ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
悲しい、哀れな事。

悲しい哀れと感じられる事柄。

悲しい哀れと感じられる事柄。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 寻人启事:勿落

    只是一些牢骚,打扰您的兴致报以十分的抱歉…
  • 限りある永遠、運命の蒼い糸。

    牧丘陽介

    作者はサイレンススズカ(ウマ娘)において好意的ですが、加齢、裏切り、軽度の性描写、死の表現を含みます。 ◆ヤマビコ運動具店が仕掛けてきた攻撃の本当の対象に見当がついているサイレンススズカのブレーン、牧丘陽介が立ち上がる。 穏やかでいたいサイレンススズカを尻目に、短期決着の攻防戦が動き出した。 第7話 牧丘陽介
  • 黒猫に取り憑かれた私

    悪魔って人の感情とか魂を食べると存在が強くなってより強固なものになるらしいですね。 例の如く駄文です なんでもいい人だけどうぞ
  • あなたが見つめる先は

    【あらすじ】 母の親友と母を亡くしたあなた。あなたは母の親友に好意を寄せているが、親友が見つめているのはいつまでも母だけで…。 〈利用規約〉 ・もし台本を使って頂ける際はここのコメントかTwitterに使用報告をお願いします。 ・この台本はあくまで百合台本として投稿していますので、BLなどに性別変換して読まれる場合はお手数ですがお読みになる前に報告をお願いします。 ・台詞アレンジはOKです。変なところがあれば変えてもらえればと
  • 哀歌~アイカ~

    『取捨選択』

    『振られた時の作品』シリーズ♪ ……シリーズ化していいのか、俺(某ライフカード的CM風に)。 俺は選ばれませんでした(苦笑)。 ――――さぁ、君はもう選んだのだろう?
  • 合作小説 個人の部 ジンチョウゲに捧げた重い思い、想い。

    こちらは鈴木湊さんの作品となっております
  • 君の涙は…僕を惑わす

    初投稿なのにこんな大層なタイトルつけた自分に笑う。駄作にならない事を祈って✡*゜
  • 限りある永遠、運命の蒼い糸。

    サイレンススズカの場合

    作者はサイレンススズカ(ウマ娘)において好意的ですが、加齢、裏切り、軽度の性描写、死の表現を含みます。 ◆軌道に乗ったはずのトレーナーが興した会社は、外交問題から存続の危機に直面する。 サイレンススズカなりの励ましに、回復の兆しを見出したいところ。 ひとりになった彼女に今、言い寄ってくる男は大企業の社長で、断れないサイレンススズカに付け込むように、呼び出した。 第3話 サイレンススズカの場合
  • 夢の話

    伝えたいこと

    『失った思い出』の続きです。展開が急すぎる感があるのと、情報が一気に付け足された感があります^_^; マジか、と突っ込みたくなるかもですが…どうか、お読み下さい〈(_ _)〉あと、長いです。
  • 地方でトレーナーを待ち続けるアグネスタキオン概念

    これはトレセン学園に入学することを拒否し、研究者としても一端の名もないウマ娘;アグネスタキオンと地方から上京し府中トレセン学園に勤務する、彼女の幼馴染であった新人トレーナーが紡ぐどうしようもない物語。  東京に引っ越してしまった彼が帰ってくるのは半月に一度。下手をすれば正月にしか帰ってこなくて、彼に恋慕を抱くタキオンは彼のそばにいたいけれど東京にはいきたくない。トレーナーに地方に戻ってきてほしいけれど、トレーナーにも事情がある。そんなもつれたお話です。  アグネスタキオン、ガラスの靴を履いた彼の反省を思えばレースという夢に身を焦がし破滅の一途をたどるより、誰にでもある、有象無象の中の一人としてありきたりな幸せをつかむのがよかったのかもしれません。ちなみに、ここの彼女は研究者としても大成はしません。たぶんこれから数年たって、トレーナーがベテランになったころに彼と地方に移住して、トレーナーがトレセン学園に勤務できるぐらいの通勤圏の、そこまで発展してない地方に移り住んで、そこで子供をこさえたりして。どこにでもいる、代替の利く人生を歩むでしょうが、焦がれ無き彼女は魂をささげる学徒の世界には入ってはいけないでしょう。トレーナーの手伝いで多少の功績をあげて陰ながらウマ娘たちを支えるかもしれませんが、歴史の中に名を埋め、これまで幾万と死んでいった名もなき研究者たちのように、同じく名もなき先人として後世の誰にも知られることなくひっそりと息をひそめていくと思います。たぶんそういうふうになります。ちなみに昭和58年が1980年なのはわざとです。別の世界線ということです。
  • 【2/24春コミ】さらば、愛しき人よ【新刊サンプル】

    2/24 HARUCOMICCITY24 東2ホール ミ36b『紫陽花デイズ』 初参加です。以前pixivにあげていた小説を手直しして本にしました。 どうぞよろしくお願いします。
  • 眠る少女の恋のお話 (一話完結)

