ピクシブ百科事典

ライダー(Fate/Zero)

いすかんだる

ライダー(Fate/Zero)とは、『Fate/Zero』に登場する人物の1人。
目次[非表示]

王は孤高にあらず。その偉志は、すべての臣民の志の総算たるが故に!

プロフィール

真名イスカンダルアレキサンダー大王
身長212cm
体重130kg
属性中立・善
イメージカラー朱色
特技出鱈目な論破、リーダーシップ
好きな物冒険、目新しさ
苦手な物既成概念、既得権益
天敵母親
CV大塚明夫


概要

第四次聖杯戦争において召喚されたライダーサーヴァント
マスターはウェイバー・ベルベットで、彼のマントの切れ端を触媒に呼び出した。

当初はコンプレックスがあり神経質なウェイバーとは反りが合わず鬱陶しがられていたが、戦いが進む中で互いを認めていき、それなりにいい凸凹関係を築いていく。

人物

大柄で筋骨隆々の姿をした男。見た目通りの豪放磊落な性格をしており、鷹揚で細かいことを気にしない(というか気にしなさすぎる)型破りな人物。

普段は魔力消費を抑えるために霊体化するのが常識なサーヴァントにあって実体化していることを好み、深夜の図書館に入り込んで本を無断で拝借(本人曰く「略奪」であり「盗み」ではないと言っているが、どう考えても後者)、煎餅をかじりながらテレビを見たり、ウェイバーの財布を勝手に使ってゲーム機を購入するなど現世を満喫していた。

また、セイバーランサーの初戦の際には、自分から真名を告げて配下にスカウトしようとした事もある破天荒なところもある。

とはいえ、アサシンの潜伏にいち早く気付いたり、会話内容だけでアーチャーの正体を見抜いたりと、脳天気に見えて油断なく立ちまわっており、普段の行動からは想像もできないくらい頭は切れる方。

作中のある行動から「はいてないヒゲ」で大体表現できてしまう。

真名

その真名は、マケドニアの征服王イスカンダル
最果ての海〈オケアノス〉を目指して東方遠征を行い、道中の国々を蹴散らしてはその国の王や兵士達を配下に加えていった。しかし、東の果てに辿り付く前に遠征は中断となり、その後病死した事で叶わぬ夢となった。

聖杯にかける願いは「自らの生き返り」。世界征服は自分の力で成し遂げたいと考えており、聖杯はあくまで過程であるため、あまり眼中にない。

戦乱を平定する「征服」を得意とし、後述の宝具のように桁外れのカリスマを誇る。一方で「最果て」に至るために邁進したため、平和な時代を維持する「治世」というのは興味がない様子。
それが原因で死後、彼が残した遺言によって思わぬ悲劇を齎すこととなった。

ちなみに、2m超えの巨漢でありながら史実(作中史でも同様)では小男だったと言われているが、これは比較対象であるダレイオス三世がさらにデカかったからとの事。実際、後々登場したダレイオスは3m超えの巨人であった。
また『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』にて、彼の身体的特徴と史実のズレにある事情があったことが明かされている。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
ウェイバーBADCA+A++
ムーンセルBADCA+A++
藤丸立香BADCA+A++

保有スキル
対魔力(D)魔術への耐性。一工程の魔術なら無効化できる、魔力避けのアミュレット程度のもの。
騎乗(A+)騎乗の才能。獣ならば竜以外の幻獣・神獣まで乗りこなせる。
カリスマ(A)大軍団を率いる才能。Aランクはおおよそ人間として獲得しうる最高峰の人望。
軍略(B)多人数を動員した戦場における戦術的直感力。自らの対軍宝具行使時、相手の対軍宝具および対城宝具の対処時に有利な補正がかかる。
神性(C)明確な証拠こそないが、多くの伝承によって最高神ゼウスの息子であると伝えられている。
雷の征服者(EX)Fate/GrandOrder』から追加。詳細不詳。雷神であるゼウスの息子としての伝承に、迅雷の如き進軍・制圧の速度が重なって現れたスキルと考えられる。征服王が一度攻めに転じるとき、その軍勢の蹄の音は世界に轟く雷霆となる。

宝具

神威の車輪(ゴルディアス・ホイール)

