ピクシブ百科事典

目次[非表示]

呼びたければ『名無し(ネームレス)』でいい

概要

Fate/Grand Order第2部第3章「Lostbelt No.3 人智統合真国 シン」で初登場したサーヴァントで、ターバンを頭に巻き、近代の軍服を着ている少年の姿を持つ。

彷徨海に居付くも協力者は得られず、護衛及び労働力を欲したシオン・エルトナム・ソカリスが、カルデアのシステムを覗き見し、自己流でアレンジして一騎だけ召喚できたという存在。
 
シオンは英霊召喚に適した聖遺物を有さなかったため、新宿幻霊サーヴァント達と同じく、異なる存在を掛け合わせることで不安定な霊基を補填・成立させている。

4章以降はカルデア一行のガイド兼移動手段として、共に出撃することになる。

人物

シオン曰く「私以上の人見知り」。
誰に対しても不愛想で口数も少ないが、見知った顔には必要に応じて言葉を交わすことはする。

にとても強い愛着と拘りがあり、言動の比喩に海や海棲生物に関する言葉が混じる事が多い。
同時にに対しても相当繊細な感受性を持っているらしく、ダメージの酷かったシャドウボーダーを見た時には「サンゴの死滅のように痛ましい」「悲鳴が聞こえる」「すぐに修理しないと僕の気が狂いそう」という感想を述べた。

マスター同様に捉えどころのないサーヴァントだが、任された仕事に対しては精力的に対応しており、所々で職人気質な面を垣間見せている。
第4章1節においては「明らかにこの艦(ふね)には快適性が足りていない」という利用者側の観点に立った指摘をしており、その根拠として「搭乗員の健康を守るのも一流の船長の仕事」を主張している。

ただ観察眼は時折鈍るようで、ゴルドルフ新所長をオーラの無さから平所員と思い込み、彼の部屋にただの倉庫を当てがってしまい、その後、わがままな発注をすべて受領して改めて部屋を用意している。

余談

ショタ好きで知られるマシュ役の高橋李依は早速、このキャラの場面のスクショ保存を多く行った。


2018年11月30日放送のカルデア・ラジオ局にてキャプテンを意識してなのか頭にタオルを巻いて冒頭数分を収録した。なにやってんだあんたは

また、男の娘性別不詳のサーヴァントにご執心だったカルデアスタッフも「すっげえかわいい子」と早くも評価している。

関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント
ショタ 船長 王子 名無し ターバン

以下ネタバレ注意





























プロフィール

Nemo


キミたちは僕の知る"人間"だ。
困難を前にしてへこたれながら船を造り、無謀にも荒波にこぎだす旅人だ。

さあ行くぞぉ――前進一杯!

真名キャプテン・ネモ / トリトン
性別男性
身長
体重
出典海底二万里 / ギリシャ神話
地域インド / ギリシャ
属性
好きなもの
嫌いなもの
設定担当
ILLUST

真名

正体は『海底二万里』に登場する潜水艇ノーチラス号の船長「ネモ」に、ギリシャ神話の海の神「トリトン」を掛け合わせた幻霊と神霊の複合サーヴァント。古き神秘と新しい伝承を意図的に組み合わせたもの。

ファンの間では、そのターバンや軍服、「船長」「王子」と呼ばれた来歴や、本人の言動から、ラテン語で『誰でもない』を意味するネモの名が早々に挙がっていた。
クラスは明言されていないが、ライダーの可能性が極めて高い。

いつもは偏屈で物静かだが、船長として航海する際には陽気になり口調も「海の男」風になる。この人物像は、一般に伝わっているネモ船長のイメージとも一致している。

能力

戦闘能力は今までの幻霊サーヴァント同様、英霊相当のものを有していると思われる。

加えて特殊かつ高性能な分身能力を有しており、多くの人員を呼び出すことが可能。
その人員により、古典的な秘密基地に近かった彷徨海のエントランスをたった2週間で旧カルデアほぼ同じ状態に仕立て上げた


ただし、この能力は英霊ネモや神霊トリトンに由来するものでは無く、彼のマスターとなったシオンの存在が影響している。
アトラス院の基本思想にして独自技術である「分割思考」。それを歴代でも有数に扱えていたシオンがキャプテンと契約する際、パスを通じて彼にも伝授する事を試みた。

結果、それに「誰でもない存在」を冠するネモ、化身として己を分ける素養を秘めた「神」たるトリトンの要素が組み合わさり、全く新しいこの複合サーヴァント固有のスキルとして独自発展したのである。

分身と表現しているが、本質は「キャプテン・ネモの能力やIFの可能性を細分化・擬人化し、自立稼働するよう調整した人型端末」といえるもの。

ネモくんちゃんズ
ネモシリーズ!



