2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

1995年X-MEN関連誌全体で展開された大型クロスオーバー企画。『A.O.A.』と略される。

内容

ある事件で、プロフェッサーXの息子であるリージョン(デビッド・チャールズ・ハラー)は、ミスティークに狙われるが、それが元で正気に戻り、父の宿敵マグニートーを抹殺すべく過去の世界にタイムスリップする。

しかし、狙われたエリック・レーンシャーを身を挺して庇ったのが、よりによって親友チャールズ・エグゼビアだったため、その後の歴史が大幅に変化。大規模なタイムパラドックスが発生する。
当然、X-MENは結成されず、彼等の活躍による影響も無くなり、歴史は大幅に変化。

そして、正史世界より30年早く行動を開始したアポカリプスにより、世界はあっさり支配されてしまった。
その世界では、各地で大虐殺が行われ、ミュータントが優遇。非ミュータントの人類(「フラットスキャン」という蔑称で呼ばれる)と、アポカリプスに従わないミュータントは迫害される、ディストピアとなっている。

エリックこと磁界王マグニートーはミュータントの戦士たちを募り、亡き親友の名を冠するレジスタンスチーム・X-MENを率いて人類解放のために戦っている。

X-MEN関係のキャラクターは立場や性格が大きく変化している。中には、正史ではヴィランだった者がヒーロー側に、あるいはヒーロー側がヴィランにという、立ち位置が大幅に変化している者も存在する。

ミュータント以外のヒーローたちも、キャプテンアメリカは復活していない他、ヒーローと化した機会がアポカリプスの侵略により失われてしまったため、ほぼ常人のままである
ゆえに、多くが死亡、または常人のままでアポカリプス軍へと対抗している。

スパイダーマンは一般人のまま死亡、パニッシャーは修道士としてその身を捧げ、ファンタスティックフォーはリードとジョニーが戦死するも、スーとベンは常人のままでレジスタンス活動に従事している。
アベンジャーズも存在しない。しかし、正史ではアベンジャーズのメンバーだった者たちは、常人のままで人類の生き残りを救おうと尽力している。

最終的に歴史が復元されこの世界は消滅するが、ここに属していた4人(ネイト・グレイ、ダークビースト、シュガーマン、ホロコースト)が正史世界に転移、オンスロート事件の引き金を引くことになる。

※なお、後にこの世界もまたマーベルの並行世界の一つとして認知され、続編が刊行された。

pixivでの扱い

立場や性格の変化に伴い、服装や容姿も『A.O.A.』限定のものが多数デザインされている。
pixivではこれらを描いた作品に『エイジ・オブ・アポカリプス』のタグが付与されている。

関連タグ

アメコミ MARVEL X-MEN
クロスオーバー 歴史改変 並行世界
アポカリプス(X-MEN)

関連記事

親記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 404

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました