ピクシブ百科事典

イヴァン雷帝(Fate)

いうぁんらいてい

「Fate/Grand Order」に登場するライダークラスのサーヴァント。
目次[非表示]

礼拝の時間は終わった。であれば、次は戦いの時間だ

プロフィール

真名イヴァン雷帝
クラスライダー
性別男性
身長531cm
体重2548kg
出典史実及び異聞帯
地域ロシア
属性秩序/混沌・悪・人
好きなこと王妃アナスタシア、信仰、礼拝の時間、就寝前の音楽鑑賞
嫌いなこと国政に巣食う賊臣、反逆者、自身の苛烈さ
Illustdanciao
設定担当???
CV黒田崇矢

属性は秩序と混沌、どちらにも割り振られる。カルデアに登録された霊基は秩序側。

概要

Fate/Grand Order」に登場するライダーサーヴァント。レアリティは☆5。

第2部第1章「永久凍土帝国アナスタシア」に登場。
「異聞帯の王」と呼ばれる強大な存在。しかし普段は大量のオプリチニキを展開するために常に眠り続けている。

真名

現在の人類史にいたる過程で「不要なもの、不要なゆらぎ(イフ)」としてそぎ落とされた“もしも”のロシア、「その先は行き止まり(デッドエンド)なので歴史を打ち切る」と並行世界論にすら切り捨てられた永久凍土帝国アナスタシアに君臨する皇帝。
それがイヴァン雷帝である。
サーヴァントとして蘇ったイヴァン雷帝その人だが、異聞帯の歴史においては世界最初のヤガとして存在している。
彼の帝国に住まう者はみなヤガだが、それは人間の姿では、最早生きていけない過酷な環境だからだ。

ただし、その過程で彼らは人間であったときに得た大切なものを失った。

汎人類史におけるイヴァン雷帝は、暴君でこそあったが、魔術とは縁遠い存在であった。
しかし、異聞帯において世界凍結の危機が迫ったとき、彼は魔術師たちを招聘。
魔獣と人を結合させる技術を伴って、生き延びる道を求めた。

しかしそれは、最早人間とは異なる生物を世界に産み落としたも同然であり、
やがて精神も変容してしまった彼らは行き詰まりの人類史―――
剪定されるべき世界と認識されてしまった。

慟哭は止まらず、雷帝は嘆きながら巡礼を歩む。

人物

ロシア最悪の暴君と謳われるだけあって、その苛烈さと残虐さは類を見ない。
そしてその一方で、神に対してはひたすら敬虔な信者であった。
そのあまりに相反する二面性は、真っ当な人間が許容できるものではなく、絶対的な権限を持った皇帝のみに許された特権であっただろう。

現代の知識によって自身の状況を弁えてはいるが、一般人であればこのサーヴァントを目視しただけで昏倒するだろう。
姿形が怪物であるだけでなく、彼の持つ権勢があまりに圧倒的であるからだ。

敬虔な国教会信徒――――。慈悲を以って接する彼は、凍てつく大地の民を慮る「国父」としての深く遠大な度量を示す。特に敬愛の情を抱く相手の言葉は、真摯に受け止めようとするだろう。
それだけに、怒れる暴君「雷帝」としての激烈さは反比例するかのよう。一度怒りに火が点けば、敵対者はおろか周囲のすべてを破壊し、殲滅し尽くしてなお止まることを知らない。

皇帝然とした尊大な人物である一方、自らの罪に後ろ髪を引かれる贖罪者でもある。カルデアのマスターを自らの参謀と捉えつつ、召喚時に「余を罰するがいい」と神妙な言を零す。
絆を深めることでヤガとして同胞に加えようと考えるほど気に入ってくれるが、さすがのぐだーずもそれは丁重に断っている模様。同胞に加わらないことに不満を零すが、微睡みの中で見たマスターの姿を慈しむことで良しとする姿から、その愛の深さを窺うことが出来る。


能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香B+A+DCBA


異聞帯のサーヴァント、劣悪な環境で生存する魔獣との合成人類「ヤガ」であるため、肉体面では無類の強靭さを発揮する。
(おそらく象系統の魔獣と思われる)
敏捷性は規格外の巨体ゆえ、Dランクと低い。

宝具の使用を本分とするライダークラスらしく、宝具そのものが規格外かつ強力無比。
ただし第二宝具に関しては、領土と規定できる自陣と自身の睡眠がカギを握るため、能力の完全使用にはそれなりの土地と、補給される兵士を賄うだけの魔力リソースが必要になると考えられる。


保有スキル

矛盾精神(A)ロシアの皇帝として、中央集権政治を確立したイヴァン雷帝は同時に恐怖政治を敷いた。午前に罪を悔いて聖堂に籠もり、午後からは叛逆者に対する拷問を歓喜と共に行った。完全に聖人と兇人が同化したような精神は、ランダムに属性を二種類に変化させる。即ち秩序か混沌か、である。
無辜の怪物(異)(A)人でありながら「神」と同等である存在と自称し、かつて権勢を誇った貴族たちを追いやったことで、その権力は頂点に達した。ロシアは彼を絶対的な皇帝と敬い、西欧の人間は彼を「恐怖(テリブル)」と呼んで怯えた。凍土帝国における彼は、当時最強を誇った魔獣と結合することで、異聞帯ロシアを支配するに相応しい怪物となった―――成り果てたのである。
非常大権(A)対立した貴族を支配するため、イヴァン雷帝が求めた皇帝への絶対服従権。周囲の人間への強烈な威圧感は、全能力のランクを下げる強烈な“重圧”の効果をもたらす。一般の人間であれば、目視することも難しい。ランクB以上のカリスマにより、打ち消すことが可能。
対魔力(D)魔術への耐性。一工程の魔術なら無効化できる、魔力避けのアミュレット程度のもの
騎乗(EX)乗り物を乗りこなす能力。超重量の巨躯ゆえ、乗りこなせる乗り物には極端な制限がかかるだろうことから、ほとんどの乗り物には乗れないと思われる。しかし全盛期の姿を取り戻すことで、騎乗獣として「神の畏怖」を体現する山のような巨獣と一体化し、一切を蹂躙しながら進撃する。


宝具

我が旅路に従え獣(ズヴェーリ・クレースニーホッド)

Ivan the Terrible (イヴァン雷帝)


  • ランク:A+
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:0
  • 最大捕捉:1人

「悪夢のように現れ、悪夢のように殺す。粛清の時は来た。
『我が旅路に従え獣(ズヴェーリ・クレースニーホッド)!!」

神獣の十字行。皇帝がいずれ行き着く(と信じている)天上の国に向けての行進。
つまり前に立ち塞がる者は皇帝への叛逆であり、それは即ち神への冒涜である。
イヴァン雷帝は在りし日の巨獣状態を一時的に取り戻し、容赦なく敵を粉砕する。

ゲーム内での種別はBuster。効果は「自身の宝具威力をアップ(1T・オーバーチャージで効果UP)+敵全体に強力な攻撃&Buster攻撃耐性をダウン(3T)」

我が夢路に這い出よ黒犬(チョールヌイ・オプリチニキ)

殺戮猟兵


  • ランク:B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:領土内すべて
  • 最大捕捉:3000人

黒犬兵団。イヴァン雷帝が非常大権と共に導入した「親衛隊(オプリチニキ)」が変貌した宝具。
オプリチニキとは、あらゆる貴族に対する財産、土地の没収などを行える権限を持つイヴァン雷帝の手足とでも言うべき存在だった。
黒衣を纏い、黒毛の馬に乗り、黒い馬具をつけ、馬の首には犬の頭をくくりつけた。同時に獣毛を箒状に編んだ鞭を持ち、「裏切り者に対しては犬のように襲い掛かり、箒で掃き出す」という意味合いを込めたという。
かつては寝食すら共にし、同じ屋根の下で暮らす共同体だった彼らは、いまやこの世に存在しない。彼らが這いずるのは魔獣雷帝イヴァンの夢の中だけ。イヴァンが眠りに入ると発動する自動防御、制圧宝具。
そのまま無数の兵士たちの姿に分散し、彼に仇なす敵兵を鏖殺せんと奔走する。集団の暴力としては圧倒的であるが、個々の力は弱いのが唯一の救い。ただし、首都モスクワ近辺では一体一体が低ランクサーヴァントに近しい力を持つ。

言語能力と単純な思考能力は有するが、当然ながらすべてが「イヴァン雷帝のため」であることに偏執している。しかしイヴァン雷帝から指示権を与えらえた者、周到な欺瞞には判断が鈍り、とりあえずは粛清対象から一旦は除外する。
いうなればロボット的判断しか下せないため、即応性のある行動には欠いている。
兵団内の連携は個体間で即時に伝播する一方、イヴァン雷帝へは別の者が上奏するか、兵団がイヴァン雷帝の覚醒を促さない限り、伝達速度は速くない節もある。

ゲーム内では「殺戮猟兵」と表記された。

ゲームでの性能

☆5のライダー。召喚できるのは今のところ1章配信から1週間後に行われたアナスタシアPU2のみ。
《Quick:1/Arts:2/Buster:2》のセイバー型カード構成。宝具込みでBusterチェインを狙っていける。

スキルは「矛盾精神(A)」「無辜の怪物(異)(A)」「非常大権(A)」と全てランクが高い複合スキル。
初期CTが7・8で回転率にも優れる。詳細は後述するが、巨体に似合わずスキルは全て小回りが利くため、ボス戦・高難易度での編成で本領を発揮する

「矛盾精神(A)」は「NP獲得量アップ(3T)」を付与し、さらに「弱体解除」を行う複合スキル。どちらの効果を使うかで少々切りどころに悩むが、最短CTが5と短めなため積極的な運用ができる。NP獲得量アップ状態でのA,Qカードによる攻撃は☆5ライダー中トップのNP獲得量を誇る。

「無辜の怪物(異)(A)」は「毎ターンスター獲得状態(3T)&Busterカード性能アップ(3T)」を付与。レベルを最高まで強化すると、毎ターンスター10個獲得&Buster性能40%アップという破格の数値を叩き出す。スター集中度が高いライダークラスなため、パーティー編成によりスター配分を偏らせて自身に集めると火力を伸ばしやすい。

「非常大権(A)」は「自身に無敵状態を付与(1T)+敵全体の攻撃力ダウン(3T)&強化解除」。これ一つでできることが多く、どのタイミングで使っても腐りにくい。ちなみに全体バフ剥がしはスキルでは初登場となる。

宝具は『我が旅路に従え獣(ズヴェーリ・クレースニーホッド)』、効果は上述の通り。宝具威力アップが付与されてから攻撃になるので火力は伸びやすい。宝具火力はイスカンダルに次ぎ、既に宝具強化されているドレイクを上回るほど(そもそも彼女は一発の威力よりも回転率重視の性能をしているという面はあるが)。
クリティカルを狙いやすいクラスなので、スキル1発動中にAクリで再びNPを稼ぎ、Buster耐性ダウン中にもう一発叩き込むことさえ視野に入る。

パーティを組む際に相性が良いのは、やはり星出し・クリティカル&Buster強化・NP供給を一人でこなせるマーリンなどか。巨体に反しそこまででもないHPを補うこともできる。

育成に関しては、霊基再臨とスキルの両面で「隕蹄鉄」が相当数必要になるほか、「万死の毒針」と2部1章からの新素材「永遠結氷」がスキルのレベルアップ終盤で大量に必要になる。

難敵を相手に、皇帝の威光をこれでもかと見せつけてやろう。

関連人物

アナスタシア
自身の妃と同じ名の皇女。異聞帯では記憶の混濁などもあって彼女のことを本当に自分の妻だと思い込んでいた。
カルデアで召喚し出会うことになった場合は「娘も同然」とまた別の寵愛を注いでいる。

マカリー師父
暴君であった彼が唯一師事した人物。
だが彼がそう名乗っただけの別人だということには気付けなかった。

アマデウス / アマデウス・オルタ
宮廷音楽家。音楽の無い世界で雷帝だけが彼の音楽を受け取ることができた。
もっとも、その旋律・音色の全ては雷帝を眠らせておくために血に塗れていたのだが。

藤丸立香
自身が治めてきた世界を破壊する者。
彼/彼女との戦いの果て、雷帝は自らが何を愛し、何を捨て、何がなくてはならなかったのかを思い出し、剪定されてしまった理由を悟り最終的には敗北を認めた。

その他

イヴァン雷帝


これまでに実装されたサーヴァントとしては最大クラスの体躯の持ち主
身長5m強・体重2.5t強と、ダレイオス三世アステリオスチャールズ・バベッジをも軽々と超えている。
重量でもパッションリップの1tを凌駕。しかもあちらは巨大な金属の腕が重さの原因なのに対し、こちらは自前の骨肉の重みなのだがら、その規格外ぶりが際立っている。ゴルゴーン新宿のアヴェンジャーを並べてみれば完全な人外パーティと化し、最早どちらが敵かわかりゃしない。
……え、ハロウィンのアルターエゴの方が重い(4t)? あっちはデタラメの権化やしノーカンで(汗)

前述したサーヴァントでパーティーを編成すると、画面の圧迫がオカシイことになる。
特にイヴァン雷帝は、画面上部のパラメーター表記に頭が掠っている
再臨していくと、肌というか外皮の青色が濃くなっていく。

担当声優はフェルグスの叔父貴を演じる黒田崇矢氏。
戦闘画面ではエコーがかかるのでそれほど気にならないが、ごついイヴァン雷帝の姿に反して、黒田氏特有の男の色気たっぷりな皇帝ボイスを拝聴できる。なおマイルームではこのエコーは消えるため鮮明なボイスを聞くことができる。
そのせいか、「象が如く」とか「雷帝の極み」とか、挙句「死を偽装して引退後にこっちに呼ばれたんすね!?」だの「北斗の次はFateに来たんすね!?」だの、中の人ネタを振られることも。

アナスタシアからは「目が苦手」と言われ、避けられている。
……目、どこ?(汗)

関連画像

イヴァン雷帝
イヴァン雷帝
イヴァン雷帝
君臨する雷帝




関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント ライダー(Fate) 永久凍土帝国アナスタシア
皇帝 暴君 キメラ マンモス  おそロシア

pixivに投稿された作品 pixivで「イヴァン雷帝(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 435664

コメント