ピクシブ百科事典

紅閻魔(Fate)

べにえんま

『Fate/GrandOrder』に登場するセイバーのサーヴァント。
目次[非表示]

マスターであれ、英霊であれ、あちきの前で不摂生は許しまちぇんのでそのつもりでいるように
お客様には丁寧に。仕える主人には厳格に。それが紅閻魔流ご奉仕術というものでち

プロフィール

真名舌切り雀の紅閻魔
性別女性
身長130cm
体重??kg
出典日本民話、宇治拾遺物語等
地域日本
属性秩序・善
好きなものお米
嫌いなもの悪人(嘘つきは情状酌量の余地を見る)
Ilust原田たけひと
CV久野美咲


概要

Fate/GrandOrder』に登場するセイバーのサーヴァント。レアリティは☆5。
2019年お正月イベント『雀のお宿の活動日誌〜閻魔亭繁盛記〜』と共に期間限定キャラとして実装された。
正式登場はFGOが初だが、その存在はFate/EXTRAシリーズにてキャス狐から語られていた。

『雀の御宿』で知られる迷ひ家の旅館を経営する『舌切り雀』の女将
「~でち」の語尾を始めとした、「さしすせそ」の発音が「ちゃちちゅちぇちょ」に置き換わった古風な丁寧語で話す。

原典の『舌切り雀』は「作中で」舌を切られたが、彼女の場合それは「人であった前世」の出来事。事情が複雑なので詳細は後述を参照。

人物

性格は能動的で内向的。
外見は愛らしい少女だが、生真面目で思慮深く、それ故何者にも卑下せず真摯に対応する、どこまでも公正でクールな裁判官気質の剣士。
一方で、受けた恩義を宝物のように受け止め、これを大切に思い続ける忠義の雀。

玉藻や清姫のように自分の都合で生きられる性格ではないが、だからといって自由奔放な人々を嫌う事もなく、また反発する事もない。
マスターに対しても面倒見が良く、戦闘指南から健康管理まで何かと世話を焼こうとする。とある側室を彷彿とさせるロリおかんぶり。


世界の裏側のような場所で『迷ひ家』を神霊や幻想種達相手の旅館として経営する傍ら、英霊の座に出張して日本妖怪系女子サーヴァント対象の料理教室も開いており、門下生達から鬼教官として恐れられつつも慕われている。

その料理への情熱は灼熱を越えて八大地獄級
いっぺん食われる身になってみろという獄卒出身の叩き上げ精神から、受講者はまず幻術で精神を(体感一ヶ月分の)密林サバイバル地獄に放り込まれ、料理の基礎以前である「食」への気構えから徹底的に叩き直される。
ここを突破できなければ、彼女から料理の教えを乞うことはできない。
本修業はさらに厳しく八大地獄になぞらえられたコースとなり、あのキャス狐さえ第五地獄で尻尾を撒いて退散したほど。

未再臨では「閻魔大王」と「旅館の女将」のイメージをミックスした装いだが、再臨を進めると武器を刀に持ち替え、「剣士」のイメージを強くした服装になっていく。因みに、バトルキャラを観察すると分かるが、頭の雀は帽子ではなく実際に動いている

真名

閻魔大王を後見人とする地獄獄卒にして、舌切り雀の紅閻魔。「山中にて人を助ける生き物」が民間伝承になったもの。鎌倉初期の物語集、宇治拾遺物語の中でもその原型は語られている。

『Fate』の世界では元は人間であり、然る郭(まち)に売られた禿(かむろ)
郭の凄惨な生活から逃げ出した先で迷ひ家に辿り着くが、欲もなく、ただ幸福と安寧の姿形を教示してくれた屋敷への感謝のみを捧げて果てた清廉さ、その果報をもって雀の鬼に転身し、地獄で沙汰を受けずに逗留することを許される。

最初は奪衣婆の養子にされてこき使われていたが、そのブラックさを知って親権を奪衣婆から取り上げた閻魔の養女となり、長年の働きを経て、幽境で迷ひ家を神々相手の旅館として開くことを任された。
しばらくして現世への外出を許され、その先での禍福が「舌切り雀」として語られることとなった。

英霊としての要素を100%死後に得ているという極めて稀有なケースであり、本来なら召喚されるべき存在ではないが、『子供達の願いを受け止める代表』としてサーヴァントとなった。
在り方としては童話の化身と類似している。

能力

紅閻魔


その所業、閻魔に代わってあちきが裁く!
等活・黒縄・大叫喚! 阿鼻無間の渡し舟、地獄の底まで真っ逆さま!
鬼の強面も震えだす、刹那無影の雀の一刺し――――閻雀抜刀術、冥途の土産に味わっていけ!

一見武勇的な要素は一切見受けられないその風貌や伝承に反し、優良なステータスと(変質を含む)4種のクラスの固有スキルを高水準で併せ持つ、非常に高スペックなサーヴァント

キャス狐をして「地獄の剣鬼」と言わしめる居合の達人。
剣の腕前は包丁捌きの延長で獲得したとのことだが、敏捷ランクが驚異のA++を誇り、あの但馬守テングハサンリーサルバラモンに匹敵する。の化身であるため、その飛翔能力を合わせた身のこなしは、常人の目で捉えられるものではない。
同時に閻魔亭の女将としての矜持からか、敵味方を問わずもてなす特殊スキルを獲得している。

生前に郭での虐待で喉と舌を潰されてしまい、転生後も舌足らずで喋りがおぼつかない。しかし当人の猛烈な努力で舌を使わず会話が可能となるスキルを身につけ、口を噤ませる類いの呪いを無視できる。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香DEA++BBB

※本来の幸運値はCだが、過去の経験から「もっと自分は幸せだ」と考える本人の自己申告によってランクが上がっている。

スキル

対魔力(A)魔術への耐性。ランクAでは魔法陣及び瞬間契約を用いた大魔術すら完全に無効化してしまい、事実上現代の魔術で傷付ける事は不可能なレベル。
単独行動(A)本来はアーチャーのクラススキル。マスター不在・魔力供給なしでも長時間現界していられる能力。マスターを失っても一週間は現界可能。
気配遮断(A)本来はアサシンのクラススキル。自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。
心眼(偽) (A)所謂「第六感」「虫の知らせ」と呼ばれる、天性の才能による危険予知。視覚妨害による補正への耐性も併せ持つ。某剣士とまったく同じ技術、技量である事に因縁を感じるがあえて口には出さず、こんど出会ったらあのインチキ侍は斬り倒す。そんな思いを抱く紅閻魔であった。
星の籠(大) (EX)閻雀裁縫術、奥義の一。酬いの葛籠(つづら)。賢者の衣(ミノ)からサイコロほどの二つの葛籠(つづら)を取り出し、開封する。開封された葛籠は直径1メートルほどの大きな葛籠と、直径30センチほどの小さな葛籠として実体化する。酬いの葛籠は敵パーティに様々なバッドラック……マイナス効果を引き起こすが、同時に敵のHPを少しだけ回復させてあげる。どれほど相手に因縁をふっかけようと贈り物としての本質は見失わない。そんな紅閻魔であった。
星の籠(小) (EX)閻雀裁縫術、奥義の二。お礼の葛籠(つづら)。正直者のお爺さんに贈られた雀の祝福。自パーティに様々なグッドラック効果を引き起こし、またHPまで回復させる。なにそれ怖い。そしてなぜか敵側のHPもわずかに回復する。どれほど自軍に有利な展開を招こうと、それはそれとして贈り物としての体裁を整える。そんな紅閻魔であった。
お宿作成(B)「陣地作成」の変質スキル。「舌切り雀」の逸話から、迷ひ家を利用して旅館を召喚・経営することが可能。一流のサービスと経営で、どんな客でも大抵は満足させられる。
腹話術 (EX)舌を斬られても会話できるように特訓した成果。自己にかけられる『スキル封印』を無効にする。


宝具

十王判決・葛籠の道行(じゅうおうはんけつ・つづらのみちゆき)

いえーい!


  • 種別:対人宝具
  • ランク:A
  • レンジ:1
  • 最大補足:1人
雀改め、灯篭流し――――命は取りまちぇん。でちゅが、その二枚舌は許しまちぇん!
葛篭の道行き、此れにて閉廷! (イエーイ!!)

閻雀裁縫(抜刀)術、奥義の三。
禍を呼ぶ葛籠を召喚し、これを開封。中から現れた雀達の扮する百鬼夜行で敵を混乱させ、葛籠の中に封印する。
その後、葛籠ごと雀のお宿に運ばれた敵は地獄の十王(死者を裁定する十人の王。閻魔大王はこのひとり)の名代たる雀達が集結したお座敷にて、紅閻魔の裁きの一刀を受ける。
『混沌』『悪』属性に特攻を持つ。

ゲームにおける性能

ステータスはHPがギリギリ14000に届かない13000台、ATKは11000台とステータス自体は星5サーヴァントとしてはやや低め。
カード構成はセイバーおなじみの《Quick:1/Arts:2/Buster:2》型。
Aは3hitしクラススキルの「お宿作成」の効果も乗るためNP効率は悪くない。1枚しか無いQはなんと6hitする。「気配遮断」も持つためスター生成力はそれなり。
更に「腹話術」によるスキル封印完全耐性という独自の強みを持つ。

スキルは回避+クリティカルバフの「心眼(偽)」、敵全体に防御力ダウン、クリティカル発生率ダウン、宝具封印を与えるが敵のHPを回復してしまう「星の籠(大)」、味方全体に攻撃力アップ、強化解除耐性アップ、NP付与(10%〜20%)に加えて敵味方全体のHPを回復する「星の籠(小)」。2種の「星の籠」のデメリットである敵HPの回復量は1000とFGOのダメージ量の前では誤差にすらならない。まさしく雀の涙

どちらかといえば味方の支援に寄ったスキル構成で特にキャスター以外では非常に珍しい味方全体にNPを撒けるサーヴァントなのでその時点で貴重と言える。回避スキルを持ち、クリティカルの抑止も出来るので防御面も優秀。


宝具は「十王判決・葛籠の道行」。種属はArtで自身に『混沌』及び『悪』特攻状態を付与した上での超強力な単体攻撃。
単なる特攻宝具ではなくジャックちゃんなど同じ特攻状態の付与なのでその後の攻撃にも特攻が乗るが強化無効デバフで無力化されることがある点には注意したい。

特攻範囲は非常に広く、どちらかに引っかかるサーヴァントは150騎を突破しており、人型特攻サーヴァント特攻に次いで3番目に対象者が多い。

セイバーの仮想敵となるランサークラスでは悪属性は5騎、混沌属性は8騎でその内ダブル特攻が入るのはエレちゃんエリちゃん水着きよひー水着イバラギンの4騎。
バーサーカーやエクストラクラスまで含めると特攻範囲はさらに広くなり、アヴェンジャーに至っては全員がダブル特攻の対象者である。


総括すると2種のサポートスキルを駆使して戦うサポートも出来るアタッカー。タイプとしてはオジマンディアスに近く、あちらから火力を削った代わりにサポート面と防御面を伸ばした形になる。

器用万能なタイプではあるがスキルのCTが全部6~8ターンなので取り回しが悪いのと攻撃に関与するバフが「星の籠(小)」とクラススキルの「お宿作成」しかないため、特攻に引っかからない相手には火力を出しにくいのが欠点と言える。

「単独行動」と「心眼(偽)」という二つのクリティカルバフを持つためクリティカルダメージもそこそこ出せるが「心眼(偽)」のCTの長さに加え、自前でスター集中度を上げられない点が目につく。
よりクリティカル運用に特化したセイバーが複数存在することもあり、クリティカルにはあまり拘らないほうが無難。そういうこともできる、くらいの認識にとどめておくのがいいだろう。

また、雀の涙と先に形容した「星の籠」のデメリットも決して軽んじて良いようなモノではない。
雑魚戦に関してはダメージを与えていない開幕直後に使えば無視できるが、長期戦となるボス戦となるとそうはいかない。
場合によってはこのたった1000の差で生き残られた挙げ句、カウンターで戦線が瓦解して泣きを見る可能性も有り得る以上、過度に意識するほどではないが完全に無視するわけにもいかない。

なお勘違いされがちだが名前に反し『魔性』属性持ちではない。

関連人物

玉藻の前
料理の教え子その1。同時にメル友。彼女を「けんぼちゃん」とも呼ぶとか。
腕自体はもう一流と認めているが、愛情のこめ過ぎで主人を肥えさせてしまうと忠告している。

清姫
料理の教え子その2。同時にメル友その2。
見栄を気にして手順を歪めてしまいがちと叱るが、火加減の上達については評価している。

巴御前
料理の教え子その3。
本人は真面目かつ几帳面なのだが、鬼との混血故の斜め上を行く大雑把には頭を痛めている。

鈴鹿御前
料理の教え子その4。
味や栄養はともかく、見栄えの方は性格的に全く向いていないと評している。

刑部姫
料理の教え子その5。同時にメル友その3。
自身をもってしても、もはや矯正するには一度殺してゼロから生まれ直させるしかないと考えさせるレベルな模様。

宮本武蔵
閻魔亭に一時期逗留したお客様……なのだが、その時に色々やらかしたらしく、目出度く出禁扱いになっている剣豪。
それどころか、残(留思)念な呪詛(?)が温泉に居座る等、完全に厄ネタ扱いされている。

佐々木小次郎
妙に気に食わない神域のエセ侍。「燕を斬る」その為だけに次元屈折の絶技まで至ってしまった事実に変態とドン引きしている。

虞美人
昔から時折閻魔亭を訪れていた人外仲間で、良き友人関係を築いている。
雀の丁稚達から「ぐっちゃん」と親しまれている一方で、彼女も気を許せる数少ない相手として「えんまちゃん」と呼んでいる。

俵藤太
日本有数の武勇と慈悲の心を持った英雄。
"聖杯でさえ彼の米俵には及ばない"と非常に尊敬しており、その矢を閻魔亭に破魔矢として飾りたいと頼んでいる。

ナーサリー・ライム
上記の経緯からシンパシーを抱き、仲良くなりたいと考えている。
一方で、彼女の内に秘めた残虐性については少し怖いらしい。

茨木童子
マイルームでの会話で彼女に対し言及がある。その内容は何気に重い

生前・死後

閻魔亭の雀たち
閻魔亭で丁稚として働く9羽の雀たち。
元は迷ひ家で暮らしており、彼女の悲愴な最期を知るが故に彼女の奉公人として尽くしている。
閻魔亭の全員で冥官十王の名代を承っており、紅閻魔は養父・閻魔王、他の9羽が他の十王に当たり、それぞれが名代の名で呼び合っている。

閻魔大王
十王裁判の第五審を司り、十王の代表格として知られる天部
極楽か地獄かの最終的な判決を下し、人の魂の転生先を定める。
奪衣婆に虐げられていた名もない雀鬼だった彼女を引き取り、自分の名代と迷ひ家を与えた。

奪衣婆
三途の川で死者から衣をはぎ取り、懸衣翁に渡して渡ってきた者の罪科を計る媼。
地獄で雀の鬼となった紅閻魔を養子として引き取るが、「子供なら給料を与えなくていい」というブラックすぎる理論で彼女を丁稚同然に働かせていた。
閻魔大王との夫婦説が存在し、型月ではこれを採用している。
なお代演のシルエットにどこぞの守銭奴女神を充てたことを考えると……

変わり者の翁
『舌切り雀』に登場する正直爺さんその人。
生前、現世への未練から外出を願い出た折、意地悪な媼に「真っ赤な雀」として捕まったところを逃がしてもらう。後に生活の困窮から山で命を絶とうとした彼を閻魔亭に招き、恩返しとして盛大に持て成した。
ところが村に帰った彼は紅閻魔の恩返しを「地蔵様のお慈悲」として村人に語り、持ち帰った葛籠にこもった「願望器」としての機能も、すべて話を聞きに来た村人に分け与えて孤独死を遂げる。
葬列と弔問は、村を越えて盛大に営まれたという。(地蔵は日本の仏教において、閻魔大王の化身とされる。)
紅閻魔が幽境で閻魔亭を営むのは、彼へ「二度目の恩返し」のためでもある。
そのあり方はかつて自らを犠牲に正義の味方を目指した英霊に似た物となっている。

余談

実は清姫刑部姫共々『Fate/EXTRAシリーズ』の時点で玉藻がメル友の一人として名を挙げており、料理上手な事と剣術に優れた配下を持っている事が明かされていた(配下の通り名は"怪異・舌斬り抜刀斎"。ただ、本人の剣術の腕前を見る限り、紅閻魔自身の通り名の可能性も高い)。

声優は「天使のロリボイス」で知られる久野美咲氏。正月早々、彼女の声と人格者ぶりにやられたマスターは数知れず。FGO冬祭り2018-2019のトークステージに出演した赤羽根健治氏は、紅閻魔に久野さんをキャスティングした人は天才、あの語尾をあざとくなく言えるのは久野さんくらい。と語っていた。

『FGO』に実装されているサーヴァントは様々な服装をしているが、セイントグラフ割烹着(のようなもの)を着ているサーヴァントは彼女だけ。
他の例では再臨でエプロンになるタマモキャットぐらいで、後は礼装に稀にエプロン姿が一部のサーヴァントで描かれているくらいである。

また、宝具演出をよく見ると、お座敷にいる雀の数が閻魔王を担当する紅閻魔を除いてもまだ十羽いるという矛盾がある。
本来であれば紅閻魔が十王の五である閻魔王なのだからそれ以外の十王を担当する残りの雀たちは九羽でなければいけないのに、何故か一羽余計に居る
閻魔亭で働き、閻魔王以外の十王の名代を承っている丁稚の雀も九羽だけしかいないはずなのにどう勘定しても(帽子に乗っかっている雀が外れて代わりにお座敷に座っているわけでもない)数が合わない。

関連イラスト

紅閻魔ちゃんと俵さん
紅閻魔祈願


紅閻魔ちゃん
若おかみは紅閻魔



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント セイバー(Fate)
舌切り雀 閻魔 女将 居合 ロリ スパルタ教育 バブみ 恩返し


伊58/でち公……語尾に「でち」をつけることに加え、FGOが周回メインのゲームであることも相まって、少し前に出た騎士共々その関連でよくネタにされる。

虞美人ちゃんその26


両ゲームを兼務するマスターからはその愛称を捻って「でち紅(こう)」と言われる事も。

鬼灯……こちらも閻魔大王がゴッドファーザーな地獄の獄卒。同様に孤児から鬼へ転身し、大王の片腕まで上り詰めた究極の叩き上げ。

関連記事

親記事

セイバー(Fate) せいばー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「紅閻魔(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11801513

コメント