ピクシブ百科事典

玉藻の前(水着)

たまもちゃんさまー

オンラインゲーム『Fate/Grand Order』の期間限定イベントに登場するサーヴァント。
目次[非表示]

はい? 美女かつ水着で何か問題でも?

プロフィール

真名玉藻の前
クラスランサー
性別女性
身長160cm
体重49kg
出典日本神話。三大化生の一角。
地域日本
属性中立・
ILLUSTワダアルコ
CV斎藤千和


概要

Fate/GrandOrder』2016年水着イベント「夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer カルデアサマーメモリー ~癒やしのホワイトビーチ~」に登場する、ランサークラスキャス狐。レアリティはそのまま最高ランクの☆5(SSR)。ランサーなのにキャス狐とはこれ如何に。
なお戦闘画面でのネーミング表記は「タマモちゃんサマー」。

だが、ランサーと言っても代わりのビーチパラソルは槍としての使い方からも大分外れており、宝具に至っては殆ど使っていない……というかまさかの一夫多妻去勢拳再臨。「男性特攻」の一文を見て想像がついたプレイヤーも少なくはないと思うが潔過ぎである……。

人物

夏と言えば浜辺。浜辺と言えばパラソル。パラソルと言えば頼れるあなたの巫女狐。
是、まさに葦原の国の常識なり……ッッ!
太陽はばくはつだ。
濡れたTシャツと浮き輪を武器にランサー・タマモちゃん、南国にサンシャイーーン!

と、いつものハイテンション良妻願望全快なタマモさん。
ただし今回は周囲が浮かれているため、自身はいつものタマモより優雅、かつハイソ。本人はエレガントなマヌカンのつもりでいるらしい。だが、本心ではやっぱり皆と一緒で遊びつくしたいご様子。

「いつものハイテンション」とはいうが、実際はいつも以上にハイテンション。
そのためか、はたまた真夏の太陽に理性を焼かれたか、いつも以上に自重しない
自らを(夏の魔物的な意味で)ビーストと称し、公式からは(獲って食う的な意味で)タマモシャークとあだ名される始末。

ちなみにキャスターではいつかどこかの平行世界で出会う旦那様を想ってかマスターへのアプローチは控えめだったが、こちらでは霊基が変化したからか、はたまたそのハイテンションからかアプローチがかなり激化している。

バレンタインイベントでは、妖怪仲間(?)の舌切り雀のエンマちゃん直伝「超激ヤバ御屠蘇」を利用した『チョコレートドライバー』なるノンアルコール飲料(何も入っていないとは言っていない)をぐだーずに飲ませ、ものの見事に昏倒させている。

そこまでにしておけよ天照。

能力

今回は持てる魔力の全てを肉体強化に使用しており、そのためいつにも増してパワフル。
ただしそのせいで狐の本能的な部分も制御が怪しくなってしまったりしている。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
FGO主人公BCAEAC


保有スキル

騎乗(A)乗り物を乗りこなせる能力。Aランクならば、魔獣・聖獣以外なら乗りこなす事ができる。クラススキルでも無いのになぜ追加されたのかは謎。狐の本能が発露したという事だろうか。
陣地作成(A)キャスタークラスのクラススキル。魔術師として自らに有利な陣地「工房」を作る能力。Aランクともなれば「工房」を上回る「神殿」レベルの陣地が作成可能。過去のトラウマとは何だったのか。夏の浜辺こそ我が狩猟場と言わんばかりの陣地作成能力。いつでもどこでも日陰を作り、エレガントさを演出するビーチパラソルは伊達ではないという事か…
神性(A++)神霊適性を持つかどうか。ランクが高いほど、より物質的な神霊との混血とされる。さりげなくA++に上昇しているが、それは夏の太陽補正で天照としての側面が漏れているからなんだとか。…どうなんだこの良妻になりたいフォックス。
ビーチフラワー(EX)海辺でどれだけ衆目を集められるかを表したスキル。夏のタマモは女としての美しさをアピールするものの、隙あらばLOVEトラップ、という態度ではない。夏・浜辺・ビーチパラソルとくれば、それは優雅さをアピールするチャンス。夏の浜辺で普段以上にチャームしておいて、日常に帰った時にはもうメロメロという作戦である。それはさながら、夏の女神と言った所。「いえいえ、実際ですよワタクシ?」
真夏の呪術(A)強力な魅惑の力。受けた相手は様々なデメリットを受けるが、同時にやる気が起きてしまうのかチャージゲージが増してしまう
女神変生(B)変化スキルの最高位。女神に変生(へんしょう)する。ものすごいバフ祭り。ただし、その後スタン。とある電脳空間ではこのスキルを獲得した聖女がいたらしい。


宝具

常夏日光・日除傘寵愛一神(とこなつにっこう・ひよけがさちょうあいいっしん)

(股間に)深手を負ったか・・・


  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:4~30
  • 最大捕捉:1人
言い逃れは聞きませんわ♪ 浮気移り気デートに遅刻、狐はまるっとお見通し。
いざ受けやがれ 『常夏日光・日除傘寵愛一神』!

「日除け」は「魔除け」とかけたもの。マスターにつく悪い虫を退治する、という願いが込められている。ある世界では「一夫多妻去勢拳」とも。
なお、かつての犠牲者筆頭だったロビンフッドは、クラス相性により今回も絶好のカモとなっている。合掌。

ゲーム上での種類はBuster。効果は【敵単体に超強力な〔男性〕特攻攻撃(オーバーチャージで特攻威力アップ)】
特攻以外に追加効果は無いシンプルなものだが、高ランクのアーチャーバーサーカーは男性率が高いため、活躍の場は多い。
なお、宝具演出ではわざわざ正面立ちの飛び蹴り絵が用意されてる気合の入れっぷり。

玉藻本人は「こんな豪華な宝具、私だけですよねぇ」とご満悦の様子。
が、一年後、驚くべき事態が…

「あれは誰だ? 美女だ!? ローマだ!? もちろん、余だよ☆

ゲーム上での性能

若干耐久に寄っているが、HP/ATKの均衡が良好なバランスタイプ。
《Quick:2/Arts:1/Buster:2》とわかりやすくランサー型のカード配分をしている。
どの攻撃も多段ヒットする上、クラススキル「騎乗」と「陣地作成」の恩恵でQuick・Arts共に高性能なので、Braveチェイン一発で結構なNPを稼いでくれる。
ただそのバトルスタイルには、NEOGEOの傘使いの少年剣士の面影がチラつくような……。
また、善悪属性が「夏」なので善悪特攻に引っかからないという特徴もある。

スキルは、味方全体の攻撃力UPに男性限定でスター発生UPを付与する「ビーチフラワー(EX)」、敵1体に魅力状態(1ターン行動不能)と防御ダウンの代わりにチャージを1つ進めてしまう「真夏の呪術(A)」、自身に1ターン無敵&スター集中UP&CT威力UP&回復量UPの代償にターン終了に1ターンスタン状態が発生する「女神変生(B)」と、スキル面がこれでもかとクセだらけ
特に「真夏の呪術」と「女神変生」は、使いどころを間違えると戦術面にまで悪影響を及ぼしかねないため、使いこなすには慣れが必要となる。
しかしながら、チャージ進行は相手のチャージがMAXなら無意味に終わる上、魅力自体かなり成功率が高いので、チャージスキルを連発する敵でも無いなら気にし過ぎる必要は薄い。
また、特にアーチャークラスはチャージが短い上に「黄金率」等のチャージスキル持ちも多々いるため、相手の2チャージ目にスキルを使用して黄金率→宝具の事故要素を排除する奇策も可能。
また時限式スタンもデバフ扱いなので、味方やマスターからのスキルで解除可能。ただし弱体無効付与で防止する場合には発動前に解除しないと無意味なので、そこだけ留意したい。

宝具は先述の通り。
高レアアーチャーのサーヴァントクラスそのものが男性サーヴァントの巣窟なので、自身の攻撃バフと合わせてこれでもかと特攻が決まる。

弱点はスキルの癖の強さに加え、弱点であるセイバークラスへの対抗策に乏しい点。
セイバークラスそのものが(「そこまでにしておけよ武内」のせいもあって)女性だらけなので、宝具の特攻も折られて為す術なく調伏されてしまうことに。
そこさえ気をつければ、どんな概念礼装でも粗方使いこなしてしまう万能ぶりで、瞬く間に戦場の花として主役級の活躍を見せてくれる。
特に玄奘三蔵とはスキル「三蔵の教え」との噛み合わせがよく、デメリットを予防しつつNPチャージを高速化し、「女神変生」の真価を遺憾なく発揮させ、Buster宝具同士で宝具チェインでも噛み合わせが良好、そして共に単体攻撃宝具なので一点集中で敵をボコボコに出来るなど、タッグを組ませると抜群の相性を見せる。

その他

CCCコラボイベント『深海電脳楽土_SE.RA.PH』では、本編終了後のBBクエストのボスとして登場。最初はいつもの姿なのだが、ブレイクシステムで前半のHPゲージを突破するとこちらに変身。
専用バフとしてチャージを2段階促進する永続効果を使用するため、無敵・回避や宝具封印などで上手く躱さないと非常のキンテキによってマッハで食われてしまう。
幸い「神性スキル」「天属性」があるため、どちらかでも特攻が乗っかるなら大ダメージが通せる。

関連イラスト

玉藻の前
玉藻の前水着


タマモちゃんサマー



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント ランサー(Fate)

キャスター(Fate/EXTRA)/キャス狐

水着 麦わら帽子 浮き輪 ビーチパラソル Tシャツ ビーチサンダル 濡れ透け

pixivに投稿された作品 pixivで「玉藻の前(水着)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9785542

コメント