ピクシブ百科事典

望月千代女(Fate)

もちづきちよめ

『Fate/Grand Order』に登場する、とあるサーヴァントの真名。
目次[非表示]

※この記事は重要なネタバレ要素を含みます、ご注意ください!!
また、ネタバレとなりますので当記事をタグ付けするのはお控えください






























「甲賀上忍、真名を望月千代女。クラスはアサシン。どうぞ拙者に、主命をお与えください」

アサシン・パライソ



プロフィール

クラスアサシン
真名望月千代女
身長154cm
体重46kg
出典史実
地域日本
属性混沌・悪
好きなもの「食べ物の好き嫌い」は無い
嫌いなもの
ILLUSTひろやまひろし
CV佐倉綾音


概要

亜種並行世界 下総国で妖術師の手によって召喚された悪鬼羅刹の英霊剣豪七騎の一騎、アサシン・パライソの真名。

人物

忠実で義理堅く、真面目。「仕える者」としてはトップクラスに優秀な性格をしており、マスターはかつての主と同じく「お館様」と呼ぶ。
絆レベルを上げていくと永劫の忠節を誓うまでになり、真名判明前に絆レベルを上げていくと、真名を告げられないことを恥じる姿も見られる。まるで忠犬である。
その一方で好きなものを聞かれて食べ物の好き嫌いと勘違いしたり、聖杯の存在を知らなかったりと真面目であるが若干天然の疑いがある。
戦国未亡人少女くのいち巫女属性てんこ盛りであり、その事を一部のサーヴァントから心配されているんだとか…
また、くノ一という職柄、情報収集、破壊工作以外にも殿方を誑かすような事もやっていたという。
サーヴァントとしての考えは英霊剣豪であったインフェルノと同じく死人と考えており「かつてを生きた望月千代女はもはや存在しない」と語っている。

アサシン・パライソ
You!Say蛇が


表の記事でもネタにされた霊基1段階のまるでHOTLIMITの衣装のような姿だが、再臨を重ねるたびに着込んでいき、最終的には諸国を巡る梓巫女のような姿となる。
また、頭飾りには望月家の紋である「九曜紋」が描かれている。

真名

望月千代女
信州禰津村の文書に名を残すという戦国時代末期の女性。
甲斐武田家に仕えたという女忍者(くのいち)であり、
甲賀望月家の出身であるとされるが、実際に忍者であったかは定かではない。

ある意味、彼女の存在は───
隠密活動を旨とするはずの忍者にとって矛盾する、
「高名な忍者」という命題に対する皮肉な回答であるのかもしれない。

本作に於ける千代女は、甲賀の祖先たる甲賀三郎が神によって与えられた呪(しゅ)を受け継ぐ、異形の力を有した存在である。
忍びとして主人のために活動するかたわら……
ただひとりの大蛇の巫女として、神の荒魂を鎮めるために祈りを捧げる。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香DDACCC


保有スキル

呪術(巫)(C)詳細不明。恐らくは呪術スキルの亜種と思われる。「巫」(かんなぎ)とは神を祀り神に仕え、神意を世俗の人々に伝えることを役割とする人々を指す。
おろちの呪(B)先祖代々受け継がれてきた異能の力。甲賀望月家の祖に深く関係する「とある大明神」による呪詛であり、所有者の肉体と精神を苛むが、コントロールできれば不可視の毒として強力な武器となる。各世代につき必ず一人、甲賀望月家の人間はこの力を有している。
甲賀流(A)詳細不明。甲賀流とは近江国甲賀の地に伝わっていた忍術流派の総称。山を一つ隔てた場所に存在する伊賀流と並び、最も有名な忍術の一派として知られる。
気配遮断(A+)アサシンのクラススキル。自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。


宝具

『口寄せ・伊吹大明神縁起』(くちよせ・いぶきだいみょうじんえんぎ)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~30
  • 最大捕捉:1人


「呪え、我が血を。祟れ、我が罪を。甲賀三郎より幾星霜、雪げぬものが此処にはあろう。『口寄せ・伊吹大明神縁起』!」

甲賀望月の祖とされる伝説の存在・甲賀三郎にまつわる呪を通じて、恐るべき大明神の神通力を一時的に借り受ける。
具体的には、口寄せによって伊吹山の神たる伊吹大明神───すなわち『諏訪縁起事(神道集)』『大岡寺観音堂縁起』にて衣を通じて甲賀三郎に祟った邪神・ヤマタノオロチの分霊を限定的に使役して攻撃対象を呪殺する。
攻撃対象となった者は大蛇状の魔力に巻き付かれ、絶命する。

ゲーム上での性能


余談

出典は史実からとされているが、実のところ存在する史料の信憑性が薄く、望月千代女なる人物が実在したという確証は無い。
また、イラストが公開された直後、霊基第一段階の中性的な姿から「少年ではないか?」と思っていたユーザーもおり、それと蛇が締め付けたかのような肌のアザと、苦無らしきものを獲物としている事やアサシンのクラスである事から、「理由があって少年姿になっている甲賀三郎なのではないか?」と真名の予想を立てるものも居た。結果は惜しいところまでは行っていたのだが…

関連人物

生前

武田信玄
甲斐の虎』の異名で知られる、生前に仕えた甲斐武田の戦国武将。かつての『お館様』。
伝承によると、彼の下で「歩き巫女」と呼ばれる梓巫女の集団を率い、諸国を遍歴させ、情報収集などの諜報活動を行っていたという。

織田信長
武田家を潰した怨敵と呼べる存在。

Grand Order

風魔小太郎
亜種並行世界で対峙した風魔の頭領。
偉大な忍者として尊敬しているようだが、ぼっちであることを嘆いていたりもする。

加藤段蔵
亜種並行世界にて共演したからくり忍者。
史実では武田家の下の同僚であった時期もある。
段蔵の方は再会を喜んでいるが、千代女は何故か目を逸らしている。
千代女からは「話をしなければならないが、今ではない」というコメントが聞ける。

酒呑童子
彼女の呪のルーツに関わりのある鬼。
亜種並行世界で彼女を骸とした英霊剣豪にやられた仕打ちのせいか、千代女は怯えるほど苦手意識を持っている。
逆に酒呑にとっては自身のルーツに関わりのある事から「同族」として見ており、千代女を可愛がっている。

キャスター
巫女である彼女が当然適正を持つであろうサーヴァントのクラス。

関連イラスト



関連タグ

Fate/GrandOrder アサシン(Fate) サーヴァント
巫女 大蛇 コウガサブロウ くノ一

コメント