劇中では、通称「ネモ・シリーズ」として、

センシティブな作品


ノーチラス号の作業員として何体も存在する賑やかな性格の「ネモ・マリーン」

ベーカリーちゃん


烹炊所担当の調理師で温厚な性格の「ネモ・ベーカリー」

ネモ・ナース


ダ・ヴィンチちゃんの医務室での補助担当のお淑やかな「ネモ・ナース」

プロフェッサーくんちゃん


上陸時の探索と学術的解析を主務とする能天気な「ネモ・プロフェッサー」

ネモ・エンジン


機関室の整備・調整でべらんめえ工員の「ネモ・エンジン」
らが登場した。

マリーンは性別不詳だが、ほかのメンバーは女性寄りの容姿をしている。
大元のネモ・トリトン共に男性であるのだが、これは女性たるシオンの影響により生まれたスキルである事も関係している模様。

また、2部5章では「僕は英霊に神霊を混入させた幻霊」という意味深な発言をしている。これはネモ船長自体は英霊でそれを幻霊レベルに落とし込んで召喚したという意味なのかそれとも別の意味があるのかについては未だに不明。

宝具

我は征く、大衝角の鸚鵡貝(グレートラム・ノーチラス)

彼の愛船である潜水艇「ノーチラス号」そのもの。
あらゆる海を航行し、すべての嵐を越える万能の艦という、人々が夢見たオーバーテクノロジーの結晶。

かつて北欧異聞帯直前で虚数潜航しているシャドウボーダーに接触しサポートしようとしたが、当時は正体不明だったため警戒されて目的を果たせなかった。


その後シオンが彼の霊基とシャドウ・ボーダーの動力を同調させる処置を施した事で、先頭部に彼の愛船「ノーチラス号」を模した衝角を取り付けることで因果を遡り、「この衝角を持つ船はノーチラスである」と定義を付与する能力を得た。

これによりシャドウ・ボーダーはノーチラス号の能力を獲得し、「鋼・人体・そして霊体さえ容易く溶かす毒」とされる乳海を通行できるようになった。これほどの毒の前でも、上記の定義を被せたことで「(感覚が)ピリピリする程度」まで抑えこめている。
のちに、インド異聞帯の特定地点でしか行えない証憑機構の励起儀式を完全に済ませたことで、インド異聞帯以外でもこの定義を使えるようになり、荒れ狂う神代の海などを航海することができるようになった。

インドからの帰還後はシャドウ・ボーダーを中核に様々な改良を施した新生「ノーチラス号」を完成させ、大西洋異聞帯に挑む。
ノーチラス号を完成させて、大西洋異聞帯に挑む直前に試運転を行なったが、そこでなんらかの一騒動があったらしい。5章終了後は5.5章があるかと思われたが奈須きのこ氏によるとこの後は4.5章が出されるとのことのため、この試運転の際にあった騒動が4.5章として出される模様。
敵との交戦で大破レベルの損傷を負ってしまうが、アトランティスの現地に眠る神々の遺物「テオス・クリロノミア」によって宝具の再臨を可能とさせる強化が施され、その霊基は膨大な拡張を果たす。

彼の宝具を竜骨とし、シャドウボーダーを内核とし、鍛冶神ヘファイストスの「テオス・クリロノミア」を最大限活用した船へと生まれ変わる。

海を駆り深海を制覇する、その名も「次元境界穿孔艦ストーム・ボーダー」。内部は現行の大型原子力潜水艦より広く、ダ・ヴィンチちゃんが受け持つ電算室への負担の増大も最小限にとどめる親切設計で、それに加えて「キャプテンが受け持つストーム・ボーダーと元々あったシャドウ・ボーダーを分離させる運用」をも可能とした。これによりストームボーダーを母艦、シャドウ・ボーダーを揚陸艇として柔軟な戦術行動が可能になった。

また、装甲は異聞帯の嵐の壁さえものともしない強度を持つため、異聞帯の内外への自由な出入りも可能になったとみられる。

人間関係

ラクシュミー・バーイー
かつて同じ反乱を戦った者同士だが、彼は途中でインドから逃げてしまったため負い目を感じている。
後に彼女の幕間で共演し、子供鯖と上手く接することが出来ない様を見てお手伝いをすることに。

関連タグ

船長 潜水艇

関連記事

親記事

Fate/GrandOrderの登場人物一覧 ふぇいとぐらんどおーだーのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キャプテン(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1983229

コメント