事

親記事

テンセント てんせんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「EpicGames」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10960

コメント