雷気を纏った二匹の神牛『飛蹄雷牛(ゴッド・ブル)』に牽かれる戦車(チャリオット)。
ライダーが所持する『キュプリオトの剣』で切った空間から取り出され、高速飛行が可能。その速度は綺礼率いるアサシンの諜報隊や切嗣の機械的な情報網でも追跡が非常に困難なほど。
御者台には防護力場が張られており、少なくとも血飛沫程度なら寄せ付けない。
ゼウス神に由来する雷を縦方向以外にも横方向にも迸らせる。この雷撃は三騎士クラスの渾身の一撃にも匹敵すると表記されいる。

遥かなる蹂躙制覇(ヴィア・エクスプグナティオ)

  • ランク:A+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:2~50
  • 最大捕捉:100人


神威の車輪の真名開放による蹂躙走法。
対軍宝具に相応しい威力・範囲を誇る。

王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)

人たらし大王イスカンダル


  • ランク:EX
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1〜99
  • 最大捕捉:1000人

ライダーの生き様の象徴とされる宝具。
生前、彼を慕った臣下を召喚し砂上の大地にて蹂躙する固有結界
詳細は同項目を参照。

外部出演

Fate/GrandOrder

2016年4月18日開催の『Fate/Zero』とのコラボイベント『Fate/Accel_Zero_Order』より、満を持して参戦する。

なお、彼の少年期であるアレキサンダーが同クラス(レアリティは☆3)で先に実装されていたのだが、こちらは成長後の実感が薄いため別人格の扱いに近い。
その愛らしい姿に多くのユーザーは「どうしてああなった」と嘆き、同じ戦場で戦ったランサーも動揺を隠せなかった。型月の成長期は無情である。

ゲーム上の性能

レアリティは文句なしの☆5(SSR)。
常に愛馬ブケファラスに騎乗している、ある意味とても“騎兵(ライダー)”らしいライダー。ちなみに愛馬と一緒に戦うのは、ランサーアルトリアに次いで二人目である。もっとも乳上はランサーなのだが……。
ステータスはHPの値ににやや偏った耐久型のバランスタイプ。
カードバランスは☆5ライダーに多い《Quick:1/Arts:2/Buster:2》のセイバー型。
ときにキュプリオトの剣で斬りかかり、ときにブケファラスで踏み潰しにかかるなど、戦い方も豪快そのもの。

スキルは味方全体の宝具威力を上げる「軍略(A)」、味方全体の攻撃力を3ターンUPさせる「カリスマ(A)」、『Fate/GO』参戦に当たって実装された自身のBuster性能とスター獲得率をWでUPさせる新スキル「雷の征服者(EX)」と、どのスキルも攻撃的。

宝具は「王の軍勢」。詳細は同項目。
強化クエストが実装されスキルも攻撃に特化しているだけのことはあり、その破壊力は壮絶の一言。宝具レベル1でかのサンタオルタを上回ると言えば分かりやすいだろうか。
更にスター発生とバフデバフによる攻撃支援役としても機能しており、ドレイクなど攻撃型が揃う他の星5ライダーと組もうものなら敵陣が見るも無残に潰滅する。
そしてやはり一の臣下である諸葛孔明の英霊を宿したかつてのマスターとも抜群のかみ合わせを誇り、二人が揃うだけでも大抵の相手に負けることはなくなる。

弱点はNPチャージ率の低さと攻撃に偏ったスキル編成による継戦能力の低さ。
HPこそ13,000を超えてくれるものの、回復スキルや防御・攻撃回避スキルを一切持たないので、持久力は少し不足気味。なにより攻撃が豪快過ぎるためにHit数が少なめで、QuickやExAttackを駆使してもNPやスターが中々稼げない。
せっかくの「騎乗(A+)」も、豪快な攻撃ゆえに“他のサーヴァントよりちょっと性能が良い”程度で終わっているのも惜しいところ。攻撃回数の多いExtra Attackを見込んで一手目に持ち込むのもアリだが、やはり生産数は多くない。
要するに良くも悪くも宝具ありき、駆け抜ける一瞬に全てを懸けるサーヴァントなのである。なんとも彼らしい。

しかし、宝具強化クエストを完了することでなんとNPチャージ率が上昇することが判明し、これまでの弱点であったNPチャージ率の低さが大きく改善されることになった。クエストクリア前と後でArts始動のブレイブチェインをすると体感で分かるほどに改善されている。
なお、クエストクリアによるNPチャージ率の上昇は全サーヴァントの中で初めての実装となる。

