ピクシブ百科事典

目次[非表示]

この項目にはスマートフォンアプリゲーム『Fate/Grand Order』の第二部5章後半の核心的なネタバレがあります。

























































プロフィール

真名カオス
クラス
出典ギリシャ神話
地域ギリシャ
ILLUST???
CV???


概要

Fate/Grand Order第二部「Cosmos in the Lostbelt」のLostbeltNo.5後編「星間都市山脈オリュンポス」に登場する「原初神」。
ただし正確には神ではなく、ゼウスオリュンポス十二神の上位の存在というだけである。

容姿

詳しい描写はされていないが、作中では「ソラの瞳」と形容されている。太陽がそのまま瞳と化したかのような炎の球体である。

真名

カオス、ギリシャ神話の原初神。「大口を開けた」「空(から)の空間」とも。オルフェウスによれば、このカオスは有限なる存在全てを超越する無限を象徴しているという。

Fateの世界では、地球から生まれた古代メソポタミアの神々などと異なり、オリュンポスの神々は異なる宇宙の文明が生み出した宇宙航行艦の船団、機械生命体とも呼ぶべき存在だった。

カオスは彼らの母艦であり、その全てのオリジナルにあたる存在。その正体は恒星を取り巻くダイソン球
異聞帯のゼウスに呼ばれたが、本体は「世界の外」ともいうべき宇宙における時空の空隙と一体になっており、汎人類史の存在である。
次元の隙間が発生し、そこからこちらを認識しない限りはこちらの宇宙に干渉することはない。

目的は「船団の維持」、その一点である。

本編中での活躍

カルデア一団に敗北したゼウスが自身の「母星再生のために宇宙に飛び立つ」という目的を果たすため、ケラウノスに時空断層を発生させ、カオスはそこから地球を認識。
反射行動でアレスを消滅させた後、船団の維持のため地球上の表層資源を吸い上げ、結果的に滅ぼそうとした。

しかしロムルス=クィリヌスの援護を受けた武蔵の総てをかけた一閃によって、決して絶たれる筈のない時空断層そのものを切り裂かれ、再び虚空へと消え去った。

関連タグ

Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt 星間都市山脈オリュンポス
ギリシャ神話

関連記事

親記事

星間都市山脈オリュンポス せいかんとしさんみゃくおりゅんぽす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カオス(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91813

コメント