ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

永久に平穏を享受する、そこは安寧と調和が続く泰平の大地。

幸福への隷属を賭して、叛逆の暁星は均霑に輝く。

全ては過ぎし日の夢――求め続けた、たった一つの祈り。


概要

ロストベルトNo.Lostbelt No.3
分岐基点時代B.C.0210?
異聞深度E
場所中国 ・咸陽およびその郊外南部
キーキャラクター紅の月下美人
クリプター芥ヒナコ
章クリア報酬概念礼装「不死鳥は大地に
シナリオ担当虚淵玄
テーマソングThest / KOCHO

第2部『Fate/Grand Order - Cosmos in the Lostbelt -』第三シナリオ。副題は「紅の月下美人」。


3章プロローグ実装前はタイトル名が「人智統合真国SIN」であった。変更に至る理由・詳細は不明。

両タイトルでの作品検索結果


ストーリー

突如として目の前に広がった嵐の海で、沈みゆくシャドウ・ボーダーを救ったのは彷徨海より発せられた通信。

招かれた先で待っていたのはシオンと名乗る独りの錬金術師だった———。


その協力で新たな基地を手にしたカルデアを襲った暗殺者の毒牙。

命の危機に瀕した2人を救うべく、解毒薬作成の手がかりを求め一行は第3の異聞帯へと向かう。

そこは国家間の争いを終了させ、永世の平和を獲得した天下泰平の世だった。

過酷さはなく、悲壮さもなく、また脆弱さもない理想の統治。

穏やかな時間が流れ、人々は何一つ不自由のない生活を送っていた。

だが———


ゲームにおいて

上記のストーリーにおける「毒」を受けた被害者の1人はマスターであり、その影響でマスタースキルが一時的に使用出来ない状態となっている。戦闘毎に設定された最初の数ターンが対象。

更にこの制限は最初こそ1ターンだが、シナリオの進行と共に増加し、最大で5ターンまで伸びる。

厄介な特性を持ったボスが揃っているだけにこの制限はかなり厳しいもので、本章の難易度上昇に一役買っている。


登場人物


彷徨海 バルトアンデルス


特徴

第三異聞帯・中国

異聞帯の王でもある中国のとある帝不老不死を獲得し、統治の果てに世界統一を成し遂げた世界


民たちは己の居住区を決めるような自由こそないが、平和に農作業に従事し、それこそ戦という概念を完全に忘れている。すなわち、世界平定が完全に成し遂げられた世界なのである。

だからといって、ロシアのような過酷なディストピアでもなければ、北欧のような人間牧場ほどの過剰な管理社会ではない。


むしろ、自然環境も破格のレベルで安定しているし、科学・農業・医学も飛躍的に発展し、満ち足りた民にとっては貨幣経済になどもはや頼る必要が無く、病や飢餓からも完全に解放されており、生きるうえでの苦しみが存在しない意味ではユートピアと言って良いだろう。


また、万が一に備え、帝は過去に偉業を為した人物をすべて冷凍保存しており、必要に応じて蘇るように管理しているなど、全く抜かりのない、ある意味では真に平定された世界と言える。

だが平定されすぎた世界ゆえ、なんの波風も立たず、これが歴史の行き止まり=剪定事象となった原因のようだ。

2部における剪定事象では初の「上手く行き過ぎたパターン」である。


この異聞帯を基準にすれば、汎人類史こそが過酷な歴史

ただし、病を根絶し肉体をも強化する万能薬こと「下賜」の薬は、確かに風邪一つ引かなくなる薬効があることには間違いないのだが、ホルモンの分泌が一定値を割り込む=加齢による老化が進むと眠るように死ぬよう出来ている。

仏教には生老病死の死苦という考え方があり、民を老化による苦しみから救うという意味では理想的ではありつつも、老化による苦しみを承知の上で生きるという選択肢はない。

民の扱いを考えれば北欧異聞帯と同類、考えようによってはそれよりも遥かに完全な管理社会がなされていると言えよう。民は人間としての「個」を一切尊重されておらず、画面上でもモブの表情に個性がほぼ見られないという表現がされている。また、民には「名前」と言うものは存在せず、誰一人として名前を語らなかった。


したがって、ある観点でなら理想的とも言えうる世界を滅ぼすことになる主人公の気持ちの整理において、「帝から押し付けられた幸福をどう捉えるか」が影響すると思われる。


また、民は生きるうえで苦しみが一切存在しないため、何かを祈る必要が無い。祈るまでもなく満ち足りているからだ。

それがどんな影響をもたらすかというと、「サーヴァントの召喚がある種の祈りによって行われる」以上、祈る概念自体ないこのエリアでは、霊脈に霊基グラフが反応しない。何より、本物の英雄が冷凍保存されて全員生きているため、英霊などという概念がなく、また英雄、偉人が誕生することもない。(ホームズ曰く、この世界には観衆の喝采を夢見たシェイクスピアも、人生の真理を追い求めたアンデルセンも、決して誕生しないだろうとのこと)


世界全土を治め不老不死の力を得た帝の観点は大局的。カルデアとクリプターの争いを「自分の土地を勝手に借りていざこざを起こしているだけである」とその本質を見抜いており、カルデアとクリプターのどちらが味方になるかを中立の視点で慎重に探っている。つまり章最初の時点では、クリプターこと芥ヒナコは全く信用されておらず、コヤンスカヤへの対処も掌の上


さらには、異聞帯を取り囲む嵐の壁についても、その外側が存在することを知っており、根本的に対処しようと異聞帯外部への接触を試みている。したがって、帝の視点で見た異聞帯の状況としては「世界全土を平定して支配していたはずが、かつての中国地域を取り囲むように嵐の壁が出現し、他の地域に支配が及ばなくなったという認識」。

自分の世界の大半が奪われたという意味では、汎人類史の視点に非常に近いとも言える。


異聞帯を攻略する側からしてみれば、やりにくいことこの上ないエリアとなろう。なぜならこの異聞帯には内患というものが存在しない。付け込むべき大きな隙が、ざっと見ただけでは見当たらないのだ。


しかし、異聞帯の王の本質からすれば、民を文盲の状態で支配していることがキーポイントになる。つまりテクノロジーが市井に伝わることは絶対にない。(ダウィンチ曰くエジソンが聞けば大噴火ものらしい)


民間の機械文明は中世以下であり、技術はすべて異聞帯の王が独占している。

独占し過ぎているため、必要な分しか発展しておらず、例えばシャドウボーダーの技術についてもその一側面に興味を持つのが精一杯という状況のうえ、テクノロジーを市井に普及させていない時点で小型化させる発想が全く無いことから、仮にシャドウボーダーを再現しようとした場合はよほど研究しないと弩級戦艦クラスの大きさでしか再現できないとのこと。


コヤンスカヤ曰く「人に愉と悦を配るのが芸能であり文化。でもそれを享受すべき『人』たる存在がここには異聞帯の王しかいない」「他の歴史のでの人類の醜悪な傲慢を、すべて異聞帯の王だけが召し上げて独占している。後に残ったのは無気力で無価値なペットだけ。再三口にするが自分は人間は嫌いだが、家畜になった人間を見るのはお断り。」「人間はその欲望のまま、傲慢で身勝手であるべきものであり、こんな何の悩みもなく生を謳歌するなど、自分たちケモノに対する冒涜


以上のように、世界としては極めて安定している。一方、「支配欲の権化であるはずの異聞帯の王が統治している」にもかかわらず「異聞帯としては拡張の気配がまったく無い」というちぐはぐなエリアであり、嵐の壁の外にまで目を向けようとする異聞帯の王も空想樹の存在を認識していないなど、不可解な点を持つ。


余談

OPで万里の長城らしき場所でサーチライトの使用されるシーンが多くのプレイヤーの疑問を招いたが、No.1開始により異聞帯の定義が明らかになり、その時代に直接ダイブする特異点とは違うものであることが判明したことで氷解した。


異聞深度はすべての異聞帯の中で最も低いが、ヒナコはある理由からこの異聞帯の王は相当に危険だと報告していた。


シナリオ担当は『Fate/Zero』でおなじみの虚淵玄氏。

……そう、別方面ではいろいろと有名な虚淵御大である。

第2部発表当時のPVのシナリオライター陣に名前がなかったこともあり、この発表がなされたネットでの生放送では、出演者のみならず視聴者さえ開いた口が塞がらないという場面を生み出した。


オファーがあったのは終局特異点が実装された2016年末頃で、奈須きのこ氏からの指名とのこと。

ちなみに、『Zero』を執筆するに辺り、虚淵氏はランサー関羽アサシンに仙人を据える予定であったが、菌糸類が登場英霊は西洋の英霊のみと指定した事でボツになってしまったという逸話があり、本作はそのエピソードへのリベンジを兼ねているのかもしれない。


(結果として本章にはアサシンの仙人は虞美人が、中華ランサーは秦良玉が登場する事に。関羽も直接登場とはいかなかったが、存在が仄めかされたり、彼と深い縁がある赤兎馬が登場するといった形でフォローされている。)


上記の配信直前生放送には、過去の虚淵作品でえらい目に合わされたキャラクターを担当する川澄綾子女史と悠木碧女史も出演しており、虚淵氏のクレジットを見るなり「絶対幸せになりませんよ!」(悠木)、「私も割とひどい目に遭ってきました!」(川澄)など「被害者の会」からの経験談が語られた。

アルティメット新所長

また、虚淵シナリオということでカルデア新所長の行く末を心配した島﨑信長氏は「ヒロインは助かるんですか?」とノリで尋ねたが、これに対し悠木女史は「概念になります」と発言し、放送後このような「概念になったゴルドルフ」が描かれるというド級の珍事が発生した。

(ちなみにあちらヒロイン概念になってもひどい目に遭っている


尚、生放送で発表された新規サーヴァントは蘭陵王、秦良玉、項羽の三体だったが、蓋を開けてみれば赤兎馬、始皇帝、虞美人、そして後に実装された李書文(アサシン)陳宮の合計8体が登場する事となった。(UMAに関してはCMに登場している)

尚、ストーリーの登場のみに終わった韓信を含めても、現時点での2部新規登場サーヴァントの数はこの章がダントツ一位である。そこは人口一位の中国、数では負けていなかったという事なのだろうか。


また、現時点において2部のストーリーで唯一専用のテーマソングの存在する章となっている。

テーマソングである『Thest』は中華テイストの曲ではあり、歌っているアーティストも存在する一方で、歌詞という物が無い。これに関しては『歌詞』が『儒』に相当するからどこの国の言葉でも無い造語で作られた歌だからという説がある。


関連動画


関連イラスト

无题センシティブな作品

スパルタクスには誰でも成れる夢幻シンの追憶センシティブな作品


関連タグ

Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt FGO 異聞帯

中国  理想郷/ディストピア 天下泰平 悲哀 恋慕 唯一無二 祈り


外部リンク

公式振り返り企画『Road to 7』


前後のストーリー

関連記事

親記事

異聞帯 ろすとべるとまたはいぶんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1195198

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました