ピクシブ百科事典

ギャラクタス

ぎゃらくたす

ギャラクタスとは、「マーベル・コミック」が出版する複数のアメリカン・コミックに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

初出は1966年3月『ファンタスティック・フォー』から。

ギャラクタス(Galactus)は、惑星を崩壊させ、そのときに解放されるエネルギーを食べる巨人で、宇宙の法則を司る神とも呼べる存在「コズミック・ビーイング」の1人である。「宇宙魔神」「コズミック・ディバウラー」「プラネット・イーター」等の異名を持っている。
ヘラルドと呼ばれる従者を従えており、シルバーサーファーはその中で最も有名な者である。
ギャラクタスはヘラルドに自身が食するに値する惑星を探させている。

オリジン

元々はビッグクランチによって滅びた母星を再生させる方法を求めて宇宙を旅するギャランという名の探検家だった。
やがて宇宙の源「コズミック・エッグ」と接触したギャランはその凄まじいエネルギーに飲み込まれ、ギャラクタスとして生まれ変わり、ビッグバンを生き延び、現在の宇宙において最も古い生命体の一体となった。

ギャラクタスは惑星をそこに住む知的生命体もろとも喰らう存在であるがヴィランであるかと言われれば微妙な所で、ギャラクタスにとって惑星のエネルギーを摂取することは単なる食事であり(文明が高度に発達した惑星ほどエネルギーに満ち溢れ熟成して美味いらしい)、またそれにより得たエネルギーにより多元宇宙の崩壊を防いでいる。現在の宇宙が誕生して以来続いている宇宙のルールの一つと化している。
他のコズミック・ビーイングからも、ギャラクタスは生命のバランスを保つ重要な存在と目され、宇宙的視点(小を殺して大を生かしている)で見ればギャラクタスの存在はむしろ有益とされる。
その為後述のシルバーサーファーの健闘で地球の捕食が妨害され他の惑星が彼の食事の対象に変わってしまった際には、Mr.ファンタスティックは銀河規模の裁判所に赴くハメになっている。
ただ、惑星の知的生命体ごと捕食する行為に一時期嫌気が差し別の食料を模索したり、Mr.ファンタスティックとヒューマントーチの作戦で身体からコズミックパワーが剥がされた際にはギャラクタスに戻るのを嫌がって別次元に逃げようとしていたりしている(結局元のギャラクタスに戻ったが)。

ギャラクタスが地球を目標に定めるも、ファンタスティック・フォーと出会い地球人類に親しみを持ったシルバーサーファーは絶対的な主であるギャラクタスに反抗し自身を犠牲にして彼を撃退するというエピソードは、ファンタスティック・フォーの中でも人気の高いエピソードであり、媒体を問わず何度もリファインされている。

通常は宇宙的災害として扱われるが、インフィニティガントレットを手にしたサノスの様な宇宙全体を脅かすような巨大な敵が現れた時、ギャラクタスはヒーローと同じ立場で脅威に立ち向かうこともある。

最近はマーベルコミックの中でもパワーインフレが起こり、決して打倒出来ないと言う訳でもなくなっている。マヴカプ3ではこれを受けラスボスに採用された。

能力

絶大なコズミック・パワーの使い手であり、これにより物体の構成分子の再構築および元素転換、銀河間の距離を越える物体のテレポート、時空間の操作、自らの大きさの変化、破壊力線の放射、不可壊に近い強度のフォース・フィールドの構築、次元間移動ポータルの作成、テレパシー、テレキネシス、宇宙的な知覚力などを発揮することができる。

ギャラクタスは、彼のヘラルドの1人であるモーグを死から復活させたように、知的生命体を創造する能力を持っている。また同時に自分自身あるいは他者の物理的な損壊状態を再構築することができる。さらに記憶、感情、魂を自在に操作することができ、この能力はヘラルドを生み出す際によく用いられる。死んだ惑星をそこにかつて住んでいた知的生命ごと復活させたこともある。
また、兵器として多元宇宙を消滅してリセットしたり『死』の概念であるデスすらも殺す事ができる「アルティメット・ヌリファー」を所有。

よく、「ゴーストライダーは「ペナンスステア(贖罪の目)」でギャラクタスを倒した」と言われる。
ペナンスステアは魂を持つ存在に対して、罪の重さに応じた苦しみを与える効力を持つ能力で、確かに90年台のアニメで一度だけギャラクタスはペナンスステアを受けて倒されたことはある。
一方で、本来なら廃人化させる威力があるペナンスステアはギャラクタスを気絶させるに留まり、致命傷を与えることは出来なかった。
ギャラクタスは魂を持たないとされることもあり、現行の設定でも通用するかはファンの間で議論が絶えない。

余談

ギャラクタというが存在している。詳細は⇒ギャラクタ

テッカーメン

宇宙忍者ゴームズ』でのギャラクタス。
おそらく鉄仮面っぽいものを被っているからこの名前になったと思われる。

次のご飯として地球に目をつけ、先にシルバーサーフィンを送り込んだうえで地球へ飛来する。
しかし、スージー(スーザン)の説得を受けて寝返ったシルバーサーフィンと、デッカチー(ウォッチャー)の入れ知恵を受けた宇宙忍者ゴームズ達の抵抗により、地球捕食を断念し去っていった。

原作に比べるとかなり小さく描かれている。
威厳たっぷりの話し方で、負けを認めたときには宇宙忍者ゴームズの勇気と知恵を称えるなど、悪魔博士と比べると、かなりカリスマ性のある、ヴィランらしいヴィラン。

……が、狼狽するとやっぱり訛る。

おおおい!やめろよせ!
そらどっから取って来たぁ?
どぉこで手に入れてきたの!?
そんな危険な物を振り回すのはやめろ!ッオイ(裏声)!
それは銀河系を破壊できるぐらいの力があるんだ、そんな危ない物は早く下に置け!

関連イラスト

今度こそ地球ヤバい
センシティブな作品



関連タグ

マーベル・コミック ギャラクタス ファンタスティックフォー ヘラルド ヴィラン 必要悪

破壊神(ドラゴンボール):やはり宇宙の法則の一部にして、惑星を破壊する者たち。
ユニクロン別の世界での似たような存在。

関連記事

親記事

ファンタスティックフォー ふぁんたすてぃっくふぉー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ギャラクタス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ギャラクタス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85650

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました