ピクシブ百科事典

目次[非表示]

呼びたければ『名無し(ネームレス)』でいい

概要

Fate/Grand Order第2部第3章「Lostbelt No.3 人智統合真国 シン」で初登場したサーヴァント。
同第4章「Lostbelt No.4 創世滅亡輪廻ユガ・クシェートラ」ではカルデア一行に同行して出撃することになる。

彷徨海に居付くも協力者は得られず、護衛及び労働力を欲したシオン・エルトナム・ソカリスが、カルデアのシステムを覗き見し、自己流でアレンジして一騎だけ召喚できたという存在。
真名は現時点では明かしていない。

ターバンを頭に巻き、近代の軍服を着ている少年の姿をしており、霊基再臨かと思われる別の姿では水兵の服装をしている。
シオンは英霊召喚に適した聖遺物を有さなかったため、新宿幻霊サーヴァント達と同じく、幻霊を掛け合わせることでその霊基を成立させている。

人物

シオン曰く「私以上の人見知り」。
誰に対しても不愛想で口数も少ないが、見知った顔には必要に応じて言葉を交わすことはする。

本人由来か複合された幻霊の影響なのかは不明だが、に対して相当繊細な感受性を持っているらしく、ダメージの酷かったシャドウボーダーを見た時には「サンゴの死滅のように痛ましい」「悲鳴が聞こえる」「すぐに修理しないと僕の気が狂いそう」という感想を述べた。

マスター同様に捉えどころのないサーヴァントだが、任された仕事に対しては精力的に対応しており、所々で職人気質な面を垣間見せている。
第4章1節においては「明らかにこの艦(ふね)には快適性が足りていない」という利用者側の観点に立った指摘をしており、その根拠として「搭乗員の健康を守るのも一流の船長の仕事」を主張している。

ただ観察眼は時折鈍るようで、ゴルドルフ新所長をオーラの無さから平所員と思い込み、彼の部屋にただの倉庫を当てがってしまい、その後、わがままな発注をすべて受領して改めて部屋を用意し始めている。

能力

軍勢を召喚するのか、分身するのかは不明だが、多くの人員を呼び出すことが可能。
その人員により、古典的な秘密基地に近かった彷徨海のエントランスをたった2週間で旧カルデアほぼ同じ状態に仕立て上げた

戦闘能力も今までの幻霊サーヴァント同様、英霊相当のものを有していると思われる。

余談

ショタ好きで知られるマシュ役の高橋李依は早速、このキャラの場面のスクショ保存を多く行った。


2018年11月30日放送のカルデア・ラジオ局にてキャプテンを意識してなのか頭にタオルを巻いて冒頭数分を収録した
なにやってんだあんたは

また、男の娘性別不詳のサーヴァントにご執心だったカルデアスタッフも「すっげえかわいい子」と早くも評価している。

関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント
ショタ 船長 王子 名無し ターバン


















プロフィール

真名キャプテン・ネモ / トリトン
性別男性
身長
体重
出典海底二万里 / ギリシャ神話
地域インド / ギリシャ
属性
好きなもの
嫌いなもの
設定担当
ILLUST


真名

その正体は『海底二万里』に登場する潜水艇ノーチラス号の船長「ネモ」に、ギリシャ神話の海の神「トリトン」掛け合わせた幻霊と神霊の複合サーヴァント。

考察者達の間では、そのターバンや軍服、「船長」「王子」と呼ばれた来歴や、本人の言動から、ラテン語で『誰でもない』を意味するネモの名が早々に挙がっていた。
クラスは明言されていないが、ライダーの可能性が極めて高い。

人物


人間関係


関連タグ

船長 潜水艇

関連記事

親記事

Cosmos_in_the_Lostbelt こすもすいんざろすとべると

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キャプテン(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272624

コメント