ピクシブ百科事典

ケイド・イェーガー

けいどいぇーがー

ケイド・イェーガーとは、映画『トランスフォーマー』シリーズの登場人物。

概要

演:マーク・ウォルバーグ/吹き替え土田大
サム・ウィトウィッキー役のシャイア・ラブーフが『ダークサイド・ムーン』以降の出演を断ったことでそれに代わる新たな主人公として『ロストエイジ』より登場。

アメリカテキサス州で修理解体工を営む傍ら発明品を製作して生計を立てていたが、その売り上げは決して良い物とは言えず日に日に生活は困窮し、自宅が差し押さえ寸前となったところを不動産屋に目を付けられたばかりか、愛娘のテッサの奨学金が打ち切られたことで彼女の大学進学も危ういものとなり、家庭崩壊の危機に直面していた。

発明家としての手腕や評判は今一つだが、重傷を負い廃墟となった映画館で眠りについていたオプティマス・プライムを修理したり、ロックダウンの宇宙船内で手に入れたダガーガンを苦もなく使いこなすなど、技術者としてはかなり優れた資質を持ち、トランスフォーマーの未知のテクノロジーに対する造詣も深い。

前作のサムとは違い荒事にも慣れており、自身よりもはるかに戦闘能力の高い「墓場の風」やその指揮官で女子供にも容赦しない残虐非道な指揮官 ジェームズ・サヴォイ、そしてディセプティコンロックダウンを相手にしても臆することなく戦った。

続編となる『最後の騎士王』では、前作でトランスフォーマーに関わる事件に巻き込まれた事をきっかけに各所に潜伏するトランスフォーマーの保護活動を行う様になるも、その為に政府から追われる身となり、テッサに危害が及ぶのを避けるべく彼女とは離れて暮らすことに。スクラップ場を根城としてオートボットらと共に共同戦線を張り、更に対トランスフォーマー用の武装や知識の数々を身に着け、傷ついたオートボットの修理も行うなど以前にも増して武闘派のイメージが強くなった。

廃墟と化したシカゴにて瀕死状態となったサイバトロンの騎士からタリスマンを託されたのが発端となり、対トランスフォーマー部隊・TRF(Transformers Reaction Team)やクインテッサと結託したディセプティコンとの新たな戦いに身を投じることとなる。

関連タグ

実写TF ロストエイジ 最後の騎士王
サム・ウィトウィッキー

pixivに投稿された作品 pixivで「ケイド・イェーガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28909

コメント