ライダークラスなのでスター集中率が元から高いことから、スター生産要員や概念礼装でのスター稼ぎの補助があれば立ち回りが楽になる。ベタにNP獲得系の概念礼装を付けるのも良い。
イベント限定礼装「至るべき場所」(初期NP30%獲得&毎ターンスター3つ獲得)は、双方をこなせる上に“イスカンダルとウェイバーが王の軍勢を背に並び立つ”という、ファンアイテムとしてもオイシイ礼装である。

Fate/EXTELLA

アルテラ陣営の1人として参戦。クラスはライダーで宝具は「王の軍勢」。
ギルガメッシュ、ジャンヌと同様、ムーンセルによりアルテラを止めるため召喚されたトップサーヴァントだったが、慣れない電子虚構世界の戦闘に苦戦し惜敗。「敗者は勝者に従うが定め」とアルテラ陣営の傘下に加わるが、その本心はアルテラの在り方に思うところを感じ彼なりに道を示そうとしている。
余談だが、ギリシャ系のド派手な英雄譚が大好きで、欲したものへの金遣いが荒い点がある人物と似通っており、さらに彼の場合、振る袖が無ければ「人目を憚らなきゃ略奪上等という超理論を展開してくる。

関連人物

Zero

ウェイバー・ベルベット
第四次聖杯戦争での自身のマスター。
未熟で青臭く脆弱だが、ライダーの影響を受けて成長を遂げて行く。
後に『Fate/GrandOrder』では、奇しくも“あの日の誓い”を果たすかのように共闘の機会を得る。

セイバー
第四次聖杯戦争での対戦者。
最初はランサーとの戦いを高く評価し家臣にしようと勧誘し、そして彼女の正体を知ってからは彼の誉れ高き騎士王と期待を持って対峙した。
しかし、後の「聖杯問答」での後ろ向きな願望には些か失望を感じており、彼女の王道を己の王道で真っ向から否定した。だが、その後も彼女の実力と、重すぎる望みを進んで背負う人格は認めており、故に尚更セイバーを欲している。
『Grand Order』では迷いを祓い切った彼女の姿を見て喜んでいた。

アーチャー
第四次聖杯戦争での対戦者。セイバーと共に「聖杯問答」で王道を語り合った相手。
互いの王道を理解し合うことはできるが、王の在り方の違いから交われない奇縁を結んだ存在。
聖杯獲得の暁に2人で世界を手中に収めないかと、ライダーから同盟を申し出るほど気に入っていた。
互いに聖杯戦争での最大の好敵手と看做しており、ライダーにとって最後の対戦者となり、アーチャーにとっても第四次聖杯戦争で唯一本気で迎え撃った存在である。
また、敵であっても味方であってもとんでもなく扱い辛いことも見抜いており、『Grand Order』ではこいつを召喚してしまった主人公を気にかけてくれた。

生前

ダレイオス三世
生前における最大の宿敵
互いに実力を認めあうものの、争い合わずにはいられない、闘争本能を掻き立て合う最高の喧嘩相手。

ヘファイスティオン
彼の第一の臣下を名乗る女性。だが、その口ぶりは彼の天敵が信仰する思想を口にしている。
ライダーも彼女の在り方にはかなり思う所があり、気遣うことも多かったが尽く辞退されてしまった。

余談

史実側のアレクサンドロス3世は、ギリシャ神話の大英雄ヘラクレスと、叙事詩『イリアス』に出てくるアキレウス(アキレス腱の元ネタの英雄)の子孫ということになっている。
エジプトも征服したためファラオとして名を残した人物でもある。即位名はメリアムン・セテプエンラー。またペルシャの諸王の王、コリントス同盟の盟主も兼任していた。
ハンニバル、カエサル、ナポレオン、ローマ歴代皇帝などの著名な偉人から大英雄と見なされていた。

ちなみにオトンは男の愛人に殺されています。曾爺さんも同性愛関係でやっぱり死亡。
まあ、征服王の設定には関係ないでしょうがこれ、豆知識な!

尚、奈須きのこの初期構想では第四次のイスカンダルは決まっていたが、クラスは基本以外のエクストラクラスの予定だったとのこと。
史実を見るに彼は指揮官としての側面が強いので、カエサルと同じく「指揮官」クラスのサーヴァントに該当する可能性が高いと推測される。

関連イラスト

最果ての海
征服王


王の軍勢
King



関連タグ

Fate/Zero Fate/EXTELLA サーヴァント ライダー(Fate)
征服 暴君 覇王 はいてない

pixivに投稿された作品 pixivで「ライダー(Fate/Zero)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2785255

コメント