2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

概要

2006年から半年に渡って連載された、MARVELコミックの大型タイトルの1つ。

ヒーローチームが引き起こしたスキャンダルにより、ヒーローの統制を求める声が高まった世界で、「統制に従う」派と「ヒーロー自身の意思を重視し統制には反対する」派に分かれたアベンジャーズ同士の争いを描くストーリー。
従う側に回ったトニー・スターク / アイアンマンと反対する側についたスティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカが特にフィーチャーされているが、2人の思惑の間で揺れ動く他のヒーローたちの葛藤・活躍も描かれており、スパイダーマンデアデビルなど、地球関連のキャラクターたちが多数登場した。

タイトルは上記の通り「内乱」を意味するが、アメリカ国内では主に「南北戦争」を指し、奴隷制に賛成した南側と反対した北側、という類似点から採られていると思われる。

2016年には後述の映画に合わせて『シビル・ウォーII』がスタート。
未来予知の能力を持つインヒューマンズのユリシーズ(Ulysses)をめぐって、アイアンマン派とキャロル・ダンバース / キャプテン・マーベル派に分かれて争う。

あらすじ

若手ヒーローチーム「ニューウォリアーズ」はロビー・ボールドウィン / スピードボール率いる第3期に、活動をテレビのリアリティショーとして放送・世間に周知するという宣伝を行っていた。

ある日収録スタッフ同伴でヴィランを隠れ家まで深追いしたことで、ヴィランの1人であるロバート・ハンター / ニトロが自身の能力で周辺を巻き込んで自爆(正確には自爆再生)。ニューウォリアーズのメンバー、さらに隠れ家の向い側の小学校に通っていた児童数名を含む600人以上が死亡してしまった。
ニトロは崩壊した肉体が再構築された後、すぐさま行方をくらませた一方、偶然にも生き延びたスピードボールは全責任をとって刑務所行きとなる。

後に「スタンフォード爆発事件」と名付けられたこの出来事に端を発し、ヒーローの統制はやがてミュータント増加に次ぐ問題とされ、アメリカ政府は「超人登録法」を考案。
ヒーロー全員が正体を明かし政府に登録を義務付けるこの法律をめぐり、反対したキャプテン・アメリカ派と賛成するアイアンマン派に分かれて対立する。






爆発事件で犠牲になったヒーローの1人・ネイモリータはアトランティスの王族だったため、ネイモアウルヴァリン経由でニトロを捕縛、黒幕を突き止めている。

MCU

2016年公開の映画第13作、スティーブ・ロジャースが主人公のシリーズ第3作(最終作)となるシビル・ウォー/キャプテン・アメリカとして実写化。
中身はだいぶ異なるが、

といった要点は同じで、こちらは王族真の黒幕を捕縛している。

関連タグ

MARVEL CivilWar MCU

ザ・ボーイズ:シビルウォーとは逆にヒーロー達が平気で市民を巻き添えにして被害者の権利が蔑ろにされる内容のアメコミ作品。

関連記事

親記事

MARVEL まーべる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3017603

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました