ピクシブ百科事典

彷徨海

ほうこうかい

彷徨海とはTYPE-MOON作品に登場する組織。
目次[非表示]

概要

三大部門の一角。北欧を根城とする原協会で、その名の通り海上を彷徨い移動する山脈の形をしているという。別名「移動石柩」。主に肉体改造を主軸としている。

原協会というだけあり時計塔の設立時にはアトラス院や彷徨海を逐われた魔術師も多く関与したと言う。

『2015年の時計塔』によれば、「神代の魔術こそ至高、西暦以後の魔術なぞ児戯に等しい」と見下しているため、現在の時計塔とは冷戦状態にあるとのこと。

Fate/GrandOrder

通称「バルトアンデルス」。
北海に隠された神代の島、最古の魔術棟。「文明による魔術の進歩・変化を認めず、神代の魔術のみを魔術とする」が絶対原則であり、そのため今の人類史文明も認めていないとされている。外界と完全に隔絶しており、年に一度の12月31日だけ新たな弟子を取るために門を開いている。
概要で述べた海上を移動する島というのはあっているが正確な表現ではない。
その正体は、西暦以前、神代の世界の海という異世界そのものでありその中に浮かぶ島こそバルトアンデルスである。
第2部「Cosmos_in_the_Lostbelt」では汎人類史の人類の僅かな生き残りとして登場。西暦以前から神秘のテクスチャを貼りその異世界ごと移動している為、地球を襲った地表の白紙化現象から逃れることができた。現在は北大西洋を横断中で汎人類史の生存者を待つという信号を出している。
この大災害が起こったことに対して、白紙化地球解決プロジェクトを進めている。

所属者


外部リンク

彷徨海 - TYPE-MOON Wiki

コメント