ピクシブ百科事典

クロスヘアーズ

くろすへあーず

クロスヘアーズとは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

一般的には実写版4作目『ロストエイジ』から登場する緑の戦士を連想させられるが、名前の初出はG1期のアニメ『ザ☆ヘッドマスターズ』である。
しかし、元々投稿数の少ない同作のイラストの中でもG1版は皆無なため、検索するとどうしても実写版のイラストばかりになってしまう。

ザ☆ヘッドマスターズ

第27話から登場したサイバトロンターゲットマスター戦士の一員で、SFバギー変形する。注意深い性格で、メンバーの中では作戦立案役となっている。担当声優は大塚芳忠
パートナーはグレネードランチャーに変形するポインテックアメリカを中心とした英語圏での呼び名はピンポインター。

海外版の『ザ・リバース』では陽気な性格になっているが、注意深さは省かれていない。また、玩具および日本のデザインはゴーグルと口であるが、こちらはゴーグルとマスクとなっている。

実写映画シリーズ

ロストエイジ

CV:ジョン・ディマジオ/吹き替え手塚秀彰
階級・役職は空挺兵。台詞を二回繰り返す癖がある。グリーンカラーのシボレー・C7コルベットスティングレイに変形する。

背部の装甲がコートの様になっており、その中に仕込んであるサブマシンガン拳銃などの火器を使っての早撃ち、曲芸撃ち、背中に仕込んだパラシュートを使っての空中戦を得意とする。また、射撃や精密作業用に左右色違いのゴーグルを付けている。

性格は皮肉屋でぼやき屋。常に周囲の状況や人物について愚痴っている。
正義の味方らしからぬ言動も多く、自分達を迫害する人間達にも地球にもほとほと嫌気が差しており、当初はオプティマスが連れてきたケイド達に銃を向けるほどだった。更にオプティマスとテッサを救出するためにロックダウンの宇宙船に潜入した際には、すぐに帰りたがって見かねたハウンドに銃を突きつけられて脅される等何かにつけてやる気のない態度を見せていた。

しかしいざ戦いになるとノリノリで敵を蹴散らしたり、最初はダイノボットを「あんな奴らと一緒にいるのは真っ平御免」とまで言ったのに戦闘後は渾名をつけて「またお前に乗りたいな!」と言っていたりと、要するに御茶目なツンデレ気質である為、『ロストエイジ』公開前後でファンの見方が変わったキャラクターと言えるだろう。

またオプティマスへの敬意は強く、「こいつのためなら死ねるね。まさにリーダーだ」とまで言い切っている。

最後の騎士王

第5作目『最後の騎士王』にも引き続き登場。変形する車両は前作と同じコルベット・スティングレイで、2016年度仕様のモデルとなっている。ただし、ロボットモードの外見に大きな変化は見られない。

皮肉屋でぼやき屋なところは変わらず、ケイドを迎えに来たコグマンを「C-3POもどき」呼ばわりした結果指を折られた上に投げ飛ばされたり、バンブルビーの指揮に文句を付けて取っ組み合いの喧嘩に発展するなど生来の一言多さゆえに痛い目に遭うシーンが見受けられる。
ゴーストタウンでのディセプティコンとの戦闘では、ドリフトとの連携でオンスロートを打ち倒す活躍を見せた。最終決戦にも合流はしたものの、戦っている様子は描かれなかった。

腐界隈ではドリフトや人間側の主人公ケイド、劇中で共闘したダイノボットのトゲトゲとのカップリングが人気。

関連イラスト

CROSSHAIRS
TF クロスヘアーズ



関連タグ

トランスフォーマー 実写TF ロストエイジ 最後の騎士王 オートボット スティングレイコルベット
ヘッドマスターズ サイバトロン ターゲットマスター

関連記事

親記事

ターゲットマスター たーげっとますたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クロスヘアーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 575973

コメント