ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

この項目にはスマートフォンアプリゲーム『Fate/Grand Order』の第2部5章後半の核心的なネタバレがあります。




































プロフィール

真名アトラス
性別男性
出典ギリシャ神話
地域ギリシャ

※ このプロフィールは本百科の推測であり公式によるものではないため注意。


概要

Fate/Grand Order』に登場するサーヴァント

キリシュタリアが契約した3騎目の神霊サーヴァント。

クラスは現状では不明。姿も描写されていないが、伝承の通り巨体であることが把握できる。


真名

ティターン神族と呼ばれる原初の巨神族の中で最強の腕力を持っている神、アトラス

ティタノマキアに敗北した後は天を支える役割を課されている。


人物

現状では描写されていないため不明。


活躍

『異星の神』の降臨を阻止するための計略として空想樹マゼランの中に潜んでいた。キリシュタリアたちがマゼランのことを「アトラスの世界樹」と呼称していたのはこのため。

本来であれば、ホームズの見立てでは空想樹の力で護られているはずだったようだが、ベリルの計略によりマゼランを炎上させられたことで護りが失われたところを、千子村正に一刀両断された。


関連人物

生前

プロメテウスエピメテウス

ティターン親族の同族。

ティタノマキア後も生き残ったという共通点がある。


Fate/Grand Order

キリシュタリア・ヴォーダイム

契約したマスター。

キリシュタリアとの関係は悪くなかったようで、彼から「計画」を明かされており、「仕方ない」と快諾している。


カイニスディオスクロイ

キリシュタリアのサーヴァントとしての同僚。彼らとの関係性は不明。


余談

神話のアトラスには娘(ヘスペリデス)がおり、黄金の林檎を守っていたという話がある。

キリシュタリアは第2部5章後半解放前に黄金の果実を配っていたため林檎農家の通称があるが、「キリシュタリアが配っていたのはヘスペリデスが守っていた黄金の林檎なのでは」とネタにされることがある。


関連タグ

Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt

星間都市山脈オリュンポス

関連記事

親記事

星間都市山脈オリュンポス せいかんとしさんみゃくおりゅんぽす

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました