ピクシブ百科事典

ダイソン球

だいそんきゅう

ダイソン球とは、恒星を包み込むほど巨大な仮説上の人工建造物。
目次[非表示]

概要

ダイソン球とは、恒星を丸ごと覆えるほど巨大な人工建造物である。
恒星のエネルギー全てを利用できるスペースコロニーの究極の姿とも言える。
宇宙物理学者のフリーマン・ダイソンによって1960年代に考案された。

宇宙船とカヌー



誤解によって生まれたイメージ

現在ではダイソン球は恒星を全て覆う巨大な球体として認知されているが、考案者のダイソンはそのような想定で書いてはいなかった。初出の論文では「an artificial biosphere which completely surrounds its parent star(その親星を完全に囲んだ人工生物圏)」と書いており、「sphere(球)」ではなく、「biosphere(生物圏)」のことだった。

後に行われたダイソンへのインタビューによれば「自身は生物圏(biosphere)と書いたが、SF作家達がそれを球殻(sphere)と捉えたのだろう」と答えている。


バリエーション

ダイソン・スウォーム:巨大な一個の球体ではなく、多数のユニットの群体が恒星を周回しているタイプ。ダイソン教授が論文の中で想定していたものはこちらの方が近い。スウォームとは群れや群体という意味。
リングワールド:球体ではなく恒星を取り巻くリング型。ダイソン球を輪切りにしたものだとも言える。SF作家ラリイ・ニーヴンが考案した。
ニコル・ダイソン・ビーム:ビームやレーザー光線を投射する装置を備えたタイプ。別の星系に向けて送信したり、恒星間戦争での兵器として使うことができる。
マトリョーシカ・ブレイン:マトリョーシカやタマネギのように何層にも重なったコンピュータの層で構成されたタイプ。莫大な計算能力を持つ。
メガスフィア:恒星系だけでなく銀河をまるごと覆ったダイソン球。

関連イラスト

移動ダイソン球要塞ティアマット 落描き

シリウスアルファのダイソンスフィア


別名・表記ゆれ

ダイソンスフィア ダイソン球殻 ダイソンシェル ダイソンスウォーム


関連タグ

スペースコロニー リングワールド

関連記事

親記事

スペースコロニー すぺーすころにー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダイソン球」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 518

コメント