    一話完結の短編。 1人の少女が、1人の少年に恋をする。 自分の病がその恋路を邪魔しようとも、少女は少年を想い続けて止まない。 シリーズものを続けて書いているので、ちょっと息抜きに書いたものです。 これの続きを書く予定はありません。
  • 【フリー台本】朗読

    【朗読】猫

    君と過ごせた時間 色々あったはずなのに 楽しかったことばかり思い出すんだ ━━━━━━━━━━━━━━━ ※この台本は全年齢対象です。 ※この台本には、リップ音やR要素、残酷描写は含まれておりません。
  • Die Liebe zu Blasen

    【あらすじ】  シュテルンは幼いことにある人魚の物語を聞いた。有名な作品だが、母が教えてくれたのは皆が知る結末ではなかった。真っ白な肌にアクアマリンの瞳、白銀の長い髪の人魚は、別の魔女の提案を受け入れ、泡にならずにまた陸で生活を始めた。しかし、彼女は生にしがみついた罰として恋をすることができなくなってしまった。と……  それから十数年後、シュテルンは崖の上の雑貨屋に訪れ、そこでコラレと出会う。彼女はかつて母から聞いた人魚の容姿そのもので、シュテルンは彼女に一目惚れした。 ある日、シュテルンはコラレに貰った貝殻のイヤリングをつけて仕事をしていた。常連さんにどこで買ったのか尋ねられ答えると、常連さんの顔が歪んだ。なんでもあそこには人魚がいるらしいとのことだった。常連さんが口にした容姿が、まさにコラレだったため、胸がざわついた。  そんな感情を抱きながら、高台から海を眺めていたシュテルン。不意に、何かが海面を跳ねる姿を見た。シュテルンは慌ててコラレの店へと向かった。扉をノックすると、コラレが姿を表す。髪は少しだけ湿っている。お風呂に入っていたかもしれないと思っていながらも、胸のざわめきは消えない。シュテルンは意を結成て、彼女に「貴女は人間なの?」と尋ねた。シュテルンの表情を見て察したのか、コラレは彼女を中に案内した。  部屋の奥、コラレは不思議な石を使ってシュテルンと会話をした。初めて聞く彼女の声はとても美しく、容姿ととても合っていた。  コラレは語った。自分という存在のことを。それは、かつて母から聞いた物語そのものだった。 踏んだり蹴ったりだと、自業自得だと、コラレは苦笑いをする。そんな姿まで美しくて、シュテルンの心臓は激しく動く。正体がバレたコラレは、シュテルに「私が怖い?」と言われた。その質問に対して、シュテルンはコラルに近づき、彼女の両手を優しく包んで彼女の額に自分のひたいを当てた。 「私は貴女が好きよ」。怖い怖くないではなく、彼女は自分のうちにある感情を彼女に伝える。たとえ彼女がだれかを好きになれなくても、自分は一途に愛し続ける。おばあさんになっても死んでも・・・そんな重い愛情に、コラレは苦笑いを浮かべる。どうしてそこまで好きになれるのかと。その問いかけにシュテルンは笑顔で「貴女が綺麗だから」と、そう答えた。  彼女の笑顔を見て、コラレは俯きながら「そっか」とだけつぶやいた。顔をあげた彼女は、涙を浮かべながら笑顔で「キスをしましょう」という。突然の提案。コラレはシュテルンに恋心を抱いているわけではない。だけど、彼女が求めてきてくれたのが嬉しくて、そのままシュテルンはそっと薄暗い部屋の中で、コラレと唇を重ねた。「ありがとう」と一言だけ口にしたコラレ。その後は、もう遅いからとシュテルンは家へと帰った。  翌日、彼女はいつものように店へと足を運んだ。軽い足取りで訪れたが、店の方に彼女の姿はなかった。部屋にいるのだろうかと、上へと上がり、彼女の部屋の扉を開けた。  開け放たれた窓からは海が見える。その窓際にある別途の上、壁に寄りかかり、海でもみるかのように、コラレは手に探検を握り、白い寝巻きの服を赤く染め、笑みを浮かべて死んでいた。一歩、一歩と近づき、数歩歩いたところでシュテルンは膝から崩れ落ちた。悲しく、涙を流す。泣き叫びたいのに、死んだコラレがそれを許さなかった。死んでいるのに、その死んだ姿さえも目を引くほどに美しかったからだ。シュテルンはゆっくりと手を伸ばすが、結局そのまま、伸ばした手を自分にもどし、両手で顔を覆って、声を抑えながらシュテルンは泣いた。 コラレが死んでいた部屋のサイドテーブルに置かれた手紙。 内容はたった一言だけ。 「愛してくれてありがとう」
    21,179文字pixiv小説作品

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎
  3. 悪女(と誤解される私)が腹黒王太子様の愛され妃になりそうです!?

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー