ピクシブ百科事典

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Fate)

ゔぉるふがんぐあまでうすもーつぁると

ゲーム『Fate/GrandOrder』に登場するキャラクターで、「魔術師」クラスのサーヴァント。
目次[非表示]

美しいものしか愛せないんじゃないよ
人間は、美しいものだって愛せるって話だよ

プロフィール

真名ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
性別男性
身長180cm
体重65kg
出典史実
地域欧州
属性中立・善・星
IllustPFALZ
設定担当奈須きのこ
CV関智一


ひそかに、愛するひとと同じ属性であることを喜んでいる。

概要

Fate/Grand Order」に登場するキャスターサーヴァント。レアリティは☆1。
メインシナリオでは、第一章「邪竜百年戦争オルレアン」にて味方のはぐれサーヴァントとして登場。

人物

音楽に対してはひたすら真摯、至高の聖人。人間としては――、残念ながらクズの部類。
割合に人と話すのが好きで、冗談も好む。
真に大好きな冗談であるところの下ネタは意図的に(マリーに言われて)封印している。

彼の音楽は、常にひとりの女性へ捧げられる。
幼い頃――ウィーンの宮殿に招かれた際に出会った、輝きをかたちにしたかのような少女。
マリア。すなわち後年「マリー・アントワネット」として処刑台の露と消える、悲劇の姫君――。
彼は、マリアが死すよりも先に急逝した。
私が生きていれば。あのような惨いギロチンの結末を、彼女に迎えさせることはなかったのに。
その資格はないと弁えながら、彼は願わずにはいられない。
輝くべきマリアに、幸せの日が訪れんことを――。

真名

正装


ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。
世界有数の天才作曲家にして演奏家。
異常なまでの音感を有し、揺るぎない天才性を以て多くの楽曲を後世に残した十八世紀の人物。
神に愛された子。奇蹟の天才。

「アマデウス(神に愛された)」という洗礼名を体現するように、彼はその生涯において神掛かった音楽の才を発揮し、数多の名曲を生み出した。
音楽家レオポルトの末っ子として生を受けたアマデウスは、3歳でチェンバロを弾き、5歳にして作曲を手掛けるなど、父も驚愕する神童だった。才能を確信した父は我が子に英才教育を施し、やがて音楽の都・ウィーンでその才能を本格的に開花させていく。
驚異の音感、一度閃きを得れば推敲の間もなく出来上がる旋律たち。ときに人に請われれば、その場で嘆息を催すほどの甘美な音色を即興で仕上げて見せるなど、彼の音楽家としての超人的な逸話は枚挙にいとまがない。

だが同時に、音楽の天才は「破滅の才」も持ち合わせてしまった
鮮烈な天才のエピソードを生むそばで、貴族たちの社交場に顔を出すようになったアマデウスは、そこで社交界の享楽、――特にカード賭博に溺れていく。
生来の奔放な性格ゆえ、愉しみを覚えるとのめり込むのがこの天才であった。だが神は、アマデウスに倹約の才はまでは与えなかった。妻と揃って積み上げてしまった社交界での借金を返すべく、彼は更なる音楽活動に埋没する。
苦難と苦労の末に歌劇魔笛』の公演を成功させ、ようやく巻き返しを図れるようになった頃、――既に死神は彼の傍らで肩を叩いていた。

こうして、社交界に華々しく咲いた大輪の楽才は、ボロアパートの一角で見るも無残に萎れるに至る。
今際の数か月、病魔に取り憑かれながら、ひたすらに一つの楽曲を作り続けた。
嘘か真か、そのは「死神がアマデウスに依頼した」と噂され、未完成のまま弟子によって補完され、後世に語り継がれることになる。


能力

魔術の世界にも傾倒し、ある秘密結社との関係を有したとの伝説が存在する。英霊としての彼はオルフェウスに由来する音楽魔術をはじめとして、伝説通りソロモンの魔術にも縁深い。
通常は、音を媒介とした音楽魔術で攻撃を行う。

ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
DEBB+DB


保有スキル

音楽神の加護(偽)(EX)本来は芸術の女神ミューズの加護を示すスキル。遍く音を聞き分け、天才的な演奏を可能とする。更に、音楽魔術の行使にプラス補正。アマデウスは生来の音感と才能、そして研鑽によって、このスキルと同等の効果を自分自身の力として発揮できる。
芸術審美(B)芸術品・美術品への執着心。芸能面の逸話を持つ宝具を目にした場合、低い確率で真名を看破できる。
小さな夜の曲(EX)詳細不明。彼が作曲したセレナーデ「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」を和訳したものを指す。
陣地作成(B)キャスターのクラススキル。魔術師として自らに有利な陣地な陣地「工房」を作成可能。アマデウスの場合、陣地は「演奏会場」としての形態を有することになる。


宝具

死神のための葬送曲(レクイエム・フォー・デス)

  • ランク:B
  • 種別:対軍宝具
無題


「聴くがいい! 魔の響きを! 『死神のための葬送曲』(レクイエム・フォー・デス)!」
死の直前、死神に葬送曲の作成を依頼されたという伝説に由来する魔曲。
ゲーム上では、種類はArtsで、効果は【敵全体にランダムで攻撃ダウン・防御ダウン・呪いを付与(効果はいずれも3ターン継続)】というものになっている。
詳細は個別記事。

人間関係

マリー・アントワネット
幼少期にプロポーズしたフランス王妃。その恋は既に終わっているが、彼女への愛は今も変わらず。

シャルル=アンリ・サンソン
気に喰わない処刑人。ただし嫌いな理由は「素直じゃないから」と至ってシンプル。
サンソンの方からも半ば嫌悪されている。
だが、「アマデウス仮面」時にはその正体を気付かれていないため、純粋に慕われており、内心は複雑な模様。

シュヴァリエ・デオン
気の合いそうな倒錯趣味者。ただし本人からは変質者扱いされ嫌われている。

アントニオ・サリエリ
アマデウスの人生を語る上で外せない同世代の音楽家。
彼の死の原因、宝具でもあるレクイエムを依頼したのは彼ではないかとすら噂された人物だが――。
本作中での二人の関係はというと……?

ゲームでの性能

ランクはキャスター唯一の☆1。
《Quick:1/Arts:3/Buster:1》と、カードの配分も特にクセが無い。
それゆえにステータス面はどうしても見劣りするため、まともに活躍できるのは序盤くらい。
しかしスキル「音楽神の加護(偽)<EX>」により、Arts性能を大きく向上させることが可能。しかも効果は味方全体に及ぶため、Arts攻撃を軸にしたいわゆる「Aパーティー」編成に組み入れるとなかなかに侮れない。特にArts属性宝具に一枚噛ませると、威力面もそうだが、解放後の再チャージでも一役買ってくれる。
再臨後に習得する「芸術審美(B)」も、万一に宝具を撃たれそうなときにワンクッション入れておけば、多少なりとも味方の生存率は上がってくれる。

宝具効果は上記の通り。サポート型な上にランダム性が高いので、どうにも信頼性に欠ける。

だが、「サーヴァント強化クエスト第4弾」にて第3スキル「小さな夜の曲(EX)」が追加。
効果はクリティカルスターを発生させるだけなのだが、注目すべきはその数。Lv1時点ですでに20個、最大のLv10まで育成するとなんと50個も発生させて、そのターンの攻撃を全て確定クリティカルへと変える強力なスキルへと変貌する。

ただ霊基再臨を進めるにあたって、「禁断の頁」×6、「無間の歯車」×4、「蛮神の心臓」×2と、☆1のくせに激レア素材ばかり要求されていくのがネック。強化クエストへ挑戦するには最終再臨まで到達する必要があることから、この出費を避けては通れない上に、「無間の歯車」と「蛮神の心臓」はスキル強化にも必要になるため、育成には結構な苦労が伴う。

なお、こんな感じに若干へっぽこではあるものの、実は属性的には「星」の特性を持つ稀少サーヴァントの一角であり、ギルガメッシュ宝具による「対サーヴァント特攻」の対象外に認定されている。

その他

  • 『FGO』のみならず『ちびちゅき!』登場時にもとんでもない歌詞の校歌を投下するなど下ネタ好きのイメージが定着してしまっているが、これは恐ろしい事に史実で、その最たるものが歌曲『俺の尻をなめろ』。とりあえずこれが宝具にならなくて良かった
  • インパクト絶大の「アマデウス仮面」の元ネタになったと思われるのは、1984年の映画『アマデウス』のポスターやビデオパッケージに使われたアートワーク。…だが、ここで実際に仮面を被っている人物はモーツァルト本人ではなく因縁の相手アントニオ・サリエリだったりする。
  • ちなみにイベント『ネロ祭 再び』にて「仮面キャスター・W」の名前で登場した事があるものの、そもそもクラスがライダーではないし、相棒と体を共有しているわけでもない。一応中の人は仮面のヒーローの大ファンではあるが、二人で一人のヒーローを演じた経験は…ないッ!!


関連イラスト

【FGO】アマデウス
アマデウス


無題
さあ、楽しい音楽の時間だよ



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント キャスター(Fate)
音楽家 芸術家 天才 変態 クズ
ギルガメッシュ……中の人繋がり
















※ここからは終局特異点「冠位時間神殿ソロモン」に関するネタバレがあります。






実は・・・(最終章ネタバレ注意!)

最終章で主人公達を助けに現れた際に、彼自身が魔神柱に覚醒する家系(しかも発言内容から第一章の時代担当だった可能性あり)の人間だったというサラリととんでもない事実を語る。
しかし彼は、他の柱となった魔術師たちがその運命を受け入れたのとは対照的に、魔神柱の絶対尊厳?何ソレ?興味ナシとばかりにこれを拒否し、「自分は既に音楽に魂を売っていたから、なる筈だった魔神柱にはならなかった」と語る。だが本当は、幼き日に出会った少女――未来の王妃殿下への想いこそが魔神の呪いを打ち破ったのだと彼は考えている。

これにより、プレイヤーの間でも長く疑問視されていた、幾ら高名であろうとも一人の音楽家でしかない彼がどうして星属性を有しているのか、そして何故FGO作中では有名な呼び名であるモーツァルトではなくミドルネームのアマデウスとしか呼ばれないのかが、ある程度判明した。
彼は人類を滅ぼす魔神柱とならず人として命を終えたため、結果としてその時代の人類全てを救っている。言うなれば、星属性と対立するカテゴリである「獣属性」に反したことが、彼に星の属性を与えたのだろう。
そして、彼がなるはずだったと思われた魔神柱はアムドゥシアスであり、アマデウスという名前は彼のソロモンに関する逸話を含めた伏線だったのだろう。のちに☆2以下の低ランクに背景が設定された際、彼の第一霊基のカードの額縁には白と黒のユニコーン(≒アムドゥシアスの暗示)が存在する。

第2章以降と違い、第1章で魔神柱が現れなかったのは、レフが登場しないからというメタな事情もあるだろうが、その時代担当であったはずのアマデウスが結局魔神柱にならなかったからでは?と一部のプレイヤーから推察されている。

終章では常のごとくあっけらかんと魔神の呪いを打ち明けた彼であるが、生前の彼にとっては何人も救えず理解しえない苦しみで有っただろう事が灰色の男の言葉から伺える。
――天才と呼ばれた男は灯りの消えた客たちの去ったステージで独り顔を覆っていた。彼は自分の中の何かとしか戦っていなかった、と。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9780501

コメント