ピクシブ百科事典

荊軻(Fate)

けいか

荊軻とは、『Fate/GrandOrder』に登場するアサシンのサーヴァント
目次[非表示]

プロフィール

真名荊軻
クラスアサシン
性別女性
身長159cm
体重48kg
出典史実(中国史)・春秋戦国時代
地域中国
属性混沌・善
ILLUST高橋慶太郎
CV田中敦子

※史実においては男性として伝わっている。

概要

Fate/GrandOrder』に登場するアサシンサーヴァント。レアリティは☆3。
メインシナリオでは第二章「永続狂気帝国セプテム」にて、連合ローマ帝国打倒へ動くネロ・クラウディウスの客将として登場。

――残り十歩、必ず殺す。
荊軻は始皇帝暗殺を企み、あと一歩のところで果たせなかった刺客である。
対外的な理由での邪魔さえなければ、中国の歴史を塗り替えたかもしれない人物だ。

真名

荊軻は暗殺を生業としていた訳ではなく、読書と剣術、賢友との語らい、そして何より酒を愛した快人物であった。
燕国の太子、丹より始皇帝暗殺の依頼を受けた荊軻は快く引き受け、用心深い皇帝を暗殺するために計画を練りに練った。

始皇帝に捧げる手土産を持ち、暗殺用に毒を焼き入れた短刀を手に入れ、計画実行まで後少しと迫った頃、暗殺の助手として命を捨てる友を待っている荊軻に、丹は「臆病風に吹かれたのではないか」と疑念を抱いてしまう。

疑念を抱かれた荊軻は、やむなく太子が推薦した男を助手として秦へと旅立った。
だが暗殺の際に助手となるはずの男が恐怖で動けなくなり、荊軻は単独での暗殺に挑むが始皇帝の幸運の為せる業か、間一髪のところで取り逃がしてしまう。

覚悟を決めた荊軻は始皇帝を嘲りながら殺されたと伝わっている。
暗殺者でありながら、暗殺を果たすことなく露と消えた荊軻。だが生きて戻れぬことを知りながら快く頼みを引き受けた荊軻は、まさに天下の義侠とも呼べる人物である。

風蕭蕭兮易水寒(風簫簫として易水寒し)
壮士一去兮不復還(壮士 ひとたび去ってまた還らず)
            ――荊軻が別れの際に残した詩

人物

泰然自若としており、女性らしいたおやかさを纏いながら、実に男らしくさっぱりしている。
もちろん絆を深めていけば、女性らしい艶やかな態度を示すこともあるが、常に落ち着き払っており余裕に満ちている。まさに姉御
死生観を含めて達観したところがあり、相手の死も己の死をも大げさに表わさない。
己の死に泣いて悼む者があれば、それで満足する。
義侠の鑑と言える精神性の持ち主である。

理知的で慎重、かつ勝機を見れば大胆に動ける剛胆さも備えた人物。
鍛錬と知略の研鑽に余念がなく、常に最善の一手で必殺の瞬間に臨む。

酒好きで良く呑んでいるようだが、このときばかりは少し素が出るようで、普段の毅然とした態度とは違い、少し弱気なところを見せてくれる。
……が、酔いがまわり過ぎると……(下記参照)

始皇帝を仕留め損ねたことには、まだ些か未練があるらしく、もし叶うならもう一度あの暗殺に挑んでみたいと、どこかで燻っている節がある。
第二章では生前のリベンジとばかりに、主人公達と合流する以前の時点で既に3人、連合ローマの皇帝サーヴァント達を屠っていた。
幕間の物語では、この未練を払拭するために、始皇帝の暗殺をシミュレートしたトレーニングを要求してくる。

そして第2部3章、『人智統合真国SIN』にて、遂にかつて斃し切れなかった暗殺対象と再び相まみえることとなる。
二度と「還らず」にはなるまいと、正史以上に用意周到さに磨きをかける彼女だが…?

