ピクシブ百科事典

オンスロート

おんすろーと

日本語で『猛襲』『猛攻撃』を意味する英単語(Onslaught)。創作物などではキャラクターの名前として用いられる場合もある。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 玩具シリーズ『トランスフォーマー』に登場する、デストロンコンバットロン部隊の一人。当記事にて解説
  2. MARVELのコミックに登場するヴィラン。詳しくは該当記事参照。
  3. 日本競走馬。南関東で活躍した後JRAに移籍し、そこでも年度代表馬になった。
  4. イギリススラッシュメタルバンド


G1

CV島香裕ほか
コンバットロン部隊のリーダーで、役職は攻撃参謀。トレーラータイプの自走榴弾砲に変形する(元は第二次世界大戦時のアメリカ軍M16対空自走砲もしくは日本軍の一式半装軌装甲兵車)。ブルーティカス合体時には胴体に変形する。

ソニック・スタンガンと、背中に装備した光子ミサイルを発射する2門のキャノン砲が武器で、キャノン砲を取り外してセイバートロン星のデストロン基地のコンピューターに取り付け、付いているレバーを操作して誘導システムを操作できる。

「理知こそ最大の武器」をモットーとする戦略家であり、重い任務を成功へ導くには立案した作戦の完璧さが鍵だと固く信じている。敵にとって不吉極まりない謀りごとをじっくり巡らすのを好むが、ひとたび直に敵と接すれば途端、容赦なく苛烈に戦闘へ身を投じていく戦闘狂な一面もある。部下からの信頼は厚いものの、どちらの活躍が上だったかでボルターと喧嘩になったこともある。

一時は他のコンバットロンと共にセイバートロン星を制圧した事もあるが、コンボイメガトロンの連携に敗れ、後にメガトロンによって忠実になるように再プログラムされる。

アメコミ『Wings Of Honor』では、サイバトロンの精鋭部隊エリートガードに所属しており、メタルホークらとは友人であったことが明かされている。また、IDWパブリッシングより発売されたコミックでは、戦前はシークレット・サービスとして活躍していたという設定となっている。

Fall of Cybertron

CV:トラヴィス・ウィリンガム(同作でもスラッグサイドスワイプのCVを担当)
コンバッティコンズ部隊の隊長で、セイバートロン風の装甲車に変形する。武運というものは信じず、綿密な計画により勝利は得られると信じている。普段は前線に出るのを控え、時間をかけてわずかな可能性をも見通した計画を立て、他のコンバッティコン4体を出撃させている。

メガトロンがメトロフレックスに敗れた後は、ニューリーダーとなったスタースクリームの補佐をしていたが、目立ちたがりで後先考えない彼には頭を悩ませていた。錆の海でのエネルゴン奪還作戦で、スタースクリームのせいで失敗した作戦を何とか立て直すも、スタースクリームに罪を擦り付けられてしまう。メガトロン復活後は釈放され、再び彼の指揮下についた。

実写映画

オンスロート


CV:ジョン・ディマジオ/吹:乃村健次
実写映画シリーズの第5作目『最後の騎士王』に登場するディセプティコンの戦術家で、レッカー車仕様の緑色のウェスタンスター・4900SFに変形する。

基となったデザインは二作目以降から登場したコンストラクティコンズロングハウルの流用だが、ビークルモードが異なるため外装や武装にいくらか差異があり、背中から突き出た二本のトレーラーのタイヤ部分はアニメ版オンスロートの背中の砲塔を思わせるデザインとなっている。
武器は右腕に装備した「デカピテーター(Decapitator)」という巨大な鉤爪で、これはオンスロート自身が開発したもの。左腕にもガトリングを装備している。

当初は地球人の対トランスフォーマー部隊「TRF」の管理する金属生命体収容所に投獄されていたが、メガトロンがTRFと密約を交わしたことで釈放され、再びメガトロンの傘下となった。仲間たちと共にケイドとオートボットを襲撃するも、鈍重な体格が仇となりドリフトクロスヘアーズの連携に翻弄され、最期はドリフトに首を刎ねられて死亡した。

大柄な体格をしており、釈放に際して牢屋の入口が狭すぎることに文句を垂れていたのが唯一の台詞。

オンスロートの登場は比較的初期に発表されていたものの、容姿がロングハウルのデザインの流用であったり、劇中その装備も大して活かされないまま退場するやられ役程度の出番であったり、玩具も発売されなかったりと、その後の扱いはやや不遇であった。


原語版CVは本作でもクロスヘアーズやニトロゼウスを担当したディマジオ氏が担当。吹替は2作目『リベンジ』でジェットファイアを演じた乃村氏が演じた。

関連タグ

トランスフォーマー ディセプティコン コンバットロン
スィンドル ブロウル

pixivに投稿された作品 pixivで「オンスロート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16840

コメント