ピクシブ百科事典

蘭陵王(Fate)

らんりょうおう

『Fate/Grand Order』に登場するセイバーのサーヴァント。
目次[非表示]

サーヴァント、セイバー。蘭陵王、召喚に応じました。
仮面をつけての参上、まこと無礼とお思いでしょうが、平にご容赦を。

プロフィール

真名蘭陵王(高長恭)
性別男性
身長172cm
体重55kg
出典史実(中国南北朝時代北斉
地域中国
属性秩序・善
好きなもの馬の世話
嫌いなもの疑われること
天敵
ILLUSThou
設定担当
CV森なな子

セイバーであるが、馬と共に召喚された。

概要

Fate/Grand Order』に登場するセイバーサーヴァント。 レアリティは☆4。
第2部「Cosmos in the Lostbelt」第3章『人智統合真国シン』に伴い実装された。
恒常追加サーヴァントのため、ピックアップ期間以外の時期でも聖晶石召喚で召喚できる可能性がある。

仮面で顔を隠した武将であり、素顔はそれが宝具となってしまうほどの絶世の美形であるが歴とした男性である

真名

蘭陵王


中国は南北朝時代、北斉に仕えた武将『高長恭』。蘭陵王の通り名でも知られる。
その美貌と勇壮さで知られ、斉の軍神と讃えられ、賜ったものは果物一つといえども部下たちと分け合ったという。
死後は蘭陵武王の諡(おくりな)を賜った。

その美貌ゆえ仮面をつけて戦っていたが、なぜ隠すのかは、二つの理由が伝わっている。
一つは兵士が彼の美貌に気を取られ、士気が下がることを恐れたがため。
もう一つは、敵に侮られることを恐れたため。
いずれにせよ、その美貌は天下に鳴り響いており、幾つもの伝説が誕生した。

蘭陵王は皇族である高澄(文襄帝)の第四皇子として生を受けた。
母は荀という名の侍女だったが、将来必ず美しい子息に恵まれるだろう、と予言されていた。
そして生まれたのが高長恭……即ち、蘭陵王であった。

人物

初の中華鯖セイバー。
仮面をかぶっていることをわざわざ謝罪する程の忠臣で、召喚したマスターのために全力を尽くし、時に自分の犠牲も厭わない程。
場合によっては義にもとる行いにも踏み切る覚悟を秘めているが、すぐに無理が出てしまう、根っからの生真面目な優等生気質である。
プロフィールにあるように馬の世話が好きで、マイルームの会話では馬と一緒に召喚された事に喜んでいる。

非常に高潔・誠実な人物で、マスターの事も常に気にかけており(我が主、マスター等、マスターへの呼びかけは戦闘・再臨・マイルーム等初期ボイスだけで9つ存在する)、マスターの様子の変化にもよく気づく。
平時は穏やかにマスターの傍らに控え、いざ戦時となればその美貌と勇壮を謳われた伝説のままに勇ましく名乗りをあげてアクロバティックに戦場を駆け抜ける。

また戦いに対する姿勢も実に真摯であり、敵が自分より弱いはずはない、立ちはだかる者全てが難敵であると考え、いざというとき臆さぬ為にと慢心なく鍛錬を行なっている。
生前の主従関係ゆえか、主から好意を贈られる発想がなかったようで、バレンタイン時はイベントを知っていた様子にも関わらず、自分が貰えるとわかった途端盛大に慌てだしたり喜んだり救われたりと様々な一面を垣間見せた。

初出は第2部OP。その発表当初より、仮面を付けていたという逸話がある蘭陵王こと高長恭ではないかという説が有力視されていた。中性的な容姿に加え担当声優が元宝塚男役であることや、仮面を付けているのは女性であることを隠すためではないかと、型月恒例の女体化サーヴァントではないかと予想する者も多かった。
第2部開幕前の「4週連続・全8種クラス別TV-CM 第1弾 セイバー編」およびキービジュアルでも登場。
2部クラス別CM登場サーヴァントとしては3番目の実装となった。

能力

戦闘においては共に召喚された馬を駆っての馬上攻撃を得意とし、その性質からライダーの適正も有している事が伺える。
単騎で戦っても申し分の無い実力の持ち主だが、彼の真価は武将として軍を率いた時に発揮される。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
芥ヒナコBBA+DDB
藤丸立香BBA+DDB


スキル

隠美の仮面(A)その美貌で兵が動揺することを防ぐため、仮面をつけた逸話が昇華されたスキル。周囲の精神的動揺をシャットアウト。カリスマを隠す訳ではないので、兵たちの士気は依然高いままとなる。
勢い破竹の如し(C)詳細不明。「破竹の勢い」という故事成語があるが、勢いがあまりに激しく止めようのない状況、誰にも止められない快進撃を続けることを指す。
魔性の貌(EX)再臨することによって解禁される蘭陵王の素顔。歴史書に謳われるほどの風貌であった彼は、素顔を晒すだけで周囲に影響を及ぼす。月が応援してビーム出すかどうかは不明。
対魔力(C)魔術や呪いに対する抵抗力。Cランクでは、魔術詠唱が二節以下のものを無効化するが、大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。
騎乗(A)乗り物を乗りこなす能力。Aランクなら幻獣・神獣ランクを除くすべての獣、乗り物を乗りこなせる。


宝具

蘭陵王入陣曲(いさましきはかめんのもの、おんようけんびのりょうおうなり)

蘭陵王


  • ランク:C+
  • 種別:対軍宝具(自陣)
  • レンジ:1~5
  • 最大捕捉:レンジ内全て
わが貌をそれほど望むか。──ならば見せよう、呪われし貌を!

仮面をつけた蘭陵王の奮戦を讃え、兵士たちによって作られた曲とされている。
その曲は雅楽として唐代に日本にも伝わり、今もなお舞われている。
その勇猛さと美貌を讃える歌は味方の士気を向上させ、敵を怯ませる。
更に『音容兼美』とされた蘭陵王自身により、絶大な重圧とそれでも目を離せぬ美の恐怖を敵に与える。

まさしく文字通りの「顔面宝具」。宝具演出時には専用BGMと、仮面を外す正面からのカットインが入る豪華仕様である。

ゲーム内の効果は【敵全体のチャージをダウン+3ターン敵全体のクリティカル威力ダウン&3ターン味方全体の攻撃力アップ(オーバーチャージで効果アップ)+3ターン味方全体にダメージカット状態を付与[Lv.1~]】。

ゲームにおける性能

最大HP/ATKが【12625/9112】と、☆4セイバーでも最もバランスの取れたステータスの持ち主。
カード配分も《Quick:1/Arts:2/Buster:2》とセイバーの定形で癖がなく、〔Q:3Hit/A:3Hit/B:2Hit/EX:5hit〕と各攻撃のヒット数も上々、さらにArts性能が高めでNPを稼ぎやすく、宝具もArts属性なので宝具の次発装填も狙えるなど卒がない。

スキル宝具共に複数バフで味方の火力支援に特化しつつ、敵の行動阻害にも余念がない構成となっている。
また第1再臨~最終再臨および全スキルLv.9までに必要な素材はすべて第1部のものだけで揃うため、新規サーヴァントの中でも比較的育成が容易なものとなっている。
聖杯転臨およびフォウ投入によるステータスの変異は以下の通り。
Lv.90【HP:13961/ATK:10068】Lv.100【HP:15308/ATK:11033】
Lv.100(+フォウ強化2000)で最大【HP:17308/ATK:13033】となる。

スキルは、自身に2回分の無敵状態と味方全体に攻撃力アップを3ターン付与する「隠美の仮面(A)」、味方単体のNPを増やしつつ強化成功率をアップさせる「勢い破竹の如し(C)」、味方全体のArts性能をアップしつつ確率でスター発生率&クリティカル威力アップを付加する「魔性の貌(EX)」、の3つ。
どれも味方の支援に寄与した優秀なスキルで、特に「破竹~」はオジマンディアス以来となる稀少な「強化成功率アップ」の効果で、当の太陽王のスキル「太陽神の加護」を味方単体に絞ったものとなっている。

宝具は上述通り。属性はArts。
効果は【敵全体のチャージをダウン+3ターン敵全体のクリティカル威力ダウン&3ターン味方全体の攻撃力アップ(オーバーチャージで効果アップ)+3ターン味方全体にダメージカット状態を付与(宝具レベル依存)】。

敵全体のチャージダウンは敵の宝具発動を遅延させ、自陣の生存率の向上に寄与する有り難い効果。それを敵全体にばら撒けるのは数騎ほどのサーヴァントに限られる特長で、確定かつ宝具としては蘭陵王の他は諸葛孔明、水着BBのみである。クリティカル威力ダウンも、クリッター系エネミーが増えた2018年時点のFGOのゲームバランスでは、味方全体の生存率の底上げ出来る特性である。

そして味方全体に及ぶ効果も有用で、攻撃力アップはオーバーチャージ(NP200%以上or宝具チェイン2巡目以降)で増加し、ダメージカット(500~1500)は宝具レベル依存となる。どちらも性能が高く、この手のサポート宝具によくある「宝具レベルの上げ損」にもなりにくいのが有難い。
宝具Lv.2のダメージカット値は1の効果の倍となり、宝具Lv.5(1500カット)ともなればその恩恵は凄まじいもの。
被ダメージカットについてはマシュ、スカサハ=スカディと同じ貴重な回数制限のないターン制で、複数回の通常全体攻撃を加えてくるエネミー等を相手取るときなど非常に心強いものとなる、
全スキルMAX時のCTは6・5・5であり、宝具を回しているうちに第一スキルの再使用で無敵をはれるなど、自身の生存率を高くする術も備えている。
マシュと組ませると、Arts宝具同士かつ攻防バフの重ね掛けで自陣の生存力とアタッカーの攻撃力を大幅に底上げできる。
また同じくチャージ減を持つサーヴァントと組むなどして、敵方の宝具を完封することも可能である。

課題としては器用過ぎて使いどころを試させる点がある。
特に「破竹~」の強化成功率アップを何に利用するか、宝具の攻撃力アップ効果のためにわざわざオーバーチャージを狙うか、といった取捨選択を迫られることになる。
あくまでも単体の強化成功率をアップさせるため自身のバフを確定で入れるために使われることが多いが他にも確立で強化が入るスキルを持つサーヴァントと組んだ場合どちらを優先させるかはかなり悩みどころ(赤セイバーが強化クエストでアーツアタッカーになったことが拍車をかけた)。

また同じ美形サポート型セイバーのシュヴァリエ・デオンとは違い、明確に男性認定されているため、男殺しの女神たちの餌食にされてしまう。

そのデオンは防御型サポーターであり、蘭陵王の宝具とのかみ合わせが良く、Arts宝具美顔パーティーを構成できる。ついでにイケメン繋がりで剣士のランスロットと組ませると、蘭陵王がランスロットに足りない攻撃バフを埋めて、デオンの宝具デバフでダメージが加速するというなかなかの連携を見せる。「破竹~」と「魔性の貌」を使えば、切れ味鋭いランスロットのクリッター特性をさらに磨いてくれる。

運用法はArtsパーティーのサポートがメインとなる。
ほか「破竹~」を自分に利用して、Artsクリッターとなって宝具連発を狙い、敵味方を巻き込んで戦局を操作するという戦術兵器にもなれる。
基本的にバフが味方全体にかかり、自身の火力も増強されることから、サポートしつつ素殴りで場を凌ぐことも可能。
キャスターを編成しづらい面もある対騎、アルターエゴ戦、それ以外でも活躍は期待でき、他クラス、他属性と組んでも性能が腐ることはないだろう。
上述のArts性能の良さから、1ターン毎に宝具をうつなど相手方の宝具遅延を図りつつ、ダメカやその間に復帰した無敵をはってもちこたえるなど単騎性能も高め。 
出来ることが多いセイバーであり、それをどう生かすかがマスターとしての腕の見せ所だろう。

登場する本編・イベント

『Lostbert No.3 人智統合真国シン 紅の月下美人』(2018年11/27~、シナリオ登場、シンPU1<2018年11/27~12/11>)
『バレンタイン2019 ボイス&レター・これくしょん!〜紫式部と7つの呪本〜』(2019年2/6~2/20)
『CBC2019 旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』(2019年3/11~3/19、シナリオ登場、CBC2019PU<2019年3/11~3/25>)
『Fate/Grand Order×リアル脱出ゲーム「謎特異点Ⅱ ピラミッドからの脱出」』(2019年4/26~9/3)

関連人物

ライダーを召喚すると思われていたマスター。
蘭陵王は誠心誠意ヒナコに仕え、土壇場の覚醒のために身を捧げる事も厭わなかった。
そのためヒナコは瀕死の状態であるにも関わらず蘭陵王を犠牲にすることをかなり躊躇していた。叛骨の魔術師獣国の皇女理想的なコンビ程ではないにしろかなり強固な信頼関係が存在している。
カルデアでは主従から同胞の関係に変わり、マスターとの距離感に悩む彼女の保護者役になっている。

ヒナコが必死で守ろうとする機兵。
令呪2画目では項羽を守るための囮となる。

ヒナコに召喚された蘭陵王はヒナコの指示による(色んな意味で向いていない)暗殺(未遂)など序盤から度々対峙することとなるが、カルデアのサーヴァントとして召喚された蘭陵王は忠義と愛の忠臣として彼(彼女)に誠心誠意仕えてくれる。
マスターを「若輩ながらも高い徳を備えた寛容な人物」「柔軟なる性根故に、貴人として見れば貴人として、変人と見れば変人として遇する方」と評しており、何事もマスターを良く気にかけ、バレンタイン等で素の一面を見せたり、生前の反省もあってか忠臣としてマスターの出来心を諫めることが出来たりと信頼関係は深く良好に築けている模様。

同じく顔に関する逸話があるイケメンであり、主との不和の経験を持つ者同士で思うところがあるのか知らず気の合う予感を感じ取っている。
なお『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』にてセイバーのディルムッドとは共演を果たした。

同じく美貌と称される中国系サーヴァント。彼にも「伝説に違わぬ超イケメン」と評された。CBC2019期間限定イベント『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』では蘭陵王が美の魔術師、新宿のアサシンが協力関係にあるマフィアとしての配役で共演。

関連イラスト

仮面の有無は絵師さんによって異なる。味方側で召喚すると再臨を進めることで素顔を見せてくれる。

蘭陵王
センシティブな作品
蘭陵王
蘭陵王



余談

声を担当する森なな子氏は、タカラジェンヌ男役という経歴を持っており、以前にもボーイッシュな女性役を演じていたこともあり、男性役も納得の演技力を誇る。
また、京劇において、蘭陵王はその美貌の逸話から女性や若い男性が演じることが多く、歌劇での男役の経験がある森女史にとっては、まさにはまり役とも言えるだろう。

ふぁてご #138 (SINちょっとネタバレ)


なお、ヒナコはある理由からライダーの召喚を希望していたマスターであり、ライダーの強敵が出てくることを大半のユーザーは警戒していたが出てきたのはセイバーの蘭陵王。
そのため急きょ作戦を変更したマスターが従えるエウリュアレギルガメッシュに蘭陵王は叩きのめされることになった。(ただし、項羽の下半身が馬だったり、蘭領王が馬に乗っているという形で、ライダー要素は補完されている。)
なお、ストーリー内での敵セイバーに関しては円卓太陽の騎士二部二章ラスボス殆どのプレイヤーが地獄を見たためかなり対策がされていた。

このことから次のクリプターであるペペロンチーノが希望していたアーチャーのマスターであるかも怪しいと言われていたが、彼は希望通りアーチャーと契約していた。
第4章まででは召喚予定と異なるクラスのサーヴァントと契約したのはヒナコのみである。

関連動画



関連項目

Fate/GrandOrder 人智統合真国SIN
中国史 南北朝時代(魏晋南北朝時代) 京劇 美男子 忠臣
仮面セイバー:このサーヴァントの愛称の一つ。間違ってもライダーではない。

クリプター陣営のサーヴァント

BackNext
シグルド蘭陵王アシュヴァッターマン

関連記事

親記事

セイバー(Fate) せいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蘭陵王(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7659985

コメント