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香DEAEDB


保有スキル

気配遮断(B)クラススキル。サーヴァントとしての気配を断つ。隠密行動に適している。完全に気配を絶てば発見は極めて困難。ただし、自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。
抑制(A)攻撃寸前まで殺気の一切も出さない暗殺者の秘奥。Aランクともなれば武器を握る瞬間まで殺気が窺えない。
プランニング(B)対象を暗殺するまでの戦術思考。軍略とは異なり、少数での暗殺任務のみに絞られる。なお、自己の生還は考慮しない。
傍若無人(A)現在でも普通に使われるこの熟語の生みの親。その飲みっぷりは「傍らに人無きが若し」と嘆かれたとか。


宝具

不還匕首(ただ、あやめるのみ)

  • ランク:B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1
  • 最大補足:1人
[不还匕首]


「此処より己の死を恐れず、生も求めず、ただ、殺めるのみ…!」

始皇帝暗殺のために用意した匕首。
地図に巻いて隠したという逸話により、隠匿面に非常に優れている。
毒は掠り傷程度でも即死であるが、耐毒の逸話があるものは有利な判定を行える。
しかし、この宝具の真価はそのようなものではない。
この匕首を使うことで、「己が還らない」ことを覚悟することにある。
己が還らないことを前提で任務を遂行するという点で、この宝具に因る暗殺を回避することは大変困難である。

ゲーム上では、属性はQuickで、効果は【敵単体に超強力な攻撃&中確率で即死効果+スター大量獲得+自身のHPを1000減らす】。

傍らに人無きが若し

また荊軻は傍若無人」の四字熟語の元となった人物でもあり、酒を飲んで出来上がってしまうと、うたって、酔い、騒ぎわめいて、まるで傍に人がいないかのような振る舞いをしていたという。
しかも後に登場した強化クエストで本当にスキル(クラスA)として追加。1ターンのみだがクイック性能とクリティカル威力がアップ。姐さん恐るべし。

イベント「ほぼ週間_サンタオルタさん」においてもそれは健在であり、偽サンタのDEBUに騙されて家財を差し押さえられ、ステゴロ聖女傷心のあまり飲んだくれていた。
無論、完全に出来上がっており、いつものようなクールな彼女は完全に崩壊している。普段の凛々しさのギャップのせいか、妙にかわいい姐さんが爆誕してしまった。だがこれもいい
また、戦闘でも「へべれけパワー」という謎スキルを使い、1ターン目から宝具をぶっ刺してくる。
酔ったほうが強い暗殺者とか、絶対酔拳極めたほうが良いよ・・・。
繰り返すが、あれはイベント内のギャグではあるが、半分は事実なのだ。

また、サンタオルタにプレゼントとして渡された「優雅たれ」を見て、
「素敵! このヒゲのおじさま素敵―――! あ。ちょっときた。キュンときた。
私、この人暗殺してくる――! 後ろから刺したくなる顔してる―――!」
と言い残し、へべれけな状態で意気揚々と暗殺へ向かった。やめてあげてください。

荊軻、時臣おじさまを見つける


なお、この時の酔っぱらった荊軻の絵は、脚本を手掛けたきのこが表現に困ったので打診したところ、イベントのためだけに高橋慶太郎先生が差分を作ってくれた(しかも速攻!)という。
先生、ありがとうございました!

ちなみに、以降も期間限定イベントでは度々酔っぱらいサーヴァントが現れている。

そして、翌年の「二代目はオルタちゃん〜2016クリスマス〜」でも飲んだくれた姿で登場。
エネミーネームもずばり「帰ってきたへべれけ荊軻」で、スキル名も「へべれけパワーリターンズ」に変わっているが、効果はそのまま。
だが、ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィに渡された薬で強制的に素面に戻されてしまったため、薬を作った人物へ殴り込みに行くのだった。

サバフェスでもあるイベントですっかり出来上がっている彼女と戦うことになるのだが、名義こそ「荊軻」なのだが、戦闘開始と同時に「へべれけパワー」を発動して次のターンに一撃ぶっ刺してくる。

ゲームでの性能

2015年末の第四章でヘンリー・ジキル/ハイドが登場するまで、唯一の☆3サーヴァントだったため、初期勢では佐々木小次郎ハサン先生と並んで使用率の高いアサシン。

ステータスは攻撃重視で、ATKは今なお☆3アサシンでトップを誇る。
コマンドカードは《Quick:3/Arts:1/Buster:1》とアサシンらしいバランスをしている。
スキルは、3ターンの間自身のスター発生率を上げる「プランニング(B)」と、スターを発生させつつ3ターンの間自身へスターを集中させる「抑制(A)」。
「プランニング(B)」により自力でスターを稼ぎ、「抑制(A)」で自分にスターを集中させる事でクリティカルを狙い攻撃性を底上げすると、効果が自己完結しており、ある意味で荊軻らしい構成と言える。

