ピクシブ百科事典

イヴァン雷帝

いうぁんらいてい

イヴァン雷帝(イヴァン・ヴァシリエヴィチ)とは16世紀のモスクワ大公

概要

イヴァン・ヴァシリエヴィチは1530年8月25日に生まれる
6世紀のロシア国家・モスクワ大公国のイヴァン3世の孫にあたり、モスクワ大公に3歳で即位した(在位1533年~1547年)
当時政治の実権を握っていた大貴族を次々と抑え、反対勢力に対するテロや、専制的な支配を行って
いたため「雷帝」と呼ばれた。主にイヴァン(イワン)雷帝という異称でも知られている。

(ただし、ロシア語の渾名「グロズヌイ」は「峻厳な、恐怖を与える、脅すような」といった意味の形容詞で、この単語自体に「雷」という意味ではない。
元となった名詞に「雷雨」・「ひどく厳格な人」という意味の「グロザー」があり、この単語との連関から畏怖を込めて「雷帝」と和訳されただけ。)

人物としては、きわめて残虐・苛烈な性格であったため市民達からはロシア史上最大の暴君、16世紀最大のモスクワの雄弁家にして著述家と言われる。
幼少に、クレムリン宮殿の塔から犬や猫を突き落とすのが趣味であったり、子弟を引き連れ市中で市民に暴力を振るっていた。冠位後、不敬常に処刑や拷問が行われ、イヴァンは拷問の様子を観察するのを好み、なにより流血を見るのが何より好きだったとされる。
祭日生神女マリヤの庇護に捧げる大聖堂を建立。彼は「美しさに感動した余り、設計者が以上に美しいものを造らないように失明させた」との伝説も

一方宗教的教養を身につけ礼拝巡礼を好んだ、長時間の祈祷や時課を行い毎夜のように生神女マリヤのイコンに祈りを捧げ、好んで鐘つき役や聖歌隊長を勤めたという記録が残されている。

生涯に7回結婚したが、ある日次男を誤って殺める。息子の妻エレナ妊娠中に正教徒が着るべき服を着ず、また部屋着一枚ところから激怒し棍杖で殴殺した。
晩年、息子を殺した罪の意識に苛まれ続けて不眠に悩まされるようになった。
1584年3月18日、側近とチェス中に発作で倒れそのまま生涯の幕を閉じた。

支部内では主に画像の『英雄戦姫』のキャラクターに対して使われている。

参考リンク

イヴァン4世/雷帝
イヴァン4世 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「イヴァン雷帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 367691

コメント