ピクシブ百科事典

加藤段蔵(Fate)

かとうだんぞう

スマホゲーム『Fate/Grand Order』に登場する史実の人物をモチーフとしたキャラクター(サーヴァント)。
目次[非表示]

───加藤段蔵。ここに起動。入力を求めます、マスター。
段蔵は忍なれば、あらゆる命令に従いまする

プロフィール

真名加藤段蔵
クラスアサシン
性別女性※
身長165cm
体重45kg?
属性中立・中庸
出典史実(『甲陽軍鑑末書結要本』『北越軍談』『伽婢子』『繪本甲越軍記』など)
地域日本
好きなもの風、高い所
嫌いなもの黒き太陽
ILLUST曽我誠
CV明坂聡美

※性別は史実とは違い、女性となっている。

概説

Fate/GrandOrder』に登場するアサシンサーヴァント。レアリティは☆4。
メインシナリオでは、1.5部の亜種特異点Ⅲ「屍山血河舞台下総国」で登場。同特異点クリア後にストーリーガチャに追加される。

人物

真面目で純朴なからくり少女。
生前には自由意志を持たず、入力された命令に従うだけの機械人形である───と自己を定義していた。
その後、英霊として人類史に刻まれサーヴァントとして現界するにあたり、自分もまた人間たちのように思考し、感情を抱いても良いのではないだろうか…許されるのであればそうしたい、と考えている模様。
そのためか機械としてはかなり人間臭い部分もあり、基本的に好奇心旺盛。
根がお人よしなために、少々不用心で危なっかしい所もある。

真名

絡繰忍術


江戸時代初期の仮名草子、軍学書などに名前が見える窃盗(しのび)のもの、水破(すっぱ)───
すなわち、忍者「加藤段蔵」。
「飛加藤」「鳶加藤」などの異名で知られ、甲斐や越後での活動が報告されるが、その出自や目的については諸説あり、謎に包まれている。

戦国時代末期に活躍した風魔の流れを汲む忍者。
しかしFateシリーズにおいては、その正体を妖術師・果心居士によって作られたからくり人形であるとしている。
(史実の加藤段蔵には傀儡・からくり人形を操ったという伝説があり、これを『段蔵本人がからくり人形であった」事実から派生した伝説であった』と脚色した結果による)
初代・風魔小太郎の協力を元に形作られた人造の女忍者(くのいち)であり、命のある人間ではなかった。
だが、幾つもの務めを成し遂げ、後世の文献にあってもよく語られた結果、その存在は英霊として人類史に刻まれた。

史実からして元々素性のよく分からない人物ではあったのだが、女体化・ロボット化・更にはとある人物との衝撃の因縁設定など、Fateシリーズでもトップクラスに原型を留めていないサーヴァントの一人になっている。
英霊化に伴う変化を遂げたトーマス・エジソンとの違いは生前での設定にある。ある意味恐ろしい存在と言えよう。

能力

彼女の製造年代を考えればもはやオーパーツもいいところなスーパーバイオニックガイノイド。
戦闘時には後述する宝具の他に、仕込み刀ミサイルに、更にはロケットパンチなど、多種多様な嗜好が盛り込まれた機能を駆使して戦う。ローラーダッシュまでできるらしい。
魔力を原動力とし、その体は肉(生体パーツ?)と鉄と木材で構成されているらしい。

ただし全盛期として世界に記憶されているのが少々ガタの出てきた頃であったため、機能の一部(主に記憶装置)に機能不全があるらしい。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香DDA++CBC


保有スキル

人造四肢(絡繰)(A++)肉体が人造の機構、特に木製の絡繰(からくり)となっている。戦闘に関連する行動判定や、スキルの成功判定にボーナスが加わる。Aランクは、四肢のみならず全身が人造品の「からくり人形」であることを意味する。
忍術(A)忍者たちが使用する諜報技術、戦闘術、窃盗術、拷問術などの総称。各流派によって系統が異なる。初代・風魔小太郎の技術が搭載されているため、流派は風魔忍群のものとなる。
絡繰幻法(B+)詳細不明。恐らくは絡繰を使った幻術を扱うことの証左と考えられる。
気配遮断(A)アサシンのクラススキル。自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。


宝具

絡繰幻法・呑牛(からくりげんぽう・どんぎゅう)

  • ランク:C
  • 種別:対獣宝具
  • レンジ:0~20
  • 最大補足:50匹

風よ集え……果心礼装起動! ……『絡繰幻法・呑牛』!

