ピクシブ百科事典

懸衣翁

けんえおう

十王の配下であり、三途の川にいる老人。

概要

三途の川の畔にある衣領樹(えりょうじゅ)という木の上、または川辺にいる奪衣婆の隣にいるといわれている。
奪衣婆が亡者から剥ぎ取った衣類を衣領樹の枝にかけ、その枝の垂れ具合で亡者の生前のの重さを計るとされる。
の重い亡者は深瀬の場所を渡るよう定められているため、衣はずぶ濡れになって重くなり、衣をかけた枝が大きく垂れることで罪の深さが示されるのである。
また亡者が服を着ていない際は、懸衣翁は衣の代わりに亡者の生皮を剥ぎ取るという。
川を渡る前に自身の深さを自己証明し,川を渡った後にはこの世の価値観を捨てたことを自己証明していると思われる。

参考文献

懸衣翁(Wikipedia)
三途の川の自己証明(李記)

pixivに投稿された作品 pixivで「懸衣翁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 399

コメント