ピクシブ百科事典

彷徨海

ほうこうかい

彷徨海とはTYPE-MOON作品に登場する組織。
目次[非表示]

概要

魔術協会の三大部門の一角。別名「移動石柩」または「バルトアンデルス」。
真なる神秘の継承者を名乗り、北海で彷徨い続ける“生きた海”。最古の魔術棟。
北欧を根城とする原協会で、その名の通り海上を彷徨い移動する山脈の形の本部を持つ。


文明による魔術の進歩・変化を認めず、神代の魔術のみを魔術とする」が絶対原則であり、そのため今の人類史文明も認めていないとされている。活動としては、主に肉体改造を主軸としているらしい。

"原"協会というだけあり、時計塔の設立時にはアトラス院や彷徨海を逐われた魔術師も多く関与したと言うが、『2015年の時計塔』によれば「神代の魔術こそ至高、西暦以後の魔術なぞ児戯に等しい」と見下しているため、現在の時計塔とは冷戦状態にあるとのこと。

本部は北海に隠された神代の島だが、外界とは完全に隔絶しており、年に一度の12月31日だけ新たな弟子を取るために門を開いている。しかしその門は固く閉ざされ、新たな門弟はおろか、彷徨海に辿り着けた者も数えるほどしかいない。
ただ、海上を移動する島というのは合っているが、正確な表現ではない。
その正体は、西暦以前から続く神代の世界の海という異世界そのものであり、その中に浮かぶ島こそがバルトアンデルスである。


Fate/GrandOrder第2部では汎人類史の人類の僅かな生き残りとして登場。
西暦以前から神秘のテクスチャを貼りその異世界ごと移動している為、地球を襲った地表の白紙化現象から逃れることができた模様。
ちなみにカメラなどの電子機器で内部を見ようとしても、魔術での検閲が入るらしく、全く映らない。

内部は若干の補強が成されているだけの天然洞窟と言って良いもので、魔術師の工房が多数あり、その入り口は石扉にて封じられている。
石扉の向こうには西暦元年からずっと変わりがないという「時計塔の学園長」と同じ気配がいくつも感じられる程の凄まじい危険性を秘めている。

第3章冒頭の時点では、キリシュタリアに言わせると「『異星の神』とその使徒ですら彷徨海は捉えられなかった」としつつも、「手を出す必要性を感じなかった」「今の人類史の行く末に関心を持たないので、我々の人理編纂には決して手を出してこまいと放置していた」という、まるでその気になれば手を出せるかような言い回しが一部見られた。
様は起きる気の無い眠れる獅子を、わざわざ敵に回すリスクを負いたくは無かったという事だろう。

「今ある人類史を滅ぼし、神代の世界を取り戻す」というクリプターの目的は、彼らにとって本来賛同して然るべきもの。だが、クリプターの思想にこそ賛同はしても、自分達の理想ではないとして一切干渉せずにエントランスからも去って石扉の奥に引き籠っている。

流れ者であるシオンにはエントランス一帯を貸し与える事と、それに伴う権利として「白紙化地球解決プロジェクト」を一任(丸投げ)している。

その後シオンは、エントランスにカルデアに寄贈された霊子演算装置『トリスメギストス』の兄弟機『トリスメギストスⅡ』を施工して、管制室の機能を持つ様に改装。
カルデアの生き残り達と合流後は、「白紙化地球解決プロジェクト」の本格的な前線基地として余剰スペースをキャプテンに依頼し、カルデアを極力再現した第二のカルデア「ノウム・カルデア」へと作り替えた。

所属者

  • 宝石殺し

詳細不明。特性は「停止」

かつては「彷徨海の鬼子」と称された魔術師。現在は出奔。

本来は対立するアトラス院の中枢メンバーだが、『Fate/GrandOrder』/『路地裏ナイトメア』の時空では地球の滅びを食い止めるべく、彷徨海へ身を寄せている。

余談

設定自体は古くから存在していたもののFate/GrandOrder以前の作品で描写されたことが無く、それこそネロ・カオスがかつて所属していたという情報しか存在ぜず、型月世界のブラックボックスの一つになっていた。
そのため彷徨海が物語に関わってくるという情報は古くからの型月ファンに激震を走らせた。
そういう事情があり、Fate/GrandOrderでの描写が型月作品における彷徨海の情報の9割以上を占めている。

外部リンク

彷徨海 - TYPE-MOON Wiki

pixivに投稿された作品 pixivで「彷徨海」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1286

コメント