ピクシブ百科事典

異聞帯の王

いぶんたいのおう

『Fate/Grand Order』の第2部「Cosmos in the Lostbelt」において、世界各地に出現した「異聞帯」をそれぞれ支配する統治者たちを指す。
目次[非表示]

概要

その名の通り、剪定された歴史である異聞帯を統治する支配者。
異聞帯と化した各々の世界全土を実質一人で支配する事になった存在で、各歴史が剪定された要因にも大きく関わっている。
それ故、皆生前の状態でありながらサーヴァントと同等かそれ以上の強大な力を持っている。

2021年度現在、異聞帯の王は計6名が判明しており、ゼウス以外はサーヴァントとしてプレイアブル実装されている。

空想樹の接続者

彼らは異聞帯の統治者であると同時に、異聞帯を維持する要となる空想樹の接続者でもあり、空想樹を育て根付かせる役目を担っている。育成以外に空想樹の内包する魔力を自身に供給させる、樹から吹き出した種子を任意で自壊させるといった一部の権能も行使可能。

なお、空想樹との接続と解除自体は各異聞帯担当のクリプターが権限を持っており、根付いた後に異聞帯を発展させるのもクリプターの役目となっている。
しかし彼らからすれば、歴史の残滓であった自分の世界を維持する空想樹は必要不可欠であると同時に不純物で、クリプターも協力者だがよそ者でもあるため、対応内容はそれぞれで異なっている。

この辺りの詳細に関しては、空想樹およびクリプターを参照されたし。

一覧

イヴァン雷帝


ロシア異聞帯の王。
彼は自ら治めるロシアが異聞帯であると認識していたが、旧来の神の信仰者であるため空想樹および異星の神の存在を認めておらず、大地を操作する最高特権『非常大権』を行使して『空想樹オロチ』を根付かせなかった。それ故に、ここを担当するクリプターのカドックからは問題・危険視されていた。
詳細はイヴァン雷帝を参照されたし。

スカサハ????


北欧異聞帯の王。
彼女は空想樹の正体こそ理解出来なかったものの、イヴァン雷帝とは逆にその存在を許容しており、『空想樹ソンブレロ』の周囲に彼女の魔力によって作り出された氷雪の結晶を散布し、魔術的な防護を施している。ここを担当するクリプターのオフェリアとも良好な関係であったが……。
詳細はスカサハ=スカディを参照されたし。

+


中国異聞帯の王。
担当クリプターの芥ヒナコとは“ある約束”を交わすなどしていたが関係は良好とは言えず、彼女は始皇帝に空想樹を知られると厄介であると判断し、扶桑樹内部の異空間に『空想樹メイオール』を隠し生育させていた。そのため、始皇帝は終盤に至るまで空想樹の存在そのものに気付かなかった。
詳細は始皇帝を参照されたし。

アルジュナオルタ


インド異聞帯の王。
アルジュナ・オルタも空想樹の存在を認めている異聞帯の王の一人で、『空想樹スパイラル』周辺を生物はおろか無機物や霊体にすら影響を及ぼす猛毒の乳海で満たして侵入を防ぎつつ、ヴィマーナに乗っての飛行巡回で監視していた。
担当クリプターのペペロンチーノはあまりに規格外なアルジュナ・オルタを持て余していたが、後に異星の神の使徒の一人であるアルターエゴに介入され……。
詳細はアルジュナ・オルタを参照されたし。

【FGO】星間都市山脈オリュンポス 神を撃ち落とす日


ギリシャ(大西洋)異聞帯の王。
オリュンポス十二神の主神であり、彼もまた空想樹の存在を認めている。担当クリプターのキリシュタリアとは、最終的に対立する事になると理解していながら、「盟友」と呼び合う良好な関係を築いている。
既に完成の域に達している『空想樹マゼラン』を『アトラスの世界樹』と名付け、異聞帯の維持とオリュンポス都市の運営を順調に遂行しているが……。
詳細はゼウスを参照されたし。

モルガン


ブリテン異聞帯の王。だが、異聞帯の歴史の途中から統治してるため、分岐点に関わるか否かの定義では真の異聞帯の王ではない。
担当クリプターのベリル・ガットとはサーヴァントの契約を結んでいる。
女王暦と改めて2017年にも渡り、妖精の島と化したブリテン島を支配してきた冷酷な女王。今までの異聞帯の王達とは一線を画し、カルデアの者が認めるほどの神域の魔術師としての技量を以って空想樹の全てを理解し、誰よりも最大効率に利用し切って『空想樹セイファート』の中身を“干して”大西洋異聞帯の『空想樹マゼラン』を攻撃するのに使用した。
しかし、ブリテン島への執着、妖精騎士トリスタンへの愛情、妖精達の気質と確執など、一つ一つの歯車が噛み合ってしまい、やがて展開は最悪な方へ向かっていく事に……。

詳細はモルガンを参照されたし。

関連タグ

異聞帯 空想樹 クリプター

????※2部第6章最大のネタバレにつき閲覧注意)……「自ら治める世界を正しいものとして信念を以て守る」異聞帯の王たちに対し、あちらは「己のいる異聞帯を間違ったものとして滅ぼし、更に人類史そのものを根絶する」事を目的とする対極と言える存在。

関連記事

親記事

異聞帯 ろすとべるとまたはいぶんたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「異聞帯の王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99126

コメント