一方、これ以外の自己強化もサポートも出来ないため、生存力に乏しく打たれ弱い。また直接的に攻撃力を上げられないため、中盤以降からはどうしても火力不足に陥ってしまう。
序盤から中期までのステータスの伸びが良い速成型で、かつ霊基再臨に必要な素材も他の☆3以上のサーヴァントに比べて遥かに安上がりなので、戦力に組み込むなら一気に育ててしまう方が得かもしれない。

宝具効果は上述の通り。敵サーヴァントには高い即死耐性があるため、そこまで期待値は高くないものの、威力自体は高め。デメリットとしてHPが必ず1000減少するため、HP1000以下でうっかり発動させると自爆してしまう。
ただしこの効果を織り込んで、敵の頭数を減らしつつ自分は退場し、控えの味方にタイミング良く入れ替わったり、第四章追加で登場した新たな概念礼装「五百年の妄執」(☆5/戦闘不能時に自分を倒した相手の宝具とチャージ進行を2ターン封印)を持たせて一矢報いるなどの奇策も打てる。

2016年5月11日に実装された「サーヴァント強化クエスト第2弾」にて、第3スキル「傍若無人 A」を獲得
効果は【1ターンの間、Quick性能アップ&クリティカル威力アップ】で、これにより宝具と枚数の多いQuickカードの威力が跳ね上がり、さらに前述したように他のスキル効果でクリティカルを狙う事で鋭い一撃を見舞える。
先行したジル・ド・レェ元帥には悪いが、順当な強化になったと言えよう。

即死率こそ上がらず呪腕のハサンに一歩譲るが、打撃力では一枚上を行くことが出来るようになった。
でもスキル化したってことは、“へべれけーか”状態で暴れているって訳じゃ……

そして2017年8月5日、2周年記念で実施された「サーヴァント強化クエスト第7弾」にて宝具強化クエストが追加された。内容は威力アップスターを大量獲得の強化となっており、スターの獲得量がオーバーチャージ1で15個だったのが20個に増加された。
自身のスキルと組み合わせれば、星3の枠を超えた瞬間火力を叩き出すことができるようになった。

余談

カルデアエースでの「英霊伝承~荊軻~」では、彼女が討とうとした始皇帝は型月世界においては、不死性を有する異種だったことが判明。更には荊軻が始皇帝を討つ奥の手として、遥か西方から齎された『九頭蛇の毒』を使用していたことも判明した。
この暗殺未遂の後、始皇帝は病に倒れ、再度不老不死を求めるも病没。
大量生産のため毒が薄まっていたためか、死へ至らしめるまで17年の時を要したが、実は彼女は暗殺に成功していたのだ。

FGO第二部三章人智統合真国SINにおいては、現地召喚のサーヴァントとして登場。
かつての始皇帝を知り、また暗殺に挑んだ者としてカルデアのマスターを導く。

さらに、二部三章の実装に合わせて戦闘モーションが書き直された。
より暗殺者らしい動きとなり、武器である七首も抜き身ではなく、巻物に常に収めた状態の立ちグラフィックとなった。宝具演出もより迫力あるものになっている。

関連人物

始皇帝
かつて暗殺に挑み、その不死を剥奪した王。その後、怒り狂った始皇帝によって荊軻は惨殺された。
その今際に、「王は人として在るべきなのです」という言葉を送っている。

人智統合真国の始皇帝に対しては、生理的嫌悪に近い感情を示す。
曰く「この醜悪な治世」「2200年を経て、輪をかけて悪辣になった」。
始皇帝としては、今までに幾度となく命を狙われていた事もあってか彼女の事は「自分を暗殺しに来た無数の刺客の一人」程度としか認識されていない。
異聞帯における戦いの終盤、史実と重なるように二人は対峙し――—―

スパルタクス
叛逆三銃士の一人(荊軻はこの扱いに不満のようであるが)。
かつて第二特異点(及びネロ祭)で共闘したせいか、あるいは侠客として通ずるものがあるのか、彼の行動原理にもかなりの理解を示す。

関連イラスト

無題
【Fate/GrandOrder】荊軻


荊軻
不還



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント アサシン(Fate)
暗殺者
不夜城のアサシン(荊軻とともに入手していると暗殺されるかもしれないと怯える専用セリフがある)

pixivに投稿された作品 pixivで「荊軻(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3312286

コメント