真空の刃を生み出し、対象を吸い寄せた後に圧縮粉砕する。『北越軍談』にて語られた、牛を呑み込む幻術を応用させたものである。
果心居士が手ずから組み込んだ礼装により、魔性特攻の性質を有する。
逸話通りに「物体を目の前から消す」「消した物体を再び目の前に出す」幻術として用いる事も可能だが、『FGO』では基本的に使用されない。

また、宝具セリフでは「イビル・ウィンド・デス・ストーム」あまりにもアレな名前で呼ぶことも有る。相手は死ぬ。たぶん死ぬ。
この世界の小太郎といい、型月世界の忍者は何かおかしいのでは…?

段蔵ちゃんの宝具


その発想しかなかった

妖術斬法・夕顔

詳細不明。あまりにあまりな殺人術なので本人は使いたくないらしく『FGO』では基本的に使用されない。
実際の伝承を紐解くと、「植物の夕顔に対象を投影し、それを介して首をはねていた」というものが有り、真アサシンのそれを彷彿とさせる幻術となっている可能性がある。

関連人物

生前

初代風魔小太郎果心居士
彼女の製造に携わった関係者。あるいは生みの親であり、歴史上では忍術の師と言ったところ。
Fateにおいては、風魔小太郎の監修の元、果心居士の手で彼女は製造された。

長野業正上杉謙信武田信玄
史実では長野氏を介して彼らの下に一時仕えていたが、両名からその能力を「ヤバ過ぎる」と危険視されていた。
そのため加藤は上杉領の越後から脱走し、それにより立場が悪くなった長野氏への奉公のため武田家中に潜入するも、露呈して斬刑に処される。
あるいは武田に仕えた後、厠に入って居た所を信玄配下の馬場信春に斬られ死亡した…とする説もある。

Fate/GrandOrder

風魔小太郎
亜種並行世界の下総国で共演した風魔の忍び。
上記の初代風魔小太郎の子孫であり、同じ忍軍の出ということもありシンパシーを抱いている。
だが、彼の方からは色々と思うところがあるようで…?

チャールズ・バベッジ
黒塗りで隠されているが、FGOマテリアル3巻にて彼女について曰く「これこそオートマタ。麗しきもの。」だそうな。
彼女からも同じ「絡繰のサーヴァント」と認識されているようで、仲間を見つけたかのような喜びようを見せている。

フランケンシュタインナーサリー・ライム
バベッジ同様にからくり仲間だと認識されているサーヴァント達。

アサシン・パライソ
ごく一時とは言え同じ武田方の忍であったことから仲間意識を持っている。
ただしあちらの方は何やら気恥ずかしいのか、目をそらしてしまう。

トーマス・エジソンニコラ・テスラ
お馴染みカルデアの技術屋コンビ。
電気を使わずに動く彼女の「絡繰の体」に興味津々なご様子。あわよくば魔改造など狙っているらしい。段蔵逃げて超逃げて

余談

独特なボディスーツ状の忍装束から、アダルトゲーム『対魔忍アサギ』シリーズを連想したユーザーが多くおり、彼女自身を「対魔忍」と通称する光景も見られた。
彼女の真名は別段秘匿されてはいなかったのだが、シナリオ上での登場が若干遅かったため、ある種のネタバレ回避にもなっていたと言える。

また、CMで初めて姿が公開された際には、未だ真名が明らかになっていなかったため、髪型と目つきの似ていた牛若丸の別クラスではないかという声も挙がっていた。
もっとも牛若丸には、CMのように九字を切るような、アサシンクラスにまつわる逸話は存在しない。強いて言うなら、天狗に師事したという部分が、アサシン的な挙動と言えるだろうか?

担当イラストレーターの曽我誠氏曰く、彼女の衣装に露出が多いのは「体中からいろんな武器が出てしまうでしょう?服が多いと邪魔かな」と思った為であり、仕方がなかったのである。
該当ツイッター呟き

関連イラスト

だんぞうちゃん
段蔵ちゃん


関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント アサシン(Fate)
からくり人形 オートマタ アンドロイド
ロボ娘 / 人形娘

ハンザ・セルバンテス:『Fate/strangefake』に登場する聖ボーグ神父。彼女に負けず劣らずの多彩な仕掛けを持っている。

仮面ライダーFateハリケーンニンジャゲキトツロボッツなサーヴァントなので、親和性が高い

藤田和日郎:短編集「夜の歌」の中の「からくりの君」というお話に加藤(もちろん)や動力機構に人体組織を利用した禁断の絡繰兵器が登場する。

アカツキ(ログホラ)リップル(魔法少女育成計画)カップ焼きそば現象

サイボーグ忍者:カラクリ仕掛けの忍者つながりで連想する人もいるが、厳密には彼女はガイノイドなので、定義的には下記のキャラの方が近い。

ロボ丸(忍者ハットリくん):多分漫画史上における原典。

pixivに投稿された作品 pixivで「加藤段蔵(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1789221

コメント