ピクシブ百科事典

死生観

しせいかん

死生観(しせいかん)とは、死を通した生の見方。

概要

を通し、きるということ(人生)をどう捉えるかということ。
生死観(しょうじかん)ともいう。

具体的な型には

  • 人が死んだらどうなるか?
  • 死後にどこへ行くのか?
  • 死後や死者をどう捉えるか?
  • 生についての人々の考え方や理解の仕方はどんなものか?
  • 生きることとは何か?
  • 死ぬこととは何か?
などがある。

信仰宗教文化、又はその人の人生がどんなものだったかによっても異なり、死生観の定義自体も、見る者の視点によって異なる。

民族によって死生観は当然異なっており、民族間の確執に死生観の違いが関わっているとされるケースもある。

民族の価値観を成り立たせる、おおむねの三つの柱(自然観死生観歴史観)の一つである。

関連タグ

思想 信仰
宗教 文化
民族 国体

pixivに投稿された作品 pixivで「死生観」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